« “介護とリハビリのネットコミュニティ”について……⑩ | トップページ | 安心立命?! »

労働の遺伝子!?

人は大別すると、働き者と怠け者に分けられる。ここにもおそらく、2:8(ニハチ)の法則は適用できるだろう。集団での大掃除の様子を見ていると、セルフ・モチベーションが自然にできている2割の人の動きは、抜きんでて見える。

僕は怠け者である。期待に応えようとする気持ちや役割に対する責任感がなかったら、おそらくのたりのたりと過ごすことだろう。2割の働き者の動きに追随していくタイプと言った方がいいかもしれない。

Kapparは、明らかに働き者の遺伝子を持っている。でなければ、「4日連続のお休み、久しぶりだ~~」と喜びながら、“念願の資料と本の片付け”で1日、“1年半前から気になっていたクッションカバー作り”と“ふと見かけたいい出来栄えの紫蘇でのジュースと「ゆかり」作り”で1日と、半分を労働には費やさないだろう。そして、作業が終わって「気持ちいい~~~」とは言わないだろう。

残念ながら僕は、何もお役にたてないまま、佐助とごろごろしていたのだった。

Photo
しかし、地下では、

Photo_4

Kapparの蔵書の一部と資料が整理されて収まり、2

日後には、

Photo_5
型紙作りからミシン掛けへ。

Photo_6
ヌードクッションを入れて完成。その間干しておいた紫蘇ジュースのを作った後の紫蘇を取り込み、

Photo_7

それは瞬く間に「ゆかり」になっていたのだった!……まだ気になっていることがあるようだが……。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章、連載中!“昭和少年漂流記”

(以降、月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« “介護とリハビリのネットコミュニティ”について……⑩ | トップページ | 安心立命?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働の遺伝子!?:

« “介護とリハビリのネットコミュニティ”について……⑩ | トップページ | 安心立命?! »