« 始めないことには続かない。でも…… | トップページ | 虫の音、子供の声 »

ナナじいちゃんの夢

2週間前くらいのこと。“これからの暮らし方”について話し合うためにKapparがナナじいちゃんを訪ねた。

ナナじいちゃんはこれまでの人生と、いかに自分が親族や亡き奥さんに支えられてきたかを語り、「どこかに旅をして行き倒れ、誰にも迷惑掛けないまま天国へ。というのが理想だなあ」と言った。Kapparが「じゃあ、お遍路の旅にでも行く?」と言うと、「あ、それいいなあ」と目を輝かせたそうだ。

もちろん、ナナじいちゃん92歳にお遍路の旅は現実的ではない。しかし、Yさんが近くに見つけてくれたペットと同居可のマンションタイプの施設への転居にも目を輝かせたナナじいちゃんに、一度は四国への旅をさせてあげてお遍路の入り口だけでも体験させてあげたい、と我々は考えている(ナナじいちゃん、貯金はあるようなので)。ナナじいちゃんの夢のために。

20170902

昨日のナナじいちゃん弁当。ケアマンションに転居しても、施設の邪魔をしない範囲内で弁当は届ける予定。

メニューは、“山芋、大葉、梅の豚肉巻き”“だし巻き玉子”“塩鯖焼き”“厚揚げのグリル”“カボチャの甘煮”“ひじきの煮物”“マカロニサラダ”“しめじのマリネ”“トマト”“カニの釜飯風”“豆腐、油揚げ、ネギの味噌汁”“梨”。

気力と体力を維持して、さあ四国へ、お遍路へ。

昭和少年漂流記は、番外編のタイトル「風に揺れる蛹」も、終了。

タイトル(仮)「希子との 7日間」の新連載を開始しています。

現在、№⑧までアップ中!明日、⑨をアップ予定です。

お読みになりたい方は、こちらへ!

|

« 始めないことには続かない。でも…… | トップページ | 虫の音、子供の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/71601634

この記事へのトラックバック一覧です: ナナじいちゃんの夢:

« 始めないことには続かない。でも…… | トップページ | 虫の音、子供の声 »