« 僕もついて行きます…… | トップページ

選ぶ権利の行使&内視鏡検査初体験

いいタイミングだった。

すっかり夏になってしまう前、2カ月に一度定期的に通っていた病院を変えた。6月中旬のことである。Kapparがネットで調べ、ワン友からの情報なども参考にして、内科と癲癇の専門病院それぞれで診察を受けることとなった。これまでの二か所の担当医のすぐ薬を処方する姿勢(瞬く間に7種類を服用する状態になっていた上に、さらに増えていきそうな勢いだった)や診立て、そして何よりインフォームドコンセント意識の低さが気になってならなかった。

できれば “かかりつけ医”と呼ぶにふさわしいお医者さんと長いお付き合いをしたい、と常々思っていたのだが、なかなか巡り合うことができていなかった。その不満が心の奥底にわだかまっていたせいもあるかもしれない。

“よし、選ぶ権利を行使し、とにかく新たな医者に診てもらおう”とKappatと決め、まず第一候補に挙がっていた内科に行ってきた。いい医者だと感じた。病院の雰囲気、スタッフの動き方、話し方等にも、医者の医療や患者に対する姿勢や考え方がきちんと感じられた。

診察を受け、採血をしてもらい、なんと半年間知らんぷりしていた内視鏡検査(世田谷区の検診で“疑いがあるので”と勧告されていた)も受けることにした。2週間後と決まり、すぐに初体験の内視鏡検査へとカウントダウンが始まった。そして、3年前に憩室炎の時に経験済みのKapparに励まされつつ(Kakkyは“へたれ”なのだ!)、三日前に本番終了。ポリープがいくつか見つかり、その分析結果を聞きに行くことになっているが、気分は晴れ晴れ、すっかりいい気分になっている。

Photo

いつも多少は僕の顔色を気にしてくれている佐助も、ほっとしてくれたのだろうか………

さて、次は癲癇専門病院だ~~~。

             Kakky

|

« 僕もついて行きます…… | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/73769651

この記事へのトラックバック一覧です: 選ぶ権利の行使&内視鏡検査初体験:

« 僕もついて行きます…… | トップページ