« 引っ越し日和 | トップページ | いつまでも完成しない? »

通院先の変更いかに?

成城リハビリテーションクリニックにリハビリ通院を始めたのが、11年半前。最初は週3回だったが、半年で週2回になり、週1回になり、隔週になり、月1回になり、リハビリは受けなくなって診察と処方箋のための通院となり、今やそれも隔月になっている。

その間、担当医が変わること6回。スタッフの入れ替えも何度かあった。病院経営の厳しさは、叔父や従弟や友人から耳にしてはいたが、患者の立場から見ているとまた違う難しさを感じざるを得ない。

とは言え、時間、費用、健康という三つの観点から、患者は通院先を選ばなくてはならない。もはや処方箋とたまに行う血液検査のみとなっている通院を、時間と費用の観点から見直すとしても大きな変動があるものでもないのだが、問題があるとすれば、担当医の交代の頻度が高すぎること。データ管理はされているとはいえ、“かかりつけ医”と考えることはできない。

だから、そこそこ真剣に通院先を変更しようと考えている。が!これがなかなか……。

“ついでに買い物したいな”とか、“お茶できる所”とか、“場合によってはおいしい食事も”とか、“お酒が飲める所があればなあ”とか……、余分な条件まで重なるもので……。もちろん、“医者”が最優先なのだが、これも確認しようもないし……。

0914

「まあ、ゆっくり、気の済むように…」て、佐助に言われそうな勢いだ。

昭和少年漂流記は、番外編のタイトル「風に揺れる蛹」も、終了。

タイトル「希子との 7日間」(仮)新連載を開始しています。

なお、タイトルは「天使との二泊三日」に変更しました。

現在、№⑫までをアップ中!No⑬を明日、アップ予定。

お読みになりたい方は、こちらへ!

|

« 引っ越し日和 | トップページ | いつまでも完成しない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/71720279

この記事へのトラックバック一覧です: 通院先の変更いかに?:

« 引っ越し日和 | トップページ | いつまでも完成しない? »