« 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥⑪ | トップページ | 観光地、新三郷ららシティ ① »

脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥⑫

-初台リハビリテーション病院で出会った“リハビリの人たち”-

Sさんの退院予定は、僕に遅れること一週間。Fさんからの情報によると、お母さんと二人暮しのSさんは、お母さんの面倒を見ながらの通院になるだろうとのことだった。しかし、僕は“外来が一杯”と退院後のリハビリ通院がNGになったばかり。幸いにして僕は、Kapparの下調べと下打ち合わせのお陰で、成城リハビリテーション・クリニックへの通院が決まっていたが、初台が通いやすく望ましいと言っていたSさんの退院後のリハビリは心配だった。果たして、タイミングよく外来の枠は空くのか。

お住まいの場所を聞き、近くに安心して通えるリハビリ病院はないものか、まずKapparに調べてもらった。結果は、芳しくなかった。

退院の時、知り合った人たちに順番に挨拶をして回った時、Sさんには電話番号を渡し「初台が一杯で通院できない時は、遠慮なく相談してください」と申し出ると、Sさんは「ありがとうございます。大丈夫ですよ、きっと」と微笑んだ。通院の際の条件は?と尋ねると、バスはノンステップじゃないと乗り降りに自信がない。それぐらいかなあ。とのことだった。

退院後、ノンステップバスの運行状況やSさんの家から行ける範囲にあるリハビリ病院などを調べておいた。が、Sさんからの連絡はなかった。

約一ヵ月後、歯医者のドアを開けると、「あ!K(僕)さんだ~~!」という声が聞こえた。手摺に摑まりながら顔を上げると、Sさんの満面の笑みがあった。初台の外来に空きが出て、無事通院しているとのことだった。ほっとした。Sさんは、やはり自律の人だった。きっとお母さんのこともリハビリも、自分の力でゆっくりと着実にこなしているのだろう、と思った。帰りのバスの中、僕の頬はゆるんだ。

                   

           ‥‥次回は、“新三郷ららシティ」”レポート

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥⑪ | トップページ | 観光地、新三郷ららシティ ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/32068215

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥⑫:

« 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥⑪ | トップページ | 観光地、新三郷ららシティ ① »