« 仕事に対する姿勢というもの | トップページ | あと2本!? »

手に職

楽しそうだから、と選んだVANに入社して間もなく、手に職のないことを痛感した。しかも今更間に合わない。これから身に付けるべきは人という財産かもしれない、と考えた。

とにかく色んな人に会おう、会いたくなってもらえるような人でいたい、と思った。不思議なことにそう思うと、人と会う機会が増え、勢い飲む機会も増えた。小遣いが足りないので、家庭教師も始めた。

それから倒産までの3年、1000枚以上の名刺交換をした。倒産後に仕事の機会をくれた何人かの人の内3人は、その中の人だ。

でも結局、手に職のある人はいいなあ、という思いは抱き続けたままだった。今でもそう思う。左手は動かないけどね。

2

玄関でお迎え。早速“甘え目。

1

テラスに出たもののすぐ飽きて、おねだり。

そんな佐助談:僕は、見つめる、という技を持ってます。甘え上手、おねだり上手というのは、職にはならないんでしょうか……って、違うと思うけどなあ

昭和少年漂流記 第五章“パワーストーン”:本日更新済み。次回は、10月28日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

|

« 仕事に対する姿勢というもの | トップページ | あと2本!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/57774712

この記事へのトラックバック一覧です: 手に職:

« 仕事に対する姿勢というもの | トップページ | あと2本!? »