« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

おいしい思い出は、長くは続かない?!

佐助のいない週末の夜。久しぶりに夜更かしをした。5時半からのクリスマス・ディナーは、「ラ・ゴローザ」。期待通り、相変わらずの美味しさだった。しばらくは、せっかくのおいしい時間を忘れないように、印象に残ったメニューについて話をした。ただただ「おいしかった〜」「よかった〜」と繰り返しているだけでは、その思い出はきっと早く色褪せてしまうだろう。印象や感想を言葉にすると、思い出は長く鮮かに留めておくためことができる。だから、おいしい経験は一人っきりではしたくない。そして、事ある毎に話題にしたい。‥‥たとえ、それが側にいない人であっても‥‥

というわけで、ディナーへと出発する直前にメールをくれたライカが「お好み焼きでも作って食べようかな〜」とのことだったので、ディナーのメニューをわざわざ写メしてあげた。それが、この2枚。

Photo

Photo_3

ああ、なんて親切なんだろう!僕って!……その頃、佐助は新しいお泊り先(おさんぽせんせい)で、緊張の後、大甘えモードに突入していたのだった。

Img_3589

Img_3686
昭和少年漂流記、連載再開!

(本日夜、更新。次回更新は、12月30日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょこたん歩き&スペシャル・ランチ

どっと冬がやってきた。まるで、いきなり土足で家に上がりこまれたような気分だ。暑さも、寒さも、ここ数年は礼儀を失している。心の準備も体の準備も追いつかない。途端に、積み重ねてきた歩き方がほぼ崩壊!ひょこたん歩きになってしまった。麻痺側の肘はくいっと曲がり、夜になると、肩から肘までが痛くなってくる。そして、遂には睡眠も奪われるようになった……。

などと、「じぐじ自らの身体ばかり見つめていてはならない。今日は、Kapparの誕生日だ~~!」と、2日前(12月22日)、予約しておいた“アシエット”にスペシャル・ランチを食べに行った。午前中は、僕がリハビリ、Kapparは打ち合わせだったので、成城学園前で待ち合わせ。まずは、グラス・ワインで乾杯。

Photo
ランチとはいえ(しかも、ポンパレで入手した超割引チケットを使用!!)豪華なメニューは、ディナーにも匹敵。

Photo_2
前菜は、フォアグラ!

Photo_5
こいつは、オマール海老だ~~!

Photo_10
和牛の“しんたま”肉のステーキ…って、ご存じ~~~?

Photo_12
これで1人前!のデザート。
このデザートが出てくる頃には、満足の溜息が出てくるほどだった。……肘と肩の痛みも忘れていた~~。しかし、お腹はちょっとびっくりしたみたいだった……。胃袋がヤワになってフレンチやイタリアンを受け付けなくなると、困るよ~~~~。今日は、恒例の“ラ・ゴローザ”ディナーなんだけど~~~。

Photo_13
ディナーのためのお預かり直前、友人の愛犬の遺品のトナカイの角を被らされた佐助。一分でトナカイ終了!

“昭和少年漂流記”、連載再開!

(次回更新は、12月26日予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コタツ・コミュニケーションは、難しい!?

引っ越して家の密閉度が上がり、暖房効率が良くなった。しかしそれでも、寒いと言われる今年の冬の足元まではエアコンで温めることはできそうにない。そこで!隠し持っていた小さなコタツが登場!

そこにあるだけで妙に暖かいコタツだが、家族でのコミュニケーションの場には向いていないようだ。ほぼ毎晩、食後しばらくすると、こんな光景が……。

Img_1361

対前年比120%と好調な売り上げを示しているコタツ。全国津々浦々にこんな光景を増やしていることだろう……。コタツでのうたた寝、気持いいもんねえ……。

 “昭和少年漂流記” は、12月中旬まで休載します!

(本日12月20日、再開予定です)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達の輪!おいしくて、温かい輪!

学生時代からの古~~~い友人EBUちゃんから、今年も肉が届いた。この肉が実においしい!しかも、僕の大好きなミノ、センマイ、カルビもたっぷり!

届いたその場で友人夫婦を誘惑。焼肉パーチーの開催となった。Kenzo、e-pooh夫婦の娘“東京生まれの野生児”ライカも乱入(こいつが、よく食う!!)。楽しい一夜となった。

入院中に迎えた誕生日に二人からもらったプレゼントのセーターを着て、“ほら、洗ったらパッツンパッツンになった~~”と、ネクストを暗に要求してみたが、スルーされた。4人で口を“E”“BU”“ちゃ”“ん”という形にして、感謝と“また、よろしく~~”の意を込めてメールした。いやあ、友達っていいなあ~~~。の夜だった。きっと、来年の今頃も同じ夜が迎えられることだろう!!!

Photo

“昭和少年漂流記” は、12月中旬まで休載します!

(12月20日、再開予定です)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

孤独は絶望を生む。そして、絶望は死に至る病……。

一人でいるから孤独なわけじゃない。二人でいても、大勢でいても、孤独の淵は暗く静かに、そこにある。心が閉ざされてきたら、もう孤独の淵に足を踏み入れているのだ。ずぶずぶと沈み、藻に絡まれ身動きできなくなる前に、抜け出なくてはならない。

脱出の道具は、コミュニケーション!近くに孤独の淵に足を取られ、もがいている人がいたら、明るく声を掛けてあげよう。

Photo

佐助とチビも、最近はすっかり同じ部屋で過ごすようになった。ただ、佐助が声を掛ける時は、ひたすら「ワン!ワン!」。しかも、その声は大きい!気の強い老描チビに、時折猫パンチを食らい、それでまた「ワン!ワン!」。静かに過ごせる日は遠い……かな?

 

“昭和少年漂流記” は、12月中旬まで休載します!

(12月20日、再開予定です)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

束の間の……

束って何だろう?と気になった……。

今週の月曜日、束の間の晴れ間にスーパーに買い物に行き、久しぶりの外ランチをした。激務の続くKapparにとっては、束の間の休憩だった。

場所はサンマルク芦花公園店。京王線芦花公園駅の南側、南烏山は北烏山よりも地格が高い所。言わば烏山の“おしゃれサイド”。だからだろうか、サンマルクもちょっと“乙に構えている”感じがする。

Kappar

銀杏の臭いに耐えながら記念撮影。

Photo
中はこんな感じ。ピアノは、サンマルクの定番?

束の間の休息のメニューは、ハンバーグランチ。黒毛和牛の挽肉と豚肉とあったので、“黒毛和牛”の4文字に魅かれて注文。おいしかったが、凄く!ではなかった。

Photo_2

帰り道、今時珍しい、巨大な柿の木のあるお屋敷発見!と、束の間の“束”が気になり始めた。きっと少しの幅とか長さとか厚みなんだろうなあ……。“束見本”てものもあるしなあ……。で、まだ調べていない……。

 

“昭和少年漂流記” は、12月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリピクニック

NPO設立の目的は?なぜ、ブログやホームページを作るだけじゃダメなの?何か事業をやるのがNPOなのでは?‥‥といった質問を受けることがよくある。きちんと整理して、一つひとつに答えられるようにならなければいけないのだが、ホームページを見れば向かっている方向くらいはなんとなくわかるぞ、というくらいにはしたいと思っている。

2年以内に是非実現したいと思っていることの一つは、「リハビリピクニック」だ。春と秋に一度、できるようになりたい。爽やかな外気を胸一杯吸いながら体の機能をチェックして、いっばい話し合って、最後はみんなでバーベキューだ〜〜。

Ipad

遂に、ipadユーザーになりました。iphoneも3Gsから4sに。ただ今、icloudやdropboxなどを使ってみたり、あれやこれや“使用価値”を実感、確認中。おいおい、レポートします。

                Kakky


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ipod大臣?

ipod大臣?大尽?

初台リハビリテーション病院の思い出は数多く、今だに鮮明だが、その中のいくつかは音楽にまつわるもの。救急搬送されほとんど身動きできなくなった時は、どちらかと言うと嫌いだったはずの虎舞竜のロードの一節「なんでもないようなことが幸せだったと思う〜」ばかりが頭の中で繰り返され滅入ってしまいそうだったが、初台に転院して二日目の朝、頭の中の音楽は突如として、サッチモの「What A Wonderful World」に変わっていた。気持ちの変化なのだろうが、すごくうれしくて、晴れ晴れとした想いに満たされていくのを感じた。転院してよかったと思った。リハビリにも希望が膨らんだ。
三週間後後、誕生日プレゼントに ipod mini を貰った。お気に入りの曲ばかりだった。いつもイヤフォンを耳に差し込んでいるようになった。病院での日常が少し和らいだ。
ただ一曲 Marc Anthony の「You Sang To Me」が聴こえ始めると、涙が出て仕方なかった。‥‥などということを思い出しながら、お見舞いの品はipodにしようと、Yahooと楽天のオークションに挑んだ。すると、そこそこ安値に設定していたの、なんと3台も落札できてしまった。おまけに、iphoneを3sから4sに無償で乗り換えたのも同時期。3sは手元に残り、ipodと化したので、なにやらすっかり「ipod大臣」の風情。
ついているのやら、ついていないのやら‥‥。ちなみに、3台で5400円也。高い買い物だったのかなあ???

Kakky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »