« 百里の道も一歩から、とは言うけれど……。 | トップページ | 大阪人から見た東京人(例) »

君は、昔の君ならず!?

“人は変わることができる”と言う人がいる。“男子三日会わずんば、括目して見よ”という言葉がある。しかし一方で、“三つ子の魂百まで”とも言われる。

高校を卒業した時、初めて親父と二人で喫茶店に入り、こんな質問をした。「ずっと僕を育ててきて、正直な感想として、“持って生まれてきたもの”と“後天的に得たもの”の比率はどれくらいだと感じてる?」。少し考えるかと思いきや、親父は即答した。「7対3かな?多めにみて」。「多めって、どっちが?」と聞き返すと、「後者の方」とまた即答した。「そんな風に息子を育てて確信すると、教師として虚しくない?」と訊くと、「しょうがないじゃないか、持ってないものや望んでないものを獲得させようとするのが教育じゃないしな。一人ひとりはみんな特殊なんだから、それをおもしろいと思えればいいんだよ。持って生まれたものは土台だから、そこにそれぞれが違うものを立派に積み上げていくのを助けるのは楽しいぞ~~」と言って、にやりとした。

「変わったね~~」と言われたことが、僕はほとんどない。「変わってるね~~」と言われたことは、よくあるが……。いいことなのかどうか、僕にはわからない。そんなこと、人が決めることだと思っている。

Img_2121_640x480

一方、今朝、明らかに「変わったね~~」の二人(二匹)。佐助とチビである。なんと、身を寄せ合って寝ていたのだ!“陽だまりの力”、“お日様の力”が、二人(二匹)の関係を変えるかもしれない。楽しみなこった!

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、4月4日…予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

|

« 百里の道も一歩から、とは言うけれど……。 | トップページ | 大阪人から見た東京人(例) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/44748858

この記事へのトラックバック一覧です: 君は、昔の君ならず!?:

« 百里の道も一歩から、とは言うけれど……。 | トップページ | 大阪人から見た東京人(例) »