« 己を以て人を量る…… | トップページ | デマとバイアス…② »

デマとバイアス…①

バイアス(偏見、思い込み)は、容易に植えつけられる。というお話。

1.病気になった(?)上司

3年間サラリーマンをしていた頃、嫌な上司がいた。ある朝、同じ思いの同僚と組んで、彼に悪戯を仕掛けることにした。

始業時間ギリギリにやってきた上司に、まず僕が仕掛ける。手元に置いておいた書類から顔を上げ、「おはようございます」と明るい声であいさつ。一旦書類に顔を戻し、すぐまた顔を上げ、行き過ぎようとしている彼に声を掛ける。「○○課長。……どこか具合悪いんですか?」「ん?いいや、別に。なんで?」「いやあ、なんかちょっと顔色が……。いや、気のせいですね。失礼しました」とやり取り。○○課長、苦笑いをしながら席に着く。

その直後、同僚が書類を抱えて課長席に。「おはようございます。朝一番で申し訳ないんですけど、この書類の件なんですが……」「なんだ?まだ始業前だぞ」「あのお、この……」となって、一瞬押し黙る。視線は、課長の顔を見るでもなく見ないでもない状態。「ん?どうした?」「いや。別に……」と口ごもる。「なんだ?!どうした?」「いや。ちょっと課長の顔色が……」「さっき、あいつも言ってたなあ。何か変か?」「いや……」。で、課長、もう一人、近くの席の同僚に声を掛ける。

「俺、顔色悪いか?」。すると、そいつははっきりと言う。「よくないですねえ。どこか悪くないですか?」

その後、朝礼を終えて、課長は病院に診察を受けに行き、「何もないんだけどなあ」と帰って来たものの、午後には「今日は調子が悪い」と早退した。大成功だった。

Photo

「そんなデマ、通用しないよ」by佐助

 

昭和少年漂流記“とっちゃんの宵山”、更新中。次回(NO.13)は10月11日頃(予定) 

 

by Kakky

|

« 己を以て人を量る…… | トップページ | デマとバイアス…② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/67811274

この記事へのトラックバック一覧です: デマとバイアス…①:

« 己を以て人を量る…… | トップページ | デマとバイアス…② »