« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

忙中閑あり!?

凄い風だ。嵐だ。大変だ!今日は夕方から、Kapparのお出かけなのだ。学生時代から続く友人の一人、和子からのお誘いで、飯田橋で飲むんだそうだ。

待ち合わせも友人が経営している店だとか。軽井沢から帰ってきてからというもの、「残業だ~~」と毎日、夕食後も仕事に励んでいたのもこの日のため?!天はKapparには味方しないのか?と思っていたら、雨が追い打ちをかけてきた。散歩に行きたそうな佐助に、「ほら、見てごらん?行く?」とドアを開けてみせると、尻込みをするほどの勢い。

「完全防備で行かなくちゃ。Hunterのレインブーツだね」と言っていたら、なんと、すきっと雨が上がった。“忙中閑あり”と言うけれど、忙中にこそ閑を作らなくちゃ、と頑張ったKapparに軍配も上がったのだった。久しぶりの友人との会話、弾むことでしょう。

Photo

Img_2110_480x640

チビは“我関せず”と箱の中。佐助はウロウロした挙句、“果報(ごはん)は寝て待て”の体勢。となった午後5時だった。さて、録画してある………。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月29日…必ず!!!!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天は我に味方せり~~~~!

どうも調子が悪かった。軽井沢で“寒さに中った”のか、ミニ旅行とお買い物に浮かれた報いとでもいうのか、はたまた、お上品なフレンチが身体に合わなかったとでもいうのか、月曜から火曜日にかけて足元は怪しくふらつき、声は出にくく、頬は痺れっぱなしだった。

「疲れたんじゃない?寝れ!」とのKapparのご命令で、火曜日にお昼寝1時間。確かに少し良くなった。で、その時気付いた。こりゃきっと気圧のせいだ。雨にでもなるんじゃないか。気温と気圧に思いっきり影響される身であることを忘れるとは!

ところが、「雨が来るかも~~」と予言していた水曜日。怪しい雲行きに、レシピ提案の試作のために必要な素材を求めて、Kapparが午前中にチャリでお買い物して帰ってくると、なんと一瞬の晴れ間。「よし!急げ~~~!」と突然バタバタと動くKappar。「なあに~~」と尋ねると、鰯が10本ばかり入った袋が。そうか、味醂干しだ~~~。大好物だ~~~。出来立てがまた、おいしいんだ~~~。

Img_2087

そして、木曜日。体調もアップして散歩に。ペットショップで待ち合わせた。佐助の爪切りを待っていると、ガラス越しに見えたのでパチリ。「よしなに」と言いながら手を預ける駄犬王子だった。

Img_2092

帰りには満開の“枝垂れ梅”にも出会えた。な~~んだ、結局、“天は我に味方せり”だったではないか。いいことしたからかなあ……。

Img_2097

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月30日更新!次回更新は、4月1日予定です)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“人参”効果やいかに。軽井沢万平ホテル。②

ポール・スチュアートでトレーナーと綿/麻のジャケットを、合わせて約2万円で購入。「トレーナー、薄くなってるね。だから安いのかな?」「どれもこれもアームホールが小さくて困るね。おじさん、おばさん、着る物探すの大変だよね」などと、こそこそ不満を言いつつも、とりあえず僕は満足。その後、Kapparは、ビームスでパンツとスカーフを1万円で購入し、春はもう大丈夫!という気になって、万平ホテルに向かった。

Hotel
喫煙希望で別館に。部屋はファミリータイプらしく、とにかく広い。窓辺でちょっとポーズをとってみたりして遊び、7時半過ぎからのディナーを待った。

Img_2035_640x480

シャンパンのミニ・ボトル付きディナーは、予想外においしかった。奇を衒わない正統派のフレンチで、さりげなく和のテイストも入っているライトなもの。素材を活かしているところも好感が持てた。そして、さらによかったのが、さすが老舗ホテルの“サーブの絶妙なタイミング”。「コース料理はこうでなくちゃ。コースの意味がなくなるもんね」と、感心した。

「バーにも行ってみようか」と言っていたのに、シャンパンのミニ・ボトルで充分心地良くなって、就寝。

Photo

翌朝は、明るい朝の光が差し込むテーブルで、アメリカン・ブレックファースト。食べ終わる頃、Kapparの口から「これで、これから2ヶ月頑張れるかも」とのお言葉。“人参”効果は、とりあえずあったようだ。

Img_2075_480x640

Img_2076_480x640
しかし、部屋に一旦引き換えし、しばらく経つと、外には粉雪。“人参”効果に水が差されなければいいけど、と思いつつ、サービスの珈琲&ケーキをいただいて帰ってきた次第。買ったばかりのジャケットを着て寒さに耐え、帰ってきてみると、お隣の梅が満開だった。

Img_2081_480x640

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月30日…必ず!!!です!!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“人参”効果やいかに。軽井沢万平ホテル。①

大宮から乗った新幹線は、意外なもので盛り上がった。座席に座るや否や、Kapparが前のポケットに不思議な写真を発見。こんな感じで入っていた。

Img_2002_480x640

 

JRの通販誌のようだ。すぐに開いて、Kappar「なに、これ~~!」と大笑い。それがこの商品。

Photo

JRの仕入れ担当者が笑いを取るのが好きなタイプなのか、“なにこれ?”商品満載!(いずれ、ご紹介します)普通の商品のページになってくると、ほっとするというより、つまらない。

