« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

春を待たずに

父が逝き、そして後を追うように、2月の寒い日、母も旅立っていった。

翌日がホスピスへの転院予定だったのに、急に思い立ったように、さっさと逝ってしまった。

2人とも静かな終末だった。


もう春3月。

沈丁花の香りが風に乗り、白もくれんが咲き、桜のつぼみも膨らんできている。

そろそろ再始動の時期かな。

Photo


by Kappar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »