« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑥ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥② »

脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥①

「こんなに急に寒くならないで~~」と、天に向かって叫びたいくらいの、いきなりの秋到来。気温の変化に微妙に反応する身体のあちこちの不具合に、涼やかな秋風さえ恨みたい気分の日々が続いた。「徐々に徐々に秋になってくれれば、身体も馴染んでいくのに‥」などと愚痴っていると、大型台風の到来ときた。

台風の到来は、どういうわけか気持ちを高揚させる。危険を孕んだ出来事の予感は、興奮剤として作用するものだ。しかし、脳出血から丸3年の身体には、しんしんとこたえる。週一回のリハビリもサボり、電気ストーブの前で、猫と一緒に丸くなって過ごした。

そして、からりと晴れた三連休!少し歩くと痛み始めるはずの膝も、なぜか快調とあって、さくさくとお散歩をした。踵に体重を掛けることができるようになったことが膝の快調につながったのであろう、と自己判断。それを意識しながら歩いた。買い物もした。荷物も持ち歩いた。

すると、次の日の夜あたりから、じわじわと左腰から左脇に掛けて痛み始めた。そして一昨日の夜には、ほとんど眠れないほどになった。右側にあるものを取ろうとするだけで、痛みが走る。それをいいことにいろいろなことをサボり、転んだ仏像のように動かず一日を過ごした。

そして、飽きた。鎮痛剤を飲み、Kapparが自分の慢性の膝通用に処方してもらってきた塗り薬を擦り込んで、ちびちび動いた。で、少しは良化してきているような気がする今日である。事務所への往復も、もう大丈夫?だろう。

改めて、思った。“脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。”である。

僕は、回復期のリハビリが終わった後のリハビリは、「安全の獲得・維持と痛みの軽減による、QOLの向上」がポイントだと思っている。が、リハビリが持つ意味は人それぞれによって異なると思う。QOLも人それぞれだからである。

思い起こせば、初台リハビリテーション病院で同期だった人たちも、それぞれ異なるニーズや想いを抱えて、リハビリに向き合っていた。 ‥つづく

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑥ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/31782440

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥①:

« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑥ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥② »