« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

やっと、やっと!ですがな、ほんまに!

 

やっとNPOの認可申請を受け付けてもらった!書類の不備があったわけでもないのだか、一部だけコピーが足りないとかで、なんやかやで二週間!これから審査に入るらしいのだが、どうもNPO設立に対するかつての歓迎ムード、応援ムードはなくなってきているようだ。就職難とソーシャルビジネス隆盛の影響か、本格的な起業に至る前のテストマーケティングのためか、大学卒業と同時に、あるいは在学中にNPOを立ち上げるケースが増えているらしい。おまけに、NPOを隠れ蓑としたビジネスも多々あるようで(たまに耳にしてはいたが……)、東京都のNPO法人の認可取り消しもかなりの数に上っている……。

 受付だけで2ステップ。次いで審査。そして登記と、まだまだ先は長そうだ。今春調べた時は、書類提出から3か月後に登記完了、が目安ということだったが、1~2ヶ月は余分にかかりそうな感じ。何度も何度も会議をやり、門外漢や日和見主義者にあれやこれや触りまくられた計画に上司がやっとゴーサインをくれたら、もうエネルギーを使い果たしていた……などという、サラリーマン社会で起きがちなことと同じにならないよう、もう一度、心のネジを巻き直しているところだ。

 膝の痛み、肘、肩の疼痛、頬の痺れ、といった冬のやっかいな症状に、意欲を吸い取られまくっていた10日間だったが、今日の小春日和に、NPO申請書類“受領!(ゴム印)”の手紙が届いたのは縁起がいいのかも……。

Photo
散歩がてらお使いに行った千歳烏山で発見した“左官道具”の専門店。なんだか、うれしくなった……。

“昭和少年漂流記” は、12月中旬まで休載します!

 (休載延長、申し訳ありません…)

 60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

 60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリと安全な暮らしの狭間

初台リハビリテーション病院では、筋力を付けることがリハビリの根幹にあった(?)ので、椅子から立ち上がる時、麻痺側の足に体重をかけるように指導された。「なるほど!それが、日常生活の中での“自主トレ”にもなるわけね」と納得だった僕は、努めて麻痺側に負担を掛けるようにしていた。そしてそれは、見事に習慣化していた。

ところが、成城リハビリテーションクリニックに通院するようになり、僕のPT担当となったMさんは、最初の日に意外なことを言った。「肝心な大丈夫な方の足が弱くなってませんか?いつも、なんとなく左(麻痺側)に傾いてますしねえ」。大鏡を前にしてみると、なるほど左に傾いている。納得顔の僕に「大丈夫な足を上手に使うことが安全の基本ですよ。バランスも大事ですしねえ」とMさんは、右足にもっときちんと体重が乗るように是正してくれた。

「大丈夫、大丈夫」と、いささか無謀気味に動く傾向のある僕は、それでも尻餅約10回(幸いにして、すべて室内)、階段落ち1回を経験することになったが、麻痺側の手の指に1度ヒビが入っただけだった。運が良かったとしか言えない。リハビリと日常生活。共に大切だ。しかし、ふとした折に、その狭間に危険が顔を覗かせる。その陥穽に落ち込まないように、いつも油断しないように暮らすのも難しい。しかも、それは楽しい気分を阻害しかねない……。そのバランスって、なかなかねえ……。

Photo
今年の初詣。…左に傾き加減な状態を是正したら、今度は右に傾いている。しかし、杖を手放すとこの方がバランスがいい。

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……。もう少しで、再開します)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の嵐!異変は身近でも……

先日お会いしたnoncoさんのブログが数日間更新されていないので心配していたところ、今日のブログに、noncoさんがしりもち転倒による右大腿部転子間骨折のため入院されたとの、ご主人のKさんからの報告があった。2ヶ月間の入院予定とのことだ。noncoさんとKさんのこと、きっと克服して、また元気で明るい暮らしに戻っていかれること思うが、とても他人事とは思えず、一日中心がざわめいた。……窓外も、雨と風でざわめいていた……。

Photo

でも、こんな空の下。思いっきり深呼吸できる日は、遠くない……!

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……。来週再開予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳卒中有病者には辛い季節がやってくる……

初台リハビリテーション病院に入院していたのは、5年前の10月から12月だった。しっかりと管理された空調の中、凹凸のないクッションフロアの上を杖を突いて歩き始めたのは、11月半ば。外気に久しぶりに触れたのは、それからしばらくしてからだった。頬に当たる冷たい風が心地よく、大きく深呼吸をした。

夕食の時、食事仲間に「今日は初めての散歩だったんですが、風が冷たくて寒かったですね~~」と報告したら、仲間の一人が「いやいや冷たいのは世間の風ですよ。空気の冷たさなんて知れてますよ」と言って笑った。当時会社の人が三々五々訪ねてきて、退院後の処遇の話をしている彼の心を想いながら、「そうでしょうね~~」と答えて、僕も笑った。少し切ない笑いだった。

世間の冷たさだけではなく、寒さが体の麻痺側のあちこちに響くことは、退院して間もなく痛感した。頬が痺れる、声が出にくい、肩甲骨が痛む、肩、肘、指先に電気が走るような痛みが出る……。温めるためにいろいろ工夫した。左側だけモコモコになっていたこともある……。てなことを思い出し始めていた11月半ば過ぎの今日。友人の女性(ちわわん)から、誕生日プレゼントが届いた!USBカイロだった。

Usb

この子、緊急充電器としても使えるらしい。冬はカイロ、夏は充電器という賢い奴だ。ありがたい。……ありがとう!……今度会った時は、「お手!」ぐらいするからね~~。

Photo

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……。来週再開予定っす~~

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日和は、お出かけ日和?

ラニーニャ現象の影響で厳冬が約束(?)されているようだが、寒さと雪が本格化する年末~年始を前に、束の間の好天気を楽しんでね、と言わんばかりの小春日和。Kapparは、午後一番の打ち合わせに。まとっているのは、ふとネットで見て気になったので“へそくり”で購入してあげた「Go To Hollywood」のコート。お出かけ先は赤坂だが……。

Odekake

ベッドの上で惰眠を貪っていたチビは、寝ぼけ眼で降りてくるやいなや、通風孔から外気の匂いを嗅ぎまくり、「外に出てみたいんですけど~~」とニャゴニャゴおねだり。

Chibi

Photo
でも、僕はパソコンに向かいっぱなしでNPOのHPの準備をシコシコ。佐助は、つまらなさそうに“ラグジュアリーベッド”でうとうと。小春日和な一日は、こうしてさっさと過ぎ去っていくんだなあ……。

Photo_2

 

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……。来週再開予定っす)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“タブレット端末は、60代のニーズが高い”というのに……

iphoneユーザーになって22ヶ月。iphone4sへの乗り換えキャンペーンをやっている間にiphone3sからの機種変をせなばなるまいと、先日ソフトバンクショップに行ってきた。ipadの機能はiphoneを使っていれば理解できるので、タブレット端末はドコモのGalaxyにしようかな、とも思っていたが、ipadとiphoneを組み合わせて使ってみて、そのリハビリ家族や介護家族にとっての使用価値や活用シーンを確認してみたいと考え、ipadも申し込んできた。

両製品とも在庫がなく予約することになったが、その申し込みをしている間、ずっと観察していて気付いた。あいかわらず、携帯ショップは高齢者にやさしくない!ある調査によると、タブレット端末の利用意向が最も高い世代は60代(旅先で使いたい、というニーズが高いようだ…理解できる)だというのに……。現在の60代の所有率が2%程度だという理由には、ショップの対応の問題もあるように思えた。NPOのHPで、ipad入手から使用に至るレポートもしようかな、と考えているところだ……。

Photo

旅先に本を持ち歩くのも、旅先で情報を調べるのも、タブレット端末があれば楽になるだろう。icloudに続き各社が始めると思われるクラウドサービスを使えば、旅先の思い出や情報の保存・共有も容易になるし……。きっと、日常生活でも使用価値は高いはずだ。***ちなみに、写真のKapparは60代ではありませんので!念のため。

 

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの週末

NPOの認可申請に行ったつもりが書類を受け取ってもらうだけとわかった上に、欠けているものがあることまで判明し、急遽宅急便で送付した週末。なぜか突然、二階のご隠居老描チビは、改めて一階で長時間過ごすようになった。

Photo

一方、爆竹に驚いて以来散歩の途中で一目散に帰ってくるようになった佐助は、チビ婆の猫パンチにたじろぎ、お疲れ気味(ふてくされ気味?!)。

Photo_2

一週間ほど前からトータル70冊の雑誌と格闘し、スキャニング&貼りこみの後、トレンド予測のまとめに入ったKapparは、働き詰めの日々に「飽きた~~~!」と背筋を伸ばしていた。

Photo_3

そんな時に、ちょっと力抜けの僕は………。でも、トレンド予測のまとめは、しっかり(?)手伝ったし…。チビと佐助の“いい距離感”ができあがるまで、あれこれ工夫(?)したし……………。なんて言ってる場合ではない!また、始動だ~~~!でも……、「ノー残業デイだ~~~!」と叫んで仕事場に降りて行ったKapparが帰ってきたら、とりあえずビールで「お疲れさま~~!」はしなくちゃいけないなあ…。

 “昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、一筋縄では……

行ってきました!特定非営利活動法人(しかし、長~~~~。要は、NPO法人)リハビリと介護のネットコミュニティの認可申請。介護の日(11月11日)、今年一番の寒さ、冷雨……と、ちょっぴり悪条件の中、杖と傘と書類一式(この作成にちょい手間取った)の入った手提げバッグを、えいや!とすべて右手でぶら提げて……。行くは、初めての都庁。気分はちょっくらお上りさん。もちろん、カメラをコートのポケットに忍ばせて……。

Photo

都営大江戸線に乗るのは数回目。六本木駅で乗り換えた時の改札までの距離と深さが印象に残っていたので、大変な移動になるだろうと覚悟していたのに、気付くとあっさり都庁第一本庁舎の中。なんだか拍子抜けだった。

Photo_2

向かうは、27階北側生活部文化局都民生活部管理法人課NPO法人係(これも、長~~~。どこぞの広告代理店の名刺みた~~い)。こりゃ、迷うかも…。名うての方向音痴だし…。改めて根性を入れ直しつつ27階へ。まずは窓辺から雨の大東京を2~3枚。

Photo_4

中国語の二人を追うように廊下に向かうと、これがまた長~~~~~~。壁にセクションの所在地図もない。

Photo_3

え~~~い、ままよ~~。と目の前の開いてる扉から中に入り「………」と訪問目的を通りがかった職員らしき人に聞くと、「そこで受け付けてますから、お待ちください」と指さされたのが右前方3メートルの所にあるテーブル。またも、拍子抜けだった。で、3分くらい待って、一か所押印が必要で、事業計画と収支計画は2年分必要、との指摘を受けて終わり。しかも、「郵送で結構ですよ。所定に書類を受け取るだけですから。審査はまた別の所がやりますんで……」と、またまたまたも拍子抜け。という次第。

Photo_5
玄関で迎えてくれた佐助も、あくびをしていた。なんだかなあ……。

でも、兎にも角にも、一歩前進。ほぼ問題なし……。さて、次はどんな拍子抜けが待ってるのやら……。

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……。あと少し……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ…

小学生の頃、荒磯海岸という海水浴場で大人が溺死した。若い男性だった。水深30センチの所だった、と聞いて驚いた。そして、「相当慌てて、水飲んだんじゃないの?」とか「どうせ、酔っぱらってたんでしょ?」とか、ちょっと呆れ顔の大人たちの噂話に背筋が寒くなった。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ……そんなに深くない“瀬”のような所で溺れそうになったら、一度身を捨てる気になって潜ってみると、足がかりをふと見つけられることがあるよ。無駄にもがかない方がいいよ。という意味だと思うが、拙速に事が運んでいるなあ、と思う時は“巧遅”を意識して歩みを止めてみると、意外と目の前が開けてくるのと、同じか…。いずれにしろ、身を捨てる気で、一度立ち止まることも、何かを始める時は……………。

Photo

佐助~~~~~!そういうことでは、ありませんから!それ、違うもの捨ててるし………

 “昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NPOのHP制作に向けて、コンテンツ、着々……

会員の投稿や会員同士の意見交換。疑問、怒り、感動、発見…の共有。によってHPを構成し、それをネットコミュニティの核にしていけるといいな、という発想で構築中のNPO法人“リハビリと介護のネットコミュニティ”のHP。会員でもある(正式にはまだだが…)友人たちの協力が、少しずつ形となって現れてきつつある。

個人保険事務所を営みつつ、社会保険労務士としての仕事もしている友人は、“知っておきたい制度と手続き方法”の第一回をまとめてくれるようだし、東京の最も古い友人(VAN以来)は、奥さんのご両親介護の経験をまとめてメールしてきてくれた。スタートは順調に切れそうだ。後は、継続、継続…。疲れず、飽きず……。も、もちろん、認可申請は忘れずに!……今朝、最後の住民票が届いたことだし……

Photo

散歩中の爆竹の音におびえ、一目散に帰ってきた佐助。側から小一時間離れなかった。頼りにされてるみたい~~~!!!また、ヤル気湧いてきそう~~~~!

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

申請日が決まり、HPのTOPイメージも決まったものの……

NPOの発起人の一人がわざわざ届けてくれたのが、必要だった住民票ではなく印鑑証明だったことが、今日になってわかった。気が付くのが申請に行こうとした日、というのもどうかと思うが、住民票と印鑑証明を間違えるというのも……。いや、長い友人だ。きっと、どちらかが朱に染まって赤くなったのか、元々同類相憐れむ仲だったのだろう。しかし、お蔭で(?)11月11日が“介護の日”だということに気付き、11月11日に申請に行くことになった。怪我の功名と言うべきか、悪運強しと言うべきか…。

一方、HPのデザイン作業は着々と進行。コピー急いでね、とのメールが来た。いいなあ、急かされるって!……て、言ってる場合か!

TOPのイメージ写真の候補は、以下の2点だった。さて、どちらに決まっているのでしょうか……。

Photo_7

Photo

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP制作、NPO設立申請直前打ち合わせ……

あまりにも長期にわたって温めていたせいか、柄にもなく真剣に考え過ぎていたせいか、あるいは始めてもいないのに責任を感じすぎていたせいか…、凝るほど張っていた肩が、ふにゃりと自然体になれてきたような今日この頃だ。「NPO活動は、頑張り過ぎない方がいいよ」と言ってくれた先輩の女性たちの言葉が実感を持って思い出される。

できるだけ今の自分の身の丈のことを…。無理せずに…。と思いつつバスに乗って、HPの“ほぼ最終”打ち合わせに、昨日行ってきた。事務所兼用の齋藤夫婦の自宅に着くと、以前よく仕事の打ち合わせに通っていた時のような、楽しい時間が待っていた。

自分たちでできることから始め、徐々に充実させていこうね、と確認。ちょっとだけ(残念だったが…)ビールを飲んで帰ってきた。

Img_1268
僕が一番信頼しているグラフィック&ウェブ・デザイナーの嫁と、腕利きのパースライターで料理の巧い旦那は、大切な友人であり、仲間だ。

Wild_things

帰りのバスで、二人から誕生日プレゼントにもらったWild Thingsの足元をiphoneで撮った。その時、気付いた。これから移動も多くなるだろうから、機能的なパンツにすれば?って意味もあったんだ~~~、きっと?!

