« 油断大敵!!! | トップページ | 足こぎ車椅子 »

見ない。話さない。触わらない。

カリスマ・ドッグトレーナーのシーザー・ミランが、問題犬を抱える相談者に教える犬との付き合い方のコツである。“見ない。話さない。触れない。”ことによって犬を尊重し、自らは“毅然とした穏やかさ”を保つことで信頼に足る存在であることを示す……。

とてもシンプルなことではあるのだが、飼い主の価値観や常識の改善を求められることでもあり、ほとんどの場合、犬をトレーニングすると言うよりも、飼い主をトレーニングすることになるようだ。

支配やコントロールが目的の人は、その意思が目や態度に出てくる。言葉遣いにも表れる。犬は言葉は理解できないので、語勢に反応する。そして、不安や怯えが唸り声や吠え声や姿勢に出てくる。それを怖がると、今度はナメテくる。……そして、問題犬という烙印を押されることになり、処分されてしまうこともある。元々弱い立場の犬がどうなっていくか、すべては人の側の問題だと言ってもいいのである。

Photo
Photo_2
Photo_3

大好きな瑠奈ちゃんと楽しく遊ぶ佐助。喧嘩をしていると誤解する人もいる。見方をどこに置くか、どんな価値観や常識を基準にするか、で、物事の姿は大いに異なって見えるものだ。

Photo_4

お互い去勢している同士の瑠奈ちゃんと佐助のこんな姿を見て、瑠奈ちゃんの飼い主のご主人は「日活ロマンポルノだ~~」と言ったのだった。*ちなみに彼は、カナダ人。お詳しいですよね~~~、日本文化に。

Photo_5
遊び終わって休憩中の二匹。こんな距離感、風情、見習いたいくらいだ。
“Love Will Keep Us Together”by Captain&Tennile

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログです。

http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記 (第三章“石ころと流れ星”短期集中再掲載!明日更新!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

|

« 油断大敵!!! | トップページ | 足こぎ車椅子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/49381866

この記事へのトラックバック一覧です: 見ない。話さない。触わらない。:

« 油断大敵!!! | トップページ | 足こぎ車椅子 »