« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑤ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥① »

島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑥

小学校2・3年生を、僕は中国山地奥深い島根県邑智郡邑智村沢谷という所で過ごした。昭和32年、沢谷に点在する農家の多くは茅葺の屋根だった。数件の共同作業で行われる茅の葺き替えも目撃した。

再婚間もない親父が借りた陋屋の大家の家は、沢谷にでは富農に属していた。その家は、入り口を入ると土間があり、一方に牛が飼われており、もう一方には広い板の間があった。その中央にある囲炉裏を囲んで、何度かご飯をご馳走になった。「おいいしいから蝿が来るんだよ」という奥さんの言葉を信じて、ご飯の上に次々と覆いかぶさってくる蝿を片手で追い払いながら、急いでご飯を掻き込むのだが、時折牛の鳴き声が聞こえてくると、牛の糞の上を黒く覆っていた蝿の大群を思い出し、途端にご飯が喉を通らなくなったものだった。

涼やかな秋がやってくると、秋風は容赦なく家の中も吹き抜けた。いずこの家を訪ねても大同小異、夕方になるとしんしんと冷え込んだ。冬には、家の中でさえ、氷が張った。

そんな沢谷で、僕が初めてアルミサッシの窓を見たのが、移住して2年目、小学校3年生の時だった。隙間風が入ってこないことに驚いた。その家は、屋根は茅葺、窓はアルミサッシという、外観は奇妙な家だったが、部屋の中は以前とは比較にならないほど快適だった。文化って、こういうことなんだろうなあ、と思った。

しばらく経った頃、友達からこんな話を耳にした。

都会からやってきた親戚の青年が、「茅葺の屋根っていいなあ。アルミサッシなんかにせず、そのまま残すべきだと思うけどなあ」と言ったというのだ。友達は戸惑っていた。「不便なのにねえ」と苦笑いをしていた。浜田市からやってきた時、僕にも茅葺の家が印象深かったのを思い出した。しかし、それから約1年半。茅を葺く作業を目撃し、厳しい冬を経験した僕にとって、茅葺の屋根は“のどかな田舎の風景”を象徴するものから、“苛酷な生活環境”を象徴するものに変わっていた。

やがて長じて、学生時代を過ごした京都で古きよきものに触れ、社会人となった東京で近代的なるものに次々と変貌していく街に浸り、茅葺屋根を残すことと茅葺屋根を根こそぎ変えてしまうことの双方に一長一短があることに気付いていった。

暮らしの中にある身近なものの希少性に、人は気付きにくいものだ。不満の解消をする時その希少性をも失ってしまっていることに気付くことになるのだが、それは概して随分後になってからのことが