 “昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPOのHP制作、着々……

リハビリと介護のネットコミュニティ…。ちょっと長いけど、活動内容はその名前の通りのNPO法人、いよいよ活動へ…。と言っても、認可申請をしてから2~3か月後の正式スタート。「待ってらんないや」というわけでもないが、月に1~2回はHPを通じてレポート(会う、訪ねる、記録する)したいと思っていることの数々はもう始めなくちゃ。一つの出会いや訪問が次の出会いや訪問のきっかけやヒントになるはずだから。と、まずは、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)の協力者(二人とも、NPOの会員になっていただけるようだ。…有り難い!)に来ていただき、お話を伺った。

Photo

とてもいいお話が聞けた。現場で患者と接している人たちの想いも伝わってきた。楽しい時間だった。……詳細は、11月後半までにはスタートするHPをご覧になってください。

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wild Things

3日、文化の日、午後6時前。ドアフォンが鳴った。Kenちゃん、e-pooh夫婦だった。「吉祥寺にいたんだけど、烏山行きのバスがあるのがわかったんで、じゃ行こうかっていうことになって…」とやってきてくれたのだった。目的は“誕生日プレゼント”を渡すこと。もちろん!僕に!「遅くなってごめんね~~。誕生日月間にも間に合わなかったけど…」と、玄関で紙袋を渡された。ダイニングで、改めてビールで乾杯!「やっぱり、誕生日年間がいいなあ」と言ったが却下された。

プレゼントは、今ちょっと人気のアウトドアブランド“Wild Things”。Kenちゃんは股下を気にする店員に、「ばんばん裾上げして穿くから大丈夫」と言ったらしいが、二人が帰った後穿いてみると、ほら、ぴったり!

Photo

佐助も「旦那~、お似合いですぜ!」と見上げていた。

Photo_2

ロッククライミング用なので、片手でベルトの操作が簡単にできるのがありがたい。なるほど!リハビリ患者には、アウトドアブランドだぜい!最初にKapparが買ってくれたのも、MontBellだったもんなあ……。

Wild Thingsと言えば、映画「メジャーリーグ」でチャーリー・シーンが登場する場面で球場に鳴り響いていたこの曲だ~~

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“何をしたいか”と“何ができるか”

“介護とリハビリ”という難しいテーマが頭の片隅に引っかかってしまってから、6年。正解がなく、頼るべき専門家もいないテーマである上に、それぞれの人の微妙な症状や環境の違いが、容易には取り組めないハードルになっていた。ささやかな共感や感動を共有しようとしても、相互に伝達する手段が見つからない。「やっぱり、ネットだ!」と決めてみたものの、今度はネット環境が気になってくる。利き手が不自由になった人、椅子に座ることが難しい人……、心が孤立しがちな人ほど、実は肉体的なハンディを背負ってもいる……。

タブレット端末の登場は、そんな人たちとネットを近付けてくれる朗報だと思った。 “何をしたいか”が決まっていて、“何ができるか”が見いだせない長い時間の後に、希望が生まれた。

かつて、いくつかの会社のHPの企画・制作やネット通販のシステム作りをした。アクセス・アップの企画やフォローもした。しかし、そこに“介護とリハビリ”の家族に対する視点があったことはなかった。すべての関係者の視野にも入ってさえいなかった。“介護とリハビリ”の家族は、孤立させられていたに等しいのだ。

見えてきた希望を頼りに、“何ができるか”の手探りが始まった。僕自身にはできないことをしてもらう仲間選びと、仲間に負担を掛けすぎないようにする手立てを考えた。すべて、オプティミスティックなシミュレーションに過ぎないが、考えておけば、動ける。

そして、まずは自分ができることをきちんとやろうと、思った。幸いにして、何人かの信頼できる仲間が、“気軽に付き合うよ”と言ってくれている。“週に3人に会う”という目標は膝の痛みで縮小したが、取材活動の目標は縮小していない。極力、友人のカメラマン“寺さん”にも同行してもらうつもりだ。さあ、膝も大丈夫そうだし、また行動開始だ~~~~。とにかく、楽しくやるのだ~~~。

Photo
楽しげな打ち合わせに、ちょっと取り残され気分の佐助。

11
え?!!11月だよねえ!と言いたくなる天気。楽しさの兆しか…?

Pic_1427_2

道端で見つけた“子供ドラゴン(?!)”。よく見ると、尻尾がない。切り離して遁走したのかな?“トカゲの尻尾切り”という言葉を思い出した……。

“昭和少年漂流記” は、11月中旬まで休載します!

(NPOの設立準備のため……)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »