« “慣れないこと”の大切さ | トップページ | 12日、ジョイフル本田で仕入れ。13日、開催 »

嵐を呼ぶ女、Kappar

世は帰省ラッシュに突入。縁のない我が家は、13日の“ワン友4組のエスニックパーティ”が楽しみなだけの週末。昨日は昼過ぎからあちこち拭き掃除をしたKappar。3時頃からは“ナナじいちゃん弁当”の制作に入った。

20170810

昨日の“ナナじいちゃん弁当”。メニューは、“鶏肉と大根のさっぱり酢煮”“鰯の生姜煮”“こんにゃくとしめじの味噌炒め煮”“大葉入りだし巻き”“冷しゃぶサラダ”“ほうれん草の胡麻よごし”“しらすおろし”“ミニトマト”“じゃが芋とかぼちゃのポタージュ”“ご飯”。

ビールで“ナナじいちゃん弁当”のお裾分けを食べた後、Kapparは叔父さんの49日法要に出席するための準備を始めた。小田原で今日の10時前に始まるというので、朝早い出発にならざるを得ない。

佐助の朝の散歩を短めに済ませ、簡単な朝食を取り、出発したのが7時5分。一緒に気持だけバタバタしていた僕も一安心していた。

が!小田急ロマンスカーに乗ると、高い確率で嵐を呼ぶKapparから、9時前、電話が入った。なんと、人身事故で電車が止まったと言う。今日もやっちまったか、嵐を呼ぶ女。しかし、電車を下ろされたのが海老名だったのが不幸中の幸い。相模線に乗り換え茅ヶ崎へ行き、それから小田原というコースに急遽変更し、30分遅れで法要に参加するとになった。

Photo

涼しい日だったことも不幸中の幸い。我関せずと寝ている佐助を避けながら、せめて帰ってきた時のために、台所くらい片付けておこうと動き、ほっと一息ついているのだった。ん?帰りもまさか、嵐を呼んだりしないよな……。

         Kakky(柿本)

昭和少年漂流記は、番外編として連載中だった、タイトル「風に揺れる蛹」も、終了しています。

本日、8月7日(月)より、新連載を開始しています。タイトルは仮題で「マゾヒズムへの階梯」ですが、連載終了までに確定したいと思います。

概ね2日おきにアップする予定です。

ご覧になりたい方は、こちらへ!

|

« “慣れないこと”の大切さ | トップページ | 12日、ジョイフル本田で仕入れ。13日、開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/71391413

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐を呼ぶ女、Kappar:

« “慣れないこと”の大切さ | トップページ | 12日、ジョイフル本田で仕入れ。13日、開催 »