« 初台リハビリテーション病院、日差しの中のロビー | トップページ | 売り場から“買い場”へ?! »

木を見て、森を見ず……。

長嶋引退の年だったと思う。新聞のある記事に驚いた。奈良で主婦連の大型スーパー出店反対運動が起きているという記事だったのだが、驚いたのは、その反対理由の一つ。“子供たちの万引きが増える”というもの。ひっくり返りそうになった。嫌な時代になっていくのかなあ、という予感がした。クレーマーのほとんどは、自分に見えてわかりやすく、身近な利害と直結することにしか目が行かないのだろう。

“木を見て、森を見ず”。目の前の木が大きく森の中まで見通せなくても、森を見ようとする意識と想像力は、とても重要だ。…と思うのだが……。

春の予感。玉川上水脇の水仙咲く!

Photo

昨日は、散歩に同行。玉川上水脇の遊歩道を歩いてきた。水仙の一群が、可憐に花開いていた。小学校5年生の時、登校途中で野生の水仙を見つけるのが楽しみだったのを思い出した。島根県益田市の鎌手小学校時代のことだ。

Photo_2

帰ってくるとすぐ、佐助が吐いた。なんだ?これ?拾い食いしたか?

Photo_3

第二章連載中!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 初台リハビリテーション病院、日差しの中のロビー | トップページ | 売り場から“買い場”へ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木を見て、森を見ず……。:

« 初台リハビリテーション病院、日差しの中のロビー | トップページ | 売り場から“買い場”へ?! »