« そして、平常営業に‥‥ | トップページ | 蓋然的思考 »

10年を単位に生きる!?

50代まで意識していなかった。意識するようになったのは脳出血を発症し、リハビリ病院入院中のことだった。ある朝、自分の過去を10年単位で思い起こしていることに気付いたのだ。20代、30代、40代、50代が、それぞれ僕にとって持っていた意味があるような気もした。それは、30代の頃、よく人に語っていたことと符合するようでもあった。

“20代は学ぶ時代”“30代は実践の時代”“40代はスタイル構築の時代”“50代は求める人に伝授する時代”。と、語っていた、その内容に近い暮らしをしてきたんだなあ、と思った。と同時に、60~70代に関してはほとんど何もイメージしていなかったことに気付かされた。57歳の誕生日を迎えて間もなくの頃のことだった。

Img_2095

“これから”への不安は大きくはなかった。なんとなく生きていけるだろうという楽観と、Kapparの力強い支えのお陰だった。

しかし、退院後の“暮らしのリハビリ”と“心のリハビリ”は容易ではなかった。なんとなくスタンスが決まるまで約3年を要した。60歳になっていた。

“おや?また区切りよく10年の区切りがやってきたなあ”と思いつつ、“これからの10年”を考えた。結果を考えず、この道と決めて歩む‥‥。“できること”と“したいこと”の間を右往左往しながら‥‥。まるで佐助の散歩のように‥‥。辺りの匂いや景色を楽しみながら‥‥。

Img_2118

で、ある日突然“昭和少年漂流記”というタイトルが浮かんだ。今までちまちまと書いていたことは、すべてこのタイトルの元に結集できるのではないかと思った。

それから5年。まだまだ手直しが必要とはいえ、第五章まで書き進んだ。後5年。手直し、書き足し等々に費やしたいと思う。時々、今回のように出版に漕ぎ着けながら‥‥。そしてまた、次の10年を考えよう。

昭和少年漂流記 第五章“パワーストーン”終了)

*“昭和少年漂流記”に関して

*第二章~第五章は、引き続き加筆修正作業を進行中。第一章は既に加筆修正を終了し、来年3月中旬頃の出版を目指して準備中です。

新しい連載も開始するつもりです。今しばらく、お待ちください。

|

« そして、平常営業に‥‥ | トップページ | 蓋然的思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/58506274

この記事へのトラックバック一覧です: 10年を単位に生きる!?:

« そして、平常営業に‥‥ | トップページ | 蓋然的思考 »