Img_2079_640x449

笑った報いか、到着した軽井沢は、まだ冬!そりゃそうだ、遠くに見える軽井沢プリンスホテルのゲレンデは、まだスキーシーズン。春の装いを、との考えが甘かった。

Img_2020_640x480

それでも、南口近くのアウトレットモールには、「一度は行ってみないとね、アウトレットモール」と行ってみた。寒い!足が固まり動きにくい。しかし、目的もないわけでもない。春先や初秋に着るアウターをずっと探しているからだ。Kapparに「長く着ることができる上質なものにしようね」と言われているので、どこかで発見できる期待もある。

Img_2026_480x640

ユナイテッド・アローズまでは、寒さしのぎに店内に入ったようなもので、これは!という商品に行き当たらず、花畑牧場のレストランで“ホエー豚カレー”を食べることに。「生キャラメルで稼いだお金をホエー豚に注ぎこむって、大胆よね。東北や北海道の雇用促進にもなるし、田中義剛君、あんたはエライ!」と10分待ち、「なかなかいけるけど、味噌汁に木のスプーンでも添えてくれたらもっとよかったのにね。カレーのスプーンで味噌汁はちょっとねえ」「サラダじゃなくて味噌汁にしたのはいい考えよね。野菜は価格が安定しないからねえ」などと言いつつ一気に食べて、次のエリアに再チャレンジしたのだった。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月29日…必ず!!!!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬は、素材の味をよりおいしく!

明日の“軽井沢万平ホテル”のディナーはフレンチだが、実は僕はあまりフレンチが好みではない。大見得を切って語るほどの食通でもなければ、最高のフレンチを食べた経験があるわけでもない。しかし、どうも口に合わない。田舎者だからだろうか…。せっかくのいい素材をコトコトコトコト煮込んだ上にソースで食べろだと!などと、悪態をつきたくなる。京都でもおいしいものに出会ったことがなく、北京料理も好きではない。どうも、素材の味をそのまま味わう方が好みのようだ。やっぱり、田舎者か!

そんな僕にとってこの時期は、“新”が付くものが次々と出てきてうれしい季節だ。新玉葱などは、水にさらすことなくスライスして、おかかを乗せて醤油をかけるだけで……。というところに、僕の田舎、島根間益田市の“だしぽん”(丸新醤油)がテーブルに乗るようになって、また一段とおいしくいただけるようになった。

Img_1957_768x1024

帰省した折に空港の売店で見つけて以来、同じく丸新醤油の“さしみ醤油”と共に、欠かすことのできない調味料となっている。ドレッシング代わりにも利用している。……さあ、きっと今夜は“豆ごはん”だ~~~~。

Img_1962_1024x768

昨日、僕の生まれた町、島根県浜田市から届いた“赤かれい”の箱に、しめしめと収まったチビ。“箱入り婆”の出来上がりだ~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月24日…必ず!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛だらけの人参

ライトな怒涛が終わり、3つのレポートのほぼ同時仕上げというヘビーな怒涛に入ったKappar。仕事が怒涛の時期に入る時は、“頑張ってね!”との思いを込めて、終わる時のためにいつも“人参”を用意していた(おいしいご飯を食べに行くとか…)が、今回の怒涛は長期戦になるため、仕事に入る前に「今回は途中にも“人参”をぶら下げてほしいかも……」と言われた。よし、それじゃあ、とネットや配信メールをチェックして、できるだけ安価で魅力的な人参はないかと調べていたら、ありました!あったのです!いい人参が!

それが、約1か月前にリクルートが運営している割引チケットサイト“ポンパレ”で発見した“軽井沢万平ホテル”の割引宿泊券。お高いのでなかなか行くこともできない、あの“軽井沢万平ホテル”が一人1万4千円。しかも、夜はフレンチのコースでシャンパン付き!時間距離も中央新幹線で上野から1時間10分。「いいね~~~!一度行ってみたかったし」とのことで、ゲット!25日に行ってくることになったのでした。

そして、その人参を目指してガシガシと仕事に励むKappar。覗いてみると、足元に “毛だらけの人参”を発見!これできっと、ヘビーな怒涛も乗り越えられることでしょう……。

Img_1947_480x640
この人参、ただ寝てるだけなんですけどね~~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を不定期連載中です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月24日予定………)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小食は美徳

年上の友人、ファッションアドバイザーのNさんの口癖は、「じゃ、一杯だけ」というものだった。僕の事務所にやってきてしばらく経つと、なんとなく焼酎が出てくるのを待っている風情なので、「飲みましょうか?」と声を掛けると、必ず「じゃ、一杯だけ」と笑顔になった。いろいろな話をしながら時間が過ぎ、11時を回る頃になると、もう一つの口癖が出てくる。それが、「あと、一杯だけ」というものだった。しかし、当然“あと一杯”で終わるわけもなく、朝まで飲むこともしばしばだった。「いやあ、ほんとに一杯だけですよ、今日は。だって、明日ゴルフなんですから」と飲み始め、朝まで飲んで、ゴルフ場に直行したことさえあった。翌日の夕方、ゴルフ場からの帰りに立ち寄り、「いやあ、参りましたよ。スタートホールでティーアップしようとしてしゃがんだら、気持悪くなって吐いちゃいましたよ」と言って、また飲んで帰って行ったが、さすがにその夜は「あと、一杯だけ」という言葉は、5~6回しか聞くことはできなかった。。

そんな楽しいNさんが、ある夜こんなことを言った。「食糧危機の解決策が浮かびましたよ。全人類が、半分の大きさになればいいんですよ。大きくなっちゃいけないんですよ。みんなで小さくなれば問題解決ですよ」。

「しかし、アメリカ人は食べますよね~~。食べてデブになって、ダイエットやエクササイズにお金を使うなんて、無駄の上に無駄を重ねてるだけなのにねえ。中国人も食べきれない量がテーブルに乗ってないと嫌みたいですしね。そうそう、日本の流通も無駄に捨ててますよねえ、品質管理の名のもとに」などと話した後だった。“小食は美徳”といった価値観や倫理観の話でもなく、狩猟型人間と農耕型人間の食意識の違いでもなく、サイズの問題として考えたというところがNさんらしく、おもしろかった。その後は、どうすれば、どれくらいの時間で、全人類の平均身長を90㎝にできるか、という話や「わ!なに!あの人、身長180㎝はあるんじゃない?!カッコ悪いね~~~。あ~~、やだやだ」といった会話が交わせるようになるといいかも、といった話で盛り上がったのだった。

Img_1945_480x640_480x640
御年18歳の老描チビは、小食そのもの。がっついているように見えるこの姿で、餌皿から離れると、一握りも食べてはいない。その代わり、一日に10回くらいお食べになる。それで、太ってもいないし、痩せてもいない。見事なセルフコントロールである。“美徳”とは無縁だと思うが……。

Img_1937_462x640
沈丁花が咲いていた!春だぞ、こりゃ!

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月24日の予定………)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つまんねえじゃねえかよ~~~!!」

初めて人の死を痛烈に意識したのは、3歳の時。親父が肺結核で入院している病院に遊びに行った時、許されたわずかの時間に目にする空きベッドが意味することを知った時だった。

最初に体験したお葬式は、小学校4年生。山中で井桁に組んだ木材の上にお棺を乗せ燃やす、という昔ながらの風習に目が釘付けだった。

50歳を過ぎてから、何人かの大切で大好きな友人を失った。

そんな経験の中でも、弔辞や死者を悼む言葉で記憶に残っているものはほとんど、ない。僕の記憶にある最も感動的な弔辞は、景山民夫夫人のもの。遺影の前に立って、「景山~~~!つまんねえじゃねえかよ~~~!」と絶叫したものだ。

いなくなって“つまんねじゃねえかよ~~~!”と言われる存在、言える存在、共に素晴らしい、と思いませんか?

Img_1823_640x480

さてさて、この二つの存在にとって、僕はどうなんでしょうね~~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月21日更新済み。次回更新は、3月23日予定です!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日こそ、明日こそ……本当に!明日こそ……

自分を放任しておくと、だらだらと何もしないで過ごすだろうことを、僕はよく知っている。だから、無理のない目標を決める。決めたら身近な人に宣言する。そうして、「言ったことをやらなかったら恥ずかしいぞ~~」という状況を作る。それでも難しい時は、あっさりと弱音を吐き、目標を低くする。ちょっとした言い訳を添えて……。それでもなお努力しない自分を見出すと、さすがに情けなく暗い気持ちになる。まずいことに、そんな情けなさを感じる時は、概ね外界にその遠因・近因を見つけたくなる。時には他人に、時には天候に、そして、時には自分の過去に。いやはや……。

そんな“○○のせいだ!”の対象に、時として自分自身の病歴が加わるようになって、やっと少し気が付いた。“ねばならない”の自縄自縛は呪縛になるんだ、ということに。そして、思った。“しなくてはならないこと”よりも、“したいこと”を考えようと。

ところが!“したいこと”も、始めてしまうと“しなくてはならないこと”になってしまう。しかも、今度は言い訳もできない。人や天候のせいにもできない。なぜなら、「お前が好きで始めたことじゃないか」という天の声が聞こえてくるからだ。困ったものだ。どうしよう……。というわけで、また毎日のように「明日こそ、明日こそ……本当に!明日こそ……」と念じながら暮らすことになる……。な~~~んだ、変わってないじゃない~~と思いながら。

Img_1303_480x640

天気がいいというのにそんなことを考えている身には、こんな姿は眩しい。うらやましい。屈託なさ過ぎ~~。どうも、ヒトは君たちよりも面倒な動物みたいだよ~~。

Photo
地下で佇むトルソーさえ屈託なさそうに見えるもんね~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタート。「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の不定期連載を開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月21日…必ず!)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“オマケ”好き

保護犬佐助に教わったことは、数々ある。最初に気付かされたのは、「おいらの行動に意図があると思うのは、あんたの深読みだよ~~」ということだった。人は成長(?)するにつれ、“常識”って面倒なやつと身勝手な“価値観”ってやつに囚われていくんだなあ、とつくづく思わされた。

佐助の行動に怒りを覚えたり、彼の過去を想って涙するのも、僕の心が映り込んでいるだけなんだとわかってみると、心の在り様によって人の世界は大いなる変貌を遂げるんだろうと思えるようになった。なぜか、軽くなった。

「こらからの人生、“オマケ”だと思えばいいじゃん!」。僕が脳出血を発症した後、ある友人が言ってくれた言葉だが、僕が「そうだね。それいいかもね」と応えた真意を彼は知らないはずだ。

そう、僕は「“オマケ”大好き男」なのだ。しかも、時として“オマケ”の方に価値があると思っている、キャンペーン乗りのいい男なのだ。しめ、しめ、これから人生楽しそうだぞ~~~。

Photo
オマケの“たち吉”のコーヒーカップにつられて買った珈琲。届いてみると、なかなかナイティーなカップで、朝食用に、と思っていた期待は外れたが、“うさちゃん、かわゆい~~”ということで……。そうそう、珈琲もおいしかったし……。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載開始しています。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(次回更新は、3月19日、本日の予定………)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパニッシュ・ミートボール

約一か月前に始めたブログ「リハビリと介護NET」で不定期ながら連載していくことになった“Kapparのゆる・はや・ごはん”。仕事が怒涛の季節に入ってきたKapparは、自分の企画ながら、なかなか手をつけることができなかった。が、しかし、考えてみれば、日常の料理が“Kapparのゆる・はや・ごはん”ではないか、ということになり、日々のメニューに「これなんか、いいんじゃないかなあ」というものを、可能であれば1品作ってみる(もちろん、Kapparが…)ことに。

そして、昨晩テーブルに載ったのが、第一弾「スパニッシュ・ミートボール」(レシピは後日「リハビリと介護NET」に掲載)。スープとしていただいてもおいしく、僕は鍋に残っていた分までたいらげてしまった。

Spanish

“Kapparのゆる・はや・ごはん”企画のおかげで、野菜のソムリエ&フードコーディネーターの心に火が点いたかもしれないKappar。その恩恵にしっかりと与かるのは、僕だから、これは、間違いなくいい企画に違いない…。楽しみ~~~~!

Photo
ほんの一瞬の日差しに、ベランダに出る寸前躊躇した佐助。さすが、動物クンのカン!直後に日差しは消え去った!

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」の連載を開始しました。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(ちょっとバタバタしてしまい、次回更新は3月19日になります)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの初台。そして、歯医者。さて……

痛みが収まっていたので、迷っていた歯医者。ところが、こっそりKapparが予約を入れていた。「金曜午前11時だからね!」と突然の宣告。やむなく本日行くことに…。

Photo

久しぶりの初台リハビリテーション病院界隈。しんみりと懐かしい。

Photo_2

Photo_4
歯に関しては、特別な治療なし。治療済みの歯なので、「当分あまり強く噛んだりしないようにして…。またいずれ根本的に…」ということになった。犯人はこいつだ!とわかった。

Photo_5

好きなものが身体によくないって、よくあることなんすかね~~。

Photo_6

すると、キュウリ大好きの佐助は、やがてキュウリが元で……。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。今日から、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載開始です。…不定期連載になります。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、3月7日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日差しに誘われて……。

“宗教と人種の話はするな!”というのが、海外旅行の鉄則だそうだ。アジアン・マダムKapparから教わった。時候の挨拶は無意味だとか、面倒だ、と言う人もいるようだが、天気の話ができる間柄に争いはない。脳出血になってからというもの、特にそのことを実感した。麻痺側の手足は、気温と湿度の影響を多大に受け、歩行の危険性は増大するし、痛みも出てくる。喉や頬にも残る麻痺も会話する時や食事の時に、不都合を生むことさえある。だからおそらく、脳卒中経験者でなくとも、天候の影響は受けているはずなのだ。ヒトの意志や感情は、天気にさえ左右される、か弱きものなのかもしれない……。

我が家の“毛むくじゃら”2匹は、天気に正直だ。寒さと湿気にはどんよりし、日差しにはほんのりする。どちらの状況でも見た目の行動は、“寝る”なのだが……。

Photo_2

いい日差しになってきた午前11時頃から、窓辺でそわそわの2匹。まず先住猫のチビが、ぐるりと一回り。いい場所が見つからなかったのか、二階へ。遠慮して二階に行っていた佐助が代わってベランダへ。場所取りで争わないのが、動物君たちの素晴らしいところ。見習いたいものだ。

Photo_3

一方、親孝行Kapparは、お父さんの診察の付き添いに、朝から実家へ。お母さんへのお土産のホームメイド・パンとマーマレードを忘れることはなかった。日差しに誘われた訳ではないが、日差しが応援にはなっているはず……。

Photo_4

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月12日、更新済。次回更新は、3月14日予定だった……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My way is our way!

いつも、いつまでも、どんな時でも、淡々と我が道を行く人は素晴らしいと思う。学生の頃、「将来、どうなりたいんや?」と聞かれ「井戸水になりたい」と答えた。井戸水の温度は年間を通してほとんど変わらないが、夏には冷たいと喜ばれ、冬には温かいと喜ばれる。その評価は、外界の気温の変化に動かされることがないからだ。というのが、僕の理屈だったのだが、井戸水になるどころか外界の気温に影響されっぱなしのまま還暦を過ぎてしまった。“I did it my way.”と胸を張って言えるようにはなれそうもない。

しかし、“My way is our way.”と、目的だけではなく方法論やロードマップまで押し付けるような人を“強いリーダー”“頼れるリーダー”と誤解してしまいがちだが、それには気を付けたいものだ。一見男らしく「俺に任せろ」「俺に付いて来い」という奴ほど意外とへたれだ、という経験を僕は何度かしたぞ~~。

Photo

「なにを今さら。My wayって、基本の基本っしょ!」と佐助には呆れられたようだ……。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、3月7日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛!…眠い! 嫌なのに懐かしいって……

なんだか変ではあったのだ。噛むと違和感はあったのだ。しかし、突然、まさか、だったのだ。ベッドに入って1時間後、俄然痛くなった。懐かしい痛みだが、嫌な痛み……歯痛だ!

脳出血発症後、初台リハビリテーション病院入院中、一気にあちこちがぼろぼろになったの僕の歯。近くの歯医者の病院内の出張所で、緊急の3本を治療。退院してから徹底治療を行った(入院中に、一か月で7本治した人もあった)。この歯医者の費用も、退院後の出費としては大きく、Kapparの肩に重くのしかかったのだった。

それなのに、歯の痛みを懐かしく思うなんて!不謹慎な話ではあるが、嫌な思い出も懐かしくなるんだなあ、と改めて思った次第。

睡眠不足の一日だったが、ロキソニンを飲んだ後、痛みはなんとなく収まっている。歯医者、行かなくちゃいけないのかなあ……。

Photo
どうしよう、って思いながら名前を呼んでみたが、無視された。

Photo_2
悩んでいるうちに、日も暮れた……。明日考えようっと。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月12日更新済み。次回更新は、3月14日予定。……歯痛次第ですが…)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通い袋

古い歌だが、島倉千代子の小さなヒット曲に「いつもふたりは」というのがあった。「からたち日記」よりも後の曲だったと思うが、小学生(?)だった僕は、なぜかとても気に入って口ずさんでいた。

その一節が“送って行って送られて、そのまた帰りを送って行って、夜が明けた街”……。ほほえましく、どこかせつなく、そのシーンを想像しては口ずさんでいた。初恋でもしていたのかなあ……。

日常の近所付き合いにそんな関係があったことを思わせるのが、“通い袋”。何かを入れて差し上げる時に使う袋に、またお返しが入って返ってくる。それにまたお返しを……。ほんのちょっとした、肩を張らないやり取りに心が通ったものだった。

Kapparのマーマレードは、そんな“通い袋”的なもの。散歩で出会うと、ふと手渡し手渡されるささやかなモノが、十分に一日を豊かにしてくれる。人の心っていいもんだ~~。

Photo
人様に差し上げるにはチト恥ずかしいブルーの蓋の一瓶が、どうも我が家に残るものらしい…。楽しまなくちゃ!

Photo_2
「そ、それ何すか?おいしいんすか?」と、虎視眈々な佐助&チビ。これは、だめですよ~~~~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月12日、更新。次回更新は、3月14日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の暮らしの下ごしらえ

昨日、朝の散歩から帰ってくるや、「ほら、落ちてた三個ゲット!」とにんまりしていた夏みかんは、昨晩のうちに準備が完了し、午前中にはマーマレードに(作り方は、Kapparの過去ブログに)。犬友たちのプレゼントになるらしい。

Photo_2

そして、本日は快晴なり!おまけに、なんとKapparの三週間ぶりの休日!というわけで、気になっていた“春の暮らしの下ごしらえ”を敢行。ダイニングの一角にあったチェスト代わりの本棚が、やっとベトナム製のチェストと交代することになった。ワインおじさんもチェスト上に。

Photo

佐助とチビは、「なんだ、なんだ、何事だ」とうろうろした挙句、日差しの中に落ち着いた。引っ越して丸2年。また一つ、解決(?!)。少しずつ、がいいね、やっぱり。

Photo_3

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月9日、更新。次回更新は、3月12日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かかってこいや~~!

先週、Kappar用にとネット通販で購入したレインポンチョとHunterのレインブーツが到着。試着したKapparは、空(天井)に向かって、「こら、梅雨~~!どこからでも、かかってこいや~~!」と叫んだ。梅雨?春もまだ来たとは言えないのに?とお思いでしょうが、気が早いのには訳があるのです。

Photo

もう10年以上にわたってKapparが携わっている“主婦のライフスタイル予測”のお仕事の、6月度のレポートがまとまったばかり。頭の中は6月だったのだ。おまけにここのところの雨模様。佐助の散歩で「ちょろちょろ濡れるのが不愉快~~」ということも手伝って、一足早い雨支度となった次第。どうせなら、アウトドア仕様で歩きやすく、アメリカではセレブ御用達と評判のHunterにしようではないか、とネットで探しまくったところ、7000円台の純正品を発見。お安いポンチョと合わせて11,000円で収まった。だからこその、Kapparの咆哮でもあるのだ。

Photo_2

しかし、家計費に締める“佐助係数”が高止まりの今日この頃ではある。本犬は、どこ吹く風だが……。

 

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、3月7日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“チャリンチャリン・ビジネス”……

ある日、仕事仲間で友人のCMプロデューサーが、事務所に遊びにやってきた。焼酎を開けると、いきなり「いいアイデアがあるんですけど、聞いてくれます?」ときた。このSさん、ちょっくら“すっとこどっこい”な男で、ファイナルファンタジー4のCM撮影にオーストラリアに向かう直前の成田空港で、ローストビーフ・サンドを食いながら、「ダチョウって、クリスマスに食うやつですよねえ」と言い出し、「Sさん、それ、どんな皿に載せるんだよ~~。グリルもでっかくないとね~~」と言っても「あれ?違うんすかあ?……いや、そうですよ!」と言い張ったくらいの男だ。当然、“いいアイデア”などと言われても、思い切り眉に唾を付けたくなる。

でもまあ、おもしろそうなので、「なに、なに。何のアイデア?」と身を乗り出してみた。するとSさん、声を潜めて「特許のアイデアなんですよ。これで特許が取れると、寝ててもお金がチャリンチャリンと入ってくる、ほら、前に盛り上がったことのある“チャリンチャリン・ビジネス”ですよ~~」と言う。「で、どんなアイデアなんすか?」と訊くと、「バーボンのロック飲んでて閃めいたんですよ。……丸い氷が作れる製氷皿……って、どうすか。いいっしょ!どうっすか?」ときた。焼酎をこぼしそうになったが何とか立て直し、「もう、ある!ありまっせ~~~!」と答えたが、「え~~~~~~~!!」と叫んだ後、いつものようにしばらく粘ってみせるSさんだった。それからも何度か、浮かんだアイデアが持ち込まれたが、とっくに存在するものばかりだったのは言うまでもない……。

Photo

モバゲーやグリーがネットで無料ゲームを提供しているのは、無料から有料の領域に入ってくるユーザーが2割くらい存在することを知っているからだ。課金されても目の前でお金を払うわけではない上に、単価が低いからユーザーもあまり気にならない。カードや口座からチャリンチャリンと引き落とす、まさに巧みな“チャリンチャリン・ビジネス”なのだ。有料領域に踏み込むときには、紹介制度という罠も仕掛けられている。

Photo_2

友達を紹介すると、ネット上の金券を入手できるので紹介する。すると、そのうちの2割が無料から有料の世界に踏み込んでいく…というわけだ。ねずみ講的でもある。

Photo_3

韓国で成功したパチンコ屋の全廃を日本も見習おうという動きもあるようだが、パチンカーは、きっと次には“ネトゲ”に嵌っていくんだろうなあ……。

Photo_4
嵌る、という程ではないが、支那そばが好みの人には、塩ラーメンはこれがお勧め~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、本日3月9日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいへとへと。驚きのへとへと。

昨晩、若い母子と友人夫婦とその娘ライカが、午後4時から三々五々我が家に集結。ちょっとだけお仕事の話をした後、若い母親Yちゃんが頑張っているお掃除サービスの話に。

Yちゃんは、20代中盤のシングルマザー。一緒に訪れた長男は、この春4年生になる。まだ3歳の妹がいるが、お母さんが疲れている時などは、妹をさっさとお風呂に入れたり、布団を敷いたりする孝行息子の側面もあるが、落ち着きがないとよく言われているらしい。我が家に来た時も、最初は落ち着きがなかったが、いかにも小学校3年生らしいくらいしか見えず、そのうち佐助と遊び始めると、ほとんどの犬がそうであるように“子供はちょっと苦手。だって突然何するかわからないんだもん。”の佐助と接する姿には、優しさや気遣いも窺えた。ところが、一通り話が終わり、食事とお酒の楽しい時間になってYちゃんの明るく元気な子育ての話を聞いていた時、ある一つの事実を彼女から聞かされ、全員仰天したのだった。

それは、彼女の長男が落ち着きがないのを治すために、薬を飲むように先生に勧められたという話。「え~~!多重性障害だということなんだ~~!」と僕たちは、ほとんど同時に叫ぶように言い、顔を見合わせた。しかも、どうも、そういうケースは稀ではないようなのだ。驚くべし!教育現場の変化!……アメリカ的になったの??……

といった楽しさと驚きの夜が明けて、リハビリに行った。なんだか、へとへと気分だ~~。

*ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、その名のとおり注意不足、多動、衝動性が特徴的な症状の、自閉症やアスペルガー症候群と同じ発達障害の一つとされている。アメリカでは随分以前から投薬治療が行われており、その効果と弊害が共に報告されている。小児用の薬品としては、2000年代初頭に日本でも認可された“コンサータ”などがある。

Photo
珍しく、二週間経っても緑の残る“猫草”(猫用の草)。自然のものは必ず枯れるけど…。

Photo_3
こちらはフェイクの花と草。均一とか不変とかって、どこかフェイクの匂いがしませんこと?

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。バタバタ&へとへとで、次回更新は3月9日になります。)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こけつまろびつ……

浮かれてしまったのだ。あまりもにいい気候に。天気のせいなのだ。

Photo

正午になって窓を開け放ち、コートいらずの陽気に触れた途端、思い立った。出かけよう。用事を一気に4つ片付けよう~~~。玄関先の、何も植えていないはずの小さな植え込みにも、いつの間に緑が顔を出しているではないか……。

銀行2か所&スーパーは共に駅の近く。帰りに酒屋に立ち寄って…と効率よいお出かけをイメージした。Kapparは激務の季節。少しでも軽くしてあげなければと、心構えやよし。多少ともお役に立てるお出かけは、颯爽としたものだ……った。ところが、片道の半分以上を行ったところで通帳を忘れてきたことを思い出した。勢いのいい時はミスも多いもんだなあ、とかなりの勢いで帰ってきた。すると、「佐助の散歩早くするから、お昼ごはん食べてから、一緒に行こう」と言われ、そうすることに。いやはや、お役に立つどころか…。

おまけに、いざ出かけると、通帳を忘れたことを思い出した辺りで膝が猛烈に痛くなり、歩きがへなへなに。一つだけ用事を済ませ、僕だけ帰路に就くこととなった。膝が痛いせいか、“こけつまろびつ”という言葉が頭に浮かんで離れなかった。

というわけで、“こけつまろびつ”について。

きちんと書くと、きっと“こけつつ、まろびつつ”ということだと思う。話し言葉として使っている間に、話しやすいように“つ”が一つ省略されていったのだろう。

“まろぶ”は転ぶと同義だが、“犬のようにまろぶ”という使い方の例があるので、横転だと思われる。こんな感じかな?犬は前には転べないし…。

Photo_2

下りの坂道を急ぐあまり、前に転び、あるいは横に転び、……まるで転がるチーズを追いかける競技の選手のように……降りていく、いや、落ちていく様(さま)に、元々使ったんじゃないだろうか。……根拠はありませんが……。ちなみに僕は、一度も転ぶことなく、無事帰宅したのでした。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、3月7日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再チャレンジじゃ~~~~。

昨年11月末に設立申請書類を提出したNPO法人「リハビリと介護NET」だったが、過日東京都から簡易書留が到着。不認証となった。理由は「初年度、次年度の事業計画にNPO法人が目的とすべき“不特定多数を対象とした事業”の要素を読み取ることができない」(原文のままではありません)ということだった。基本事業をインターネットを通じた情報の提供とコミュニティの形成としていることから、事業収入は会費のみで、支出もサーバー契約とHPの制作・更新のみだったのがよくなかった(?)ようだ。売り上げ予測と支出予測を書いて欲しい、という電話をいただいていたが、まだ何も始まっていないことだから、予測はできず予定もなく、情報提供を続けながら可能性を探っていくものがほとんどであることを書類にして提出した、という経緯があったので、それがまずかったとしか思えない。…だって、インターネットを通じた情報提供は、不特定多数を対象にしているものですからねえ。

NPOの先輩には「嫌になって諦めるのを待ってるんですよ。今、NPO作りは奨励するものではなく、設立を制限すべきものに変わってきてるようですからね。でも、諦めないでくださいね。“悲しい後輩”のためにも」と言われた。ちょっと膝かっくんの2~3日はあったものの、もちろん、諦めてはいない。再チャレンジじゃ~~。

ただ、手段が目的化しないように、気を付けなくてはならない。と考えつつ、下記ブログの充実を、次の申請の準備と並行しながら図っていきたい。

と、思っている今日この頃ですが、寒くてどうも……。

Photo

そんな日は、たまに“カレーうどん”が食べたくなる。という方にお薦めなのが、「古奈屋のカレーうどん」。スーパーで売ってます(どこにでもある、という訳ではなさそうだが…)。

「味の素の冷凍餃子」と共に、愛用しております。

Img_1791
一方、“口が驕っている”老猫チビが、珍しく飽きずに食べているのが「銀のスプーン」。最近ブームなのが、CIAOの「焼きかつお」。いつまで食べてくれることやら……。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(3月5日、更新。次回更新は、3月7日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット通販と物流費

ネット通販は送料が必要だからなあ、と考えがちだが、産地やメーカーから届けられるものに関しては、何も問題はないと思う。なぜなら、小売店の価格設定には、物流費もコストとして含まれているので、目に見えないだけだからだ。

コンビニ弁当の場合、セブンイレブンを例にとると、30%が本部の取り分(その中で物流費の占める割合は大きい……はず。…1日3回のルート配送ですもの)で、フランチャイジーが10%程度(廃棄分が多い場合はかなり低くなる)。弁当のメーカーの利益率は10%を下回る。というのが価格構造(だったと思う…多少違うかもしれないが…)。メーカーから配送センターへ。配送センターから各店へ。物が動く度に費用は掛かる。致し方のないことだ。

メーカーや生産者から各家庭に直接送り届けるネット通販に送料が必要なのは、当然のことなのです。それに、お店に行って買うには交通費も必要だし…。

なんでもかんでもネットで購入しているわけではないが、ネット利用の便利さ(比較できる、でかけなくていい、カード利用で費用の一括管理ができる…等々)に大手小売りが勝るためには、そこへ出かけることの楽しさと買い物の合理性をどう作り上げていくか、にもっと真剣に取り組まなくてはならないように思う。

というわけで、今日はネットで最近購入したものをご紹介。

Photo

じゃ~~~ん。と言うほど大したものではないが、ずっと探していたリボンベルトをやっと購入。うれしかったのだが、となると、パンツは?ソックスは?となり、春に向けて綿のジャケットorブルゾンは?と、ちょっとファッション購入意欲が強まっている次第。かつて、素敵なネクタイをプレゼントしたところ、それに合うジャケットを買わなくては、とすごくお金を使うことになってしまった、と苦情を受けた(もちろん、冗談ですが…)ことを思い出した。

Photo_2
何かを手にすると、すかさず舌なめずりをしながらやって来る佐助。リボンベルトを凝視してお座りはないよ、これ!

*VAN倒産の1年前、物流費を調べたら、会社の全経費の13%を超えていた。明らかに作り過ぎの弊害。経費的には異常事態だった。

 「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(2月28日、更新済。次回更新は、3月5日予定。ちょっと風邪にやられてます)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレのカミ様

僕はド田舎出身なので、水洗トイレを初めて経験したのが、高校3年の冬休み。益田駅近くの喫茶店だった。京都で下宿生活を始めて、やっと毎日が水洗トイレになった。うれしかった。ところが、夏に2週間ばかり帰省して京都に戻った翌日、下宿のおばあさんが階段を這い上がってきた。「おにいさ~~ん、おにいさ~~ん」と呼ばれて顔を出すと、「トイレ終わったら、水流しておくれやっしゃ!」と言われた。顔から火が出そうだった。それから以降は、そんな不手際を起こすことはなかったが……。

大学もすべて水洗トイレ(当たり前かな?)。高校まで“学校でウ○コするなんて!やっちゃいけないことだ”が、みんなの不文律だった(学校ですると、外から水を掛けられたりする…)ので、堂々と踏ん張れると思うだけで、開放感があったくらいだった。そして、楽しみも見つけた。落書きだった。

最初に見て感心したのが、「カミに見放されし時は、自らの手でウンを掴め!」だった。次が、正面に“左を見よ”と書いてあり、左を見ると“上を見よ”と書いてある、上を見ると“右を見よ”と書いてあるので右を見ると、“キョロキョロすることなく、集中せよ!”と書いてあるものだった。

驚いたのは、円周率が書いてあり、その桁数が200を超えていた時だった。ところが、さらに驚くべきことに、後日同じトイレに入ると、一か所が赤マジックで訂正されていた。

Step forward a little bit more. Your honest john is not so long as you think.”と男子用トイレに書いてあるのも好きだった……。

Photo
長~~いリードを付けて、1年半ぶりに外出したチビ。帰ってくると顎を引いた状態で口を開け、フガフガ言っている。あ!身体を舐めようとして、自分の毛に歯が引っ掛かったな~~。と、無理矢理引っ張った結果、僕の手元に残ったチビの残骸。

Photo_2
せっせと貯めているAmazonのポイントで、今回入手したのが、これ!野田琺瑯のレクタングル。これからしばらくは、野田琺瑯攻めだぞ~~~~~~~。

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中後の生活の組み立て…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(2月28日、更新済。次回更新は、3月4日予定ですが……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CI療法と大リーグボール養成ギプス、あるいは広告のABC

負荷を与えた方が能力は伸びる、という納得してしまいそうで危険な考え方は、いつの時代でもどこの社会にもあるものだ。

CI療法というリハビリ法の存在を知った時、そう思った。動く側の腕を縛り、半強制的に麻痺側の手指や腕を使用させれば、飛躍的に能力が向上する、という療法だが、最初の印象は「欧米的で、加虐的だなあ」だった。「そこまでしなくても…」とも思ったし、「僕のような“全廃”(まったく動かないという評価)の腕では効果ないんじゃないかなあ…」とも思った。後になって、CI療法を受ける資格のある人は、“腕を前に真っ直ぐ伸ばして手首が返せる人”とわかって納得。だったら、要するに“大リーグボール養成ギプス”を着けるようなもんだと思った。そして、こんなことも思い出した。

かつて時々耳にし、口にした“広告のABC”である。基本という意味ではない。広告クリエイティブの企画立案の時、避けてかかるべきだというABCのことだ。A=Animal、B=Beathy、C=Childだった(…と思う。記憶違いかも…)。“動物”、“美人”、“子供”に安易に依存せず、しっかりと頭を使おうぜ!と誰かが言い始めたことだった(…と思う)。好印象を得るに決まっているものを、最初から抜けぬけと使おうなんて!と、僕もよく怒ったものだ。そして、ヌードになることを承諾する時の清純派女優のように、「必然性があってのことだったらいいけど…」などと妥協もしていた。

人にどう見られるかを気にしていると、とかく“話題性”に振り回されるものだ。きちんと見つめ、しっかり考えることは、本当に難しい……。いろんな人の思惑や価値観が絡んでくるしねえ……。

Photo

ソフトバンクのキャラクターにまでなった白い犬。リアルなお父さん像が持つイメージの多様性を避け、ホワイトプランと引っ掛け、SPキャラクターとしての使い勝手の良さや“意外性”のおもしろさなどを狙って決まったのだろう。が、穂積和夫さんは「父親を犬にするなんて許せん。不愉快だ!」と怒っていました…。イラストレーターとしての血が騒いだようです。父親としての血も、ね……。

Photo_2

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中と家庭経済…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(2月28日、更新済。次回更新は、3月3日予定…一日延びました。雛祭だ~~)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたんだろう?クシャミ100連発?!

それは、突然始まった。一昨日の朝、午前5時、目が覚めてしまい階下に降りるや否や、クシャミが出た。ぬくぬくと布団の中にいた後、突然寒気に触れたのだから、クシャミだって出るさ、鼻腔や肺の身震いのようなもんさ、と高をくくっていた。が、小1時間もしないうちに、あれ?!と思い始めた。止まらないのだ!それから、クシャミ~鼻水~ティッシュという魔の連鎖に陥ること丸一日。途中で数えるのを止めたけど、100回は超えているはず。ついに、鼻の下はヒリヒリ。ボックスティッシュ一箱分のティッシュの山……。風邪かな~~?と置き薬のお世話になることに。

そして昨日、クシャミはほとんど収まったものの、夜になると今度は鼻腔がヒリヒリ。鼻で息をする度に痛むのでシュンとしてしまい「青菜に塩だ~~」と言った後、あまり口も利けなくなってしまった。「マスクをして、自分の呼気で湿らすしかない。セルフ加湿器じゃ」と、マスク。マスクをしたまま眠ることにあいなった。

おかけで、多少元気になった今日は、クイックルワイパー片手に二階へ、地下へと動いたが、風邪薬でボ~~~~!

Mask


二階和室の陽だまりで寝転ぶ老描チビの姿に、一際老いを感じたのだった。

Chibi

「お知らせ」

「リハビリと介護NET」のブログがスタートしています。現在、「脳卒中と家庭経済…」を連載中。その後は、「Kapparの“ゆる・はや・ごはん”」を連載予定です。

ご質問、ご要望等がありましたら、是非お寄せください。真摯に対応させていただきます。http://ashita-harerukana.cocolog-nifty.com/blog/

昭和少年漂流記、連載中!

(2月28日、更新済。次回更新は、3月1日予定…大丈夫かな?)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »