« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

ここがいい~~!

豪邸の映像を見るたびに思う。掃除は?カーテンは?スリッパは?使わない部屋は物置になっていくのかな?声が大きくなるだろうなあ……。

妬み嫉みではない。ひがみでもない。無用の長物にしか見えないのだ。“住みたい”と“住んでみたい”にはかなり大きな違いがあるような気がする。

5億円の豪邸を建てるくらいなら、その大半を長期滞在型の旅行に費やす方がよほどいいように思える。友人たちも連れて行ってあげて、現地でゆったり過ごす……掃除の心配もいらないし……。住むだけなら起きて半畳寝て一畳プラスα(バスやキッチン含む)でいいや。

Photo

佐助は、日当たりがよくて安全な場所なら、畳もいらないそうです。

              by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三寒四温?……冬の気象現象ではあるが……

子供の頃の夏休み、親戚で従弟と遊んだ昼下がり、「まあ泥だらけじゃない。ちょっときれいにしてらっしゃい」と追い立てられるように行かされたお風呂。夏の午後早い時間だというのに、ドアを開けて入るともう、ひんやりと心地よかった。そのひんやり感の原因を、その頃は、薪を焚いて沸かす、床がコンクリートの我が家のお風呂と違って、その親戚のお風呂が、プロパンガスで沸かす、総タイル張りのお風呂だからだろう、と思っていた。が、やがて、それだけが原因ではないと知った。お風呂に水が張ってあったからだとわかったのだ。要するに、水の吸熱効果が大きく影響していたのだ。

最近の、とある研究機関の調査によると、ここ20年、深海の水温が急激に上昇しているとか。大量の海水の吸熱力をもってしても、表面当たりだけでは追いつかず、深海まで活用しないと間に合わないくらい地球の温暖化が進行している証らしい。えらいこっちゃ。

春の日差しから一転、今朝はなんと雪。気候が明らかに狂ってきている。三寒四温か?にしても、温度差激しすぎないか?風引いちゃうよ~~。

Kimg1638_03_edited

数日前は、屋内でも佐助がモノクロに見えるほど強い日差しだったというのに……

               by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞配達仲間だった初鹿野良君のこと…②

「60歳のころかなあ、難病になったんよ」。操ちゃんの言葉に絶句した。

初鹿野君は、高校1年の時、大阪府で背泳100m3位になったスポーツマン。病気とは無縁の明るい男だった。

「難病?」「うん。筋肉が次第に動かなくなっていくんよ。それでね、今はほとんど寝たきり」「ALS?」「それとは違うみたいなんやけど、まあそんなもん。難しい名前で覚えられへんわ」。操ちゃんは電話の向こうで明るく笑ったが、発病して6年になる。現在はどうなのか?「それで……」「今の様子やろ?ご飯はあんまり自分で食べられへんなあ。調子のええ時もあるんやけど、まあ大体あかんなあ。喋るのも時々かなあ。こっちの言うことはわかるんやで」。あくまでも明るいが……。「それで……」「余命やろ?“半年くらいかなあ”て先生言うてはるわ」「そうなんだあ……。会いに行っていいのかなあ」「来て、来て」「春に行こうかなあ」「いつでもええから早う来て。お酒飲もう!」「良ちゃんはどうなのかなあ」「喜ぶ思うよ。でも気になるんやったら聞いとくわ、元気な時に。……わあ、楽しみやわあ」。

操ちゃんの明るさのお陰で、その後は冗談のやり取りで電話は終わったが、切った後の僕の心は重かった。

でも、いずれにしろ、会いに行ってこなくてはならない。毎年春の“墓参帰省”とセットにした旅にしよう。……と、今は具体的なスケジュールを組み始めている。

4月の帰省は、いつもより移動距離の長い旅になるだろう。

Kimg1125

電話が終わった時、佐助はこんな顔で僕の方を見ていた(写真は過去のものだが…)。話を聞いていたのかなあ………

               by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多分6歳になったオイラ

昨日はオイラの「たんじょうび(仮)」というものだったそうだ。

まあ、オイラだっていつ生まれたかなんて覚えていないし、ましてや人間のトーチャン、カーチャンにわかるはずもない。

トーチャンが10月、カーチャンが12月でどっちも22日生まれなので、オイラは2月にしよう、ということになったらしい。

ともかく「おいわい」とやらで、いつもの馬肉倍増+カツオものってて、うはうはなディナーであった。

Img_20160222_185506_474x640

今日も「おいわい」かな、と思っていたら、もう平常営業だった。うーん、仕方がないので、自分で「おいわい」というものを探さないといけないみたいだ。

そう思って枯葉の中をクンクンしていたら、ラブリーな鶏の骨を発見!

カーチャンに見つかる前に食べなくちゃ、と咥えたら、あっという間に取り上げられた‥

くやしいので、へそ天して、思いっきりダダコネをしてあげた。

Img_20160219_170652_474x640

by 佐助

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和的日曜日

本日2回目の日本料理教室でありました。

メニューは、湯葉となめ茸のおろし酢かけ(小鉢)、筍と春野菜(たらの芽、ふきのとう、しいたけ)の天ぷら、金目鯛のかぶら蒸し、豆腐となめこの赤出汁、あさりご飯。とまあ、料亭のようなお品書き。

 

このたびのアタクシにとっての「なるほど!ポイント」は、

・ゆでた生たけのこは、どこまで皮をむくか&下ごしらえ

・ふきのとうのゴージャスな揚げ方

・金目鯛のおろし方

・赤出汁のだしの取り方

でありました。料理本やネットのレシピではわからない&わかりにくいことが、すっきりと理解できましたの。料理教室の醍醐味です。

もちろん、調理だけでなく、素材の特性やそれぞれの料理に使える他の素材のこと、盛り付け方などもレクチャーしていただけるので、充実度120%の2時間半でした。

Img_20160221_124055_800x592

もちろんお味は“料亭”のごとく。って言っても料亭にいったことはござんせんが(笑)

きっとこの成果が拙宅の夕食となって表れるのでありましょう(いつの日か‥)

by Kappar

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新聞配達仲間だった初鹿野良君のこと…①

19歳。二浪目の春。自活しようと仕送りを断り、ふと飛び込んだ京都新聞の北山橋東詰めの販売所にほとんど同時にやってきた同い年。販売所のおじさんが、“ハツシカ、ノラ君?”と名前を読み間違え、“ハツカノ、リョウです”と訂正した後、近くで笑っていた僕に、「わしゃ、人形の家かい!?」と言ったのが最初の出会いだった。

仲良しになった。たくさん話した。一緒にいろんな所にも行った。暮れから正月にかけて彼の千里丘駅近くの家でお世話になったこともあった。19~21歳の3年間、最も濃密な付き合いをした、大好きな男だった。

大学卒業後両親の故郷鳥取に帰り、鳥取県庁の真向かいに、お兄さんと共同で喫茶店を開いた、と風の便りで聞いていた。

昨年晩秋、自宅住所を発見したので、昨年春刊行した“親父への旅”を送った。子供の頃のこともお互いよく話していたので、懐かしがってくれるだろうと思っていた。近いうちに訪ねて行こうと思っていたので、敢えて住所も電話番号も知らせてはいなかった。

数日後、出版社から「大学時代のお友達が連絡先を教えてほしいということですが、お教えしていいでしょうか?」との電話があった。初鹿野君だと思った。「いいですよ。是非!」と答えた。

10分後、携帯が鳴った。懐かしい大阪弁が聞けるものと、急いで電話に出た。

「あ、洋ちゃ~~ん。わ~~、懐かしい~~~」

奥さんだった。彼らが付き合い始めた頃からよく知っている操ちゃん。相変わらず溌剌として明るい声だった。

しかし、「リョウちゃんは?元気~~?」と聞くと、「うちのリョウちゃん、ずっと入院してるの~~?」とのこと。声は明るいのだが、内容は厳しいものだった。…………つづく      

Photo

今日、Kapparは2回目の料理教室へ。昨晩は、前回(一か月以上前?)行った時に習ったことを実践してくれた。食べなれたメニューがさらにおいしくなる技を使ったらしい。おいしかった。

Photo_2

「僕はいただけないんでしょうか?」と待ち受けていた佐助だが、もらえなかった。あげる余裕がなかった。完食した。

            by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表情はオリジナル

高校生の時、表情を誤解される同級生がいた。僕も最初はわからなかった。

彼は、悲しいことに、真面目な気持ちになるとニヤツいた表情になり、楽しそうに笑うと困った表情になった。表情から彼の気持ちを勝手に誤って解釈し、激怒した教師に殴られるのを二回見たように記憶している。その後教師に説明したが、僕が叱られただけだった。

彼は飛行機に関わる仕事に就きたい、と言っていた。そして僕の記憶では、大阪市立大学の航空機関係の学科に進んだ。

しかし、その後何があったのか、約25年前、お袋の葬式の後の火葬場からタクシーに乗った時、ミラー越しに見た運転手の顔が彼だった。昨年の同窓会の時、消息を知っていそうな同級生に彼のことを尋ねたが、確かなことはわからなかった。ただ一つ確かなことは、もう数年前に亡くなっているということだった。表情に対する誤解が彼の人生を狂わせたのでなければいいが。そう思わずにはいられなかった。

Photo

表情が少なく、言葉を持たないワンちゃんたち。誤解のために殺されたりしていることも多いようだ。

例えば、上の佐助。人によっては喜んでいるように見えるだろうが、目いっぱい怖がっている時の顔。雷におびえ、Kapparにしがみつき、ガタガタと震えている。

Photo_2

帰ってきた時に、玄関先に迎えに出てきた時の佐助。歓迎というよりも“そう、帰って来たの”くらいの超然というか、飄然と言うべきか、そんな表情だと最初は思った。

気持まで正確に読み取るのはなかなか難しいもんです。

               by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心地いい場所は、自分で見つける!

ペット用品に失敗購買は付き物。

Photo

今は亡きチビ(猫)は食べ物に猫一倍うるさく、お好みのフードに辿り着きほっとしたかと思うと、2~3度喜んで食べるともう、“猫またぎ”対応。意地でもお召し上がりにならなかった。

キャットタワーは無駄に終わり、専用ベッドも一度もお休みいただくことができなかった。

 幸いなことに、食欲が犬の形になっているような佐助に食べ物の苦労はないが、あまりにも丈夫で吸収力の強い消化器のために、容易に太ってしまう危険性を持っている。そのため、若い時からダイエット食だ。

また、ベッドを新しくしようとしたが、古くてちょっとへなったものが相変わらずのお気に入りだ。心地いい場所はおいらが見つける、という主義らしい。

20151127_165152

日当たりがいいと、ドライルームと化している二階の和室の畳の上。

*写真は先日の昼、慌てて起きて、佐助ドリル(首の高速回転)開始直前。

Photo_2

日差しが弱いと、寝室のベッドの上。

*写真は今日の昼、まったりと動く気のない様。

与えられるものより、見つけるもの方が満足度が高いのは当然だと思うが、買う時には注意が必要だ。無駄になるかもしれない。……人間も一緒かぁ……

                   by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲んだ!寝た!買った!……そして……

日曜日、ワン友のT夫婦と我が家でブランチ(飲み会?)。今ちょっと話題のキヌア料理とマグロのカマの塩焼きとビールがお土産。*写真撮り忘れる…

Photo

Kapparが用意したのは、アクアパッツァと骨付きラムとサラダ。

ブランチとはいえ、本題は今月末の犬連れ旅行の打ち合わせ(飲むための理由…)。行先は、千葉館山の“しぶごえ”という犬と泊まれる宿。予約はしてあるので、オプション料理の変更をするかしないか、ルートはどうするか、ランチは?どこに立ち寄るか、といったことを話し合い、飲んだ。

いつも愛飲している黒霧島に、今回は白霧島も用意。本当は赤霧島も用意して“霧島三兄弟飲み比べ”といきたかったのだ、赤霧島は入手できなかった。で、二兄弟を飲んだ。

5時過ぎ、散歩に出かけた3頭と3人を見送ると、寝た!起きたら7時だった。少し、飲んだ。ラーメン食べた。そして、寝た。

そして、昨日、ネットがつながらない、僕のパソコンが妙に唸る、といった現象発生。中古で15、000円、2年半使用。寿命が来たとしても不思議ではない。

で、今日、思い切って、買った!Mouse Computerの15.6型ノートPC、m-BOOK。39、744円。楽天ポイント16,000円+僕のへそくり20,000円で、実質3,744円。officeはインストールされていないので、到着したら、いい手はないか考えようと思っている次第。へそくりやり直しだが、やむをえない。

_edited

誰か来たぞ、誰かな、とT夫婦とアラン、マメの2頭が現れる5分前から気配を感じていたらしい佐助。この後、門扉の開く音に大興奮。そのせいか、昨日はへたっていた。吐いたし……。でも、今やすっかり元通り。四日前の夜の、“こっそり食べ放題祭り”で増えた体重も、元通り。なんだか平和な火曜日だ。

                   by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしいぞ!……でも、今日はこれから楽しいぞ!

変だ。2月だぞ、まだ。

Photo

近所の庭先には、もう春の香り……。明後日からはグンと冷え込むというのに……。浮かれさせておいて、一気に冷水を浴びせようというのか……。ブラック企業のパワハラ上司でもあるまいに……。

Img_20160214_112933_576x1024

油断するなよ、佐助。まだ春眠を貪る時季ではな~~~い。

これからお客さんが来るし、アラン、豆の2頭も一緒だし、お酒飲むし……。夕方まで賑やかになるぞ~~~。

                    by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いの外の携帯費用の削減

昨日、Y!モバイルに乗り換えてきた。mnpの予約番号のメモを忘れたり、住民票を慌てて取りに行ったりで、少しバタバタしたが、結果は予想以上の満足!

データ通信1G+通話、というプラン(月額3980円)なのだが、他社(ソフトバンクは除く)からの乗り換えだと、2年間は1000円引き。おまけに1万円のキャッシュバック化、1年間毎月1030円引き。そして、一歩先にY!モバイルにしていたKapparの家族割引で、基本料毎月500円引き&事務手数料3000円免除。

というわけで、1年目は月額1450円、2年目は2480円、3年目以降が2480円ということに。通話に関しては、10分以内であれば、1か月100回まで無料なので、まずこの金額を超えることはない。しかも、乗り換えサービスということで、データ通信も1Gプレゼントされ、毎月2Gまでとなった。家にいる時などは、wifi接続で利用するので、これも十分。

Photo

中国製とはいえ、14500円のHuawei Ascend G620s機能は、僕の使い方には十分だともわかった。2年使う頃には、simフリーの格安スマホも増えるだろうし、各社の料金体系も安くなっていることだろう。その時点でまた、乗り換えだ~~~。

Photo_2

留守番していた佐助は、帰ってくると「暇つぶしは、これに限るぜい」と蹄をガシガシ齧って、散歩待ちアピールをしていた。

              by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホ、突然ご臨終~~!

月に一度の診察とリハビリの日。今日を持ってリハビリ中止と決めていた。診察の際、そのことについて医者と話し合い、先月行った血液検査と尿検査の結果を確認。さて帰ろうと、スマホを手にした時、プンと画面が暗転した。スイッチは利かない。

2ヶ月くらい前から、時々駄々をこねるかのように、勝手にスイッチのON/OFFが繰り返されるという症状を示していたが、まさかポックリと出先でご臨終を迎えるとは……。

ソフトバンクからmnpでmineo(マイネオ)に換えて1年4か月。端末(DIGNO…京セラ)の割賦払いも後8か月、それが終わると月2500円くらいで利用できる手はずだったのに……。残念!

いつかこんな日が来るだろうと、アンケートサイト等で貯めていたAmazonポイント9000円分を、次に買うならこれだ、と目を付けていた格安スマホ(Huawei Ascend G620S…中国製)14500円の購入に投入。SIMフリーなので、明日到着したら、Y!モバイルにすることに急遽決定。

Photo

ちょっとバタバタした午後だったのだが、「この子、死んじゃったんだよ」と佐助に見せて「それ、食べ物っすか~~?」とキラリ目をされると、“ま、いいか~~”と思えてくるから不思議だ。

                  by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体重変わっても、ライフスタイルは変わらない!?

昨晩、“食べ放題祭り”を堪能した佐助。

_edited

今朝の散歩では、大量のう●ちを期待していたKaparを見事に裏切り、体重は変わらず500g増のまま。だが、すっかり吸収し切った身軽さからか、本犬は帰って来るやいなや“おもちゃ投げてよ~~”“ほらほら、あんたも~~”と元気いっぱいに朝のルーティーン。

「お腹が効率よくできているのかなあ」「お腹がケチ体質なのかもね~~」などという憶測など知らんぷりで、キッチンで物音がすると「きっと、それ、僕のごはんでしょ?」と目を輝かせる始末。

Photo_2

朝ごはんの後の、ヨーグルト容器も、もうしっかりと抱え込んでいた。嗚呼、500gの減量のやり直し、大変だ~~。

                     by Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃっかり満腹。グダグダの一日

犬には満腹中枢がない。胃は、犬にとっては貯蔵庫でもある。狩りをしてお腹に一杯獲物の肉を溜め込んで、待っていたメスや子犬に吐き出して与えるためには、満腹を感じていてはいけない。目の前にあるだけ食べる、というのは、だから、食欲がなせる業ではなく、“貯蔵本望”(?)のなせる業なのだ……とはわかっているつもりだが……

夕べ、晩御飯の後、いつものように地下へ降りて行った佐助。おしっこシートに“食後の一絞り”でもしてきたのかと思っていた。

が、寝ようとした直前、Kapparが飛び起きた。何事かと思ったら、「届いた佐助のフード。袋の口を開けたまま地下に置いてきちゃった。さっきの佐助、フードを食べてるかも~~」とのこと。しかし、開けたばかりの袋。食べたのかそうではないのか、食べたとしたらどの程度なのか、確認のしようがない。「明日のう●この量で判断するしかないねえ」とベッドに入った。すると、いち早く自分のベッドに入っていた佐助の高イビキが聞こえてくるではないか。「どうも、たらふく食っちまったみたいだねえ」と、寝てしまった。

Photo

「食べたの、どんだけ~~~?」「あ、いや、あの~~」

Photo_2

「いっぱい食べたんでしょ?」「そ、そうでも……」

翌朝(今朝)、散歩に行ったKapparと佐助が、20分足らずで帰ってきた。

「どうしたの?」「こいつ、お腹がいっぱいで歩くのもかったるいみたい。公園に行ったら、リビング状態になって動かないから帰ってきちゃった」「体重、量ってみようか」というわけで体重をチェックすると、なんと!500g増!!ダイエット中だというのに……。

Photo_3

「今日、何か異変ありました?」

というわけで、今日は朝からグダグダ。二階の和室の陽だまりから動かなかった。やっと午後2時過ぎに降りてきたかと思うと、ちょっとだけ「なにか悪いことでもしたのかしら」と思ってでもいるのか、Kapparに甘えてみたりしていた。

さ、夕方の散歩で食べ過ぎた分をヒリダシてきてくれ~~~。

          by Kakky

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章“とっちゃんの宵山”完成!!!この一週間、気合が入り集中して書いてしまった……。この勢いで、新しい連載も開始しちゃおうかなあ?いや、第三章~第五章の完成を先にすべきかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新携帯料金、まだ高くない??

生活必需品ではないものにこんなにお金を使っていいものだろうか????と、ずっと思っていた携帯料金。主要キャリア3社から出そろった新料金体系を見たが、まだまだ高い気がしてならない。価格もサービス内容も、“カルテル?”と疑いたくなるほど似たり寄ったり。何かおかしい。

MVNOを利用したところで大手キャリア3社にお金が落ちるのは、電波の利用料と考えればやむをえないが、それにしたところで、“あこぎだなあ”と思う。

が、それでも、我が家の場合、MVNO(mineo)とYモバイル利用で、二人合わせて月額7000円にまで軽減することができた。

Photo

もう少しなんとかならないかと、まだ首を捻ってはいるが……。

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章“とっちゃんの宵山”完成!!…1月最終週、気合を入れて書き上げた…。この勢いで、新しい連載も開始しちゃおうかなあ?いや、第三章~第五章の完成を先にすべきかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、次何書こう~~~?

初めての“持続する努力”というやつかもしれない。毎日きちんとパソコンに向かい一つのことに取り組むなどということが、かつての僕の人生にあっただろうか。いつも一つのことを頭の中に置いておき、ことあるごとに取り出しては眺め考えるなどという暮らしをしたことがあっただろうか。

わずか一週間余りとはいえ、そんな暮らしをしてみると、なんだか新鮮で、こんな暮らしを続けてみようかな、と思う。もちろん、僕のことだ、いつ“面倒くさいなあ”と止めてしまってもおかしくない。でも、まなじりを決して“続けなくちゃ”と意気込むのはかえってマイナス。止めた時は、“休憩中!”と思うことにしよう。続く続かないは、結果論だもの。

Photo

何もなさそうに見える部屋の中でも、時々“おやつ探し”の体勢になる佐助。かつてあったいいことを、忘れない力、追い求め続ける力の表れか。

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章“とっちゃんの宵山”完成!!!この一週間、気合が入り集中して書いてしまった……。この勢いで、新しい連載も開始しちゃおうかなあ?いや、“パワーストーン”のリライトにしようかな~~~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃって大切だけど……

4~5000円を覚悟していた眼鏡の修理費。それが無料だったとあって、4~5000円の不労所得を得た気分だった昨日、いい思いをしたのは、ただベッドで寝ていただけの佐助だった。

3時間の留守番のご褒美に、おもちゃをもらった。いつものように、もらった直後はさほど興味を見せなかったが、今朝散歩から帰ってくると、「見つけたぞ~~、おもちゃ~~」「さ、さあ、投げて、投げて~~~」とひとしきり大騒ぎ。

Img_0010_768x1024_edited

“与えられるより見つける方がうれしいのかねえ”と思いつつ、遊び疲れた姿を写真に撮っていて気が付いた。そうに決まってる!だって僕だってそうだから。

与えられたおもちゃより見つけたおもちゃ。与えられるルーティーンより自分で考えるルーティーン。

何かしなくちゃ、と気張らず、おもちゃを見つける感覚で、より楽しめることってなんだろう?って考えればいいんだ。ていうか、考えなくても、とりあえずやってみればいいんだ。と、思った次第、でした。

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章“とっちゃんの宵山”完成!!!この一週間、気合が入り集中して書いてしまった……。この勢いで、新しい連載も開始しちゃおうかなあ?いや、第三章~第五章の完成を先にすべきかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺、眼鏡市場、アトレ……

リハビリ病院を退院してすぐ、Kapparが買い物に連れて行ってくれた。その時買ってもらったのが、眼鏡2本、バッグ、シューズ。眼鏡は普段用とパソコン用だったが、普段用は失くしてしまい、パソコン用もフレームからレンズが外れてしまっていた。そして、日中ほとんどパソコンに向かっていた10日間、ずっと困っていたのが、パソコン用眼鏡がないこと。

そこで、僕は“とっちゃんの宵山”を完成し、Kaparも少し時間がある今日、眼鏡の修理に出かけた。向かったのは、吉祥寺。目指すは、眼鏡市場。他にも2本、レンズが外れた眼鏡があるので、一気に全部直してしまおう、と思った。

着いて早速相談した。2本は簡単、1本は合う部品さえあれば、ということだった。1本はその場で諦め、簡単だという2本をお願いした。

10分後、直って、きれいになって、手元に返ってきた。

「おいくらですか?」と聴くと、「いえ、修理は代金をいただいていません」との答え。「え!?いいんですか?」「いいんですよ。壊れた時は、お気軽にお持ちください」「じゃあ、買う時は、こちらに来ます。ありがとう」と店を出た。

思い返すと、以前Kapparの眼鏡のネジが取れた時も無料だった。他店で購入したものであっても修理は無料、というのは、実に素敵な顧客開発法であり信頼醸成法だと思う(確か、以前ブログに書いた)。アメリカの百貨店が、どこで買ったものであっても返品を受け付ける、というサービスを始めて、売り上げを伸ばした例もある(随分以前のことだが……)。サービスは購買時点のものとは限らない、といういい例を今日また体験できた。

Kimg1652_576x1024_edited

気分がよかった上に“ちょっと得した”ので、アトレで少し買い物をして帰ってきた。

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章“とっちゃんの宵山”完成!!!この一週間、気合が入り集中して書いてしまった……。この勢いで、新しい連載も開始しちゃおうかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »