« デマとバイアス…① | トップページ | IoTの走り? »

デマとバイアス…②

デマによって、バイアス(偏見、思い込み)は容易に植えつけられる。というお話。第2弾。

2.“行列”マーケティング

人が集まる処に人は集まってくるという、人が持つ“物見高い”習性を利用した、昔からよく使われる“評判作り”の手法。

学生の頃、先日難病で亡くなった友人と実験したことがある。京都の四条小橋の真ん中、欄干から高瀬川を二人で覗き込み、顔を見合わせたり川面を指さしたりして数分、何人かの人が一緒に覗き込み始めたのを確認して、その場からそっと立ち去った。10分以上経って戻ってみると、高瀬川を覗き込んでいる人が数名。我々がその場にいた時に見かけた人はいない。

「何なんですか?」と一緒に覗き込みながら、おっちゃんに訊いてみた。すると、「なんか浮いてたらしいんやけどなあ。ワシは見てへんのやけど、死体やないか言うてたで」と言う。ちょっと驚いた。マズイ、と思った。さっさとその場を離れ、喫茶店に逃げ込んだ。

「俺たち、何から逃げたんやろう?」「俺たちが最初だったって、誰もわからへんしなあ」とコールコーヒーを飲みながら笑い、少しぞっとしたりもした。火のない所にだって煙は立てられるものだ、と確認できた日だった。

行列ができていると、その先頭を見たくなる。先頭に到達するまでに情報収集をすることになる。その時耳にした会話は、まことしやかに聞こえてしまう。ひょっとすると、先頭に到達したときには、何もないかもしれないのに。

Photo

今日はお使いで銀行に行った。思った以上に暑かった。帰ってくると、佐助が外に出たがるので、クローバーさんから届いたマットを敷いてあげた。30分で暑がって入ってきた。

Photo_2

散歩に出かけた後、佐助を見送るように、マットがベランダに残っていた。

昭和少年漂流記“とっちゃんの宵山” 更新中。次回(NO.13)は10月11日頃(予定) 

by Kakky

|

« デマとバイアス…① | トップページ | IoTの走り? »

コメント

佐助さまは使ってくださったのですね。
ありがとうございますnote

でもちょっと小さかったかbearing
フリンジ切らなくても大丈夫そう?club

投稿: クローバー | 2016年10月 8日 (土) 08時04分

クローバー殿

この度は立派な敷物をありがとうございます。
早速、使わせていただいております。

フリンジ??
もはや私も6歳を過ぎ、めったやたらにモノを破壊することなどございませんのでご心配は無用でございます(えへんwink)。

これからは穏やかな日差しの時期。
毎日の瞑想用に愛用させていただきますです。

今日、明日はまた雨の予報…
気温の変化も大きい頃。
体調など崩さぬよう、ご自愛くださいませ。

投稿: 佐助 | 2016年10月 8日 (土) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/67840370

この記事へのトラックバック一覧です: デマとバイアス…②:

« デマとバイアス…① | トップページ | IoTの走り? »