« 東京、大阪、宴会出席できず、の一日 | トップページ | 久々の失笑…… »

“今”のはかなさと大切さ

“今日を生きる”と文字にすると、日々の努力があってこその人生だとか、逆に今が楽しければいいという刹那的な人生もいいものではないかとか、人によって解釈の仕方が違うかもしれない。

最初にそんなことを考え始め、「“石の上にも三年”と“臨機応変”のどっちがいいの?」とか、「“今”っていつ?“今”思った瞬間?“今”なんて、すぐ過去になるもんね」といった答に窮するような質問を親父に投げつけるようになった中学2年生の頃、隣の庭で野犬が死んでいくのを2~3時間、ハエが集まり始め、最後の鳴き声を上げるまで、窓から見つめ続けていたことがある。ぼんやりと“今”のはかなさと大切さを感じることができた初めての体験だった。

P_20171112_154836

長時間の散歩で痛くなった膝をいたわりつつも、多少の散歩はしなくてはならないと、昨日日曜日は、遠くまで出かけたKappar、佐助と裏の公園で待ち合わせをすることにした。

待っている15分間、公園の休日の夕方には温かく楽しくのどかな“今”の光景の中にいた。

こんな光景がいつまでも続いて欲しいなあ、心から思った。

               Kakky

|

« 東京、大阪、宴会出席できず、の一日 | トップページ | 久々の失笑…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/72207314

この記事へのトラックバック一覧です: “今”のはかなさと大切さ:

« 東京、大阪、宴会出席できず、の一日 | トップページ | 久々の失笑…… »