« デマとバイアス…② | トップページ | 3年。意味のある期間。 »

IoTの走り?

もう10年以上前になるだろうか?一時期業績が悪化していたコマツ(建設機械での世界シェア第2位)の急激な業績回復が伝えられた。

30年ほど以前には仕事でお付き合いしたこともある会社なので、朗報だなあと喜びつつ、業績回復の理由を調べた。

ポイントは、情報収集の新しいシステムとその分析力がもたらしたものだった。驚いたのは、その情報収集の方法。世界中に納入した建設機器(ブルドーザーやパワーショベル等々)の稼働状況がほぼデイリーでつぶさに把握できる、ということだった。

建設機器に埋め込まれたコンピューターで、使用ガソリン量等々のデータを把握。衛星を通じて送られてくるそのデータを製品サポート資料として活用すると同時に、建築現場の状況把握にも活用。現場が活況を呈しているのか。それとも沈滞しているのかを建設機器の動きから判断できるようにした。そして、その判断を営業戦略に生かし、攻めるも引くも、先手先手でできるようにしていったということだった。

素晴らしいと思った。「やるな!コマツ」と思った。そして今、あれって、IoTの走りだったんだなあ、と思っている次第。

Photo

あまり動かない佐助のデータは意味がなさそう……

Photo_2

10月7日の“ナナじいちゃん弁当”…豚汁もポットで届けられ、少しずつ秋の弁当になってきている。

昭和少年漂流記“とっちゃんの宵山”、更新しました。第13回です。

              by Kakky

|

« デマとバイアス…② | トップページ | 3年。意味のある期間。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/67906459

この記事へのトラックバック一覧です: IoTの走り?:

« デマとバイアス…② | トップページ | 3年。意味のある期間。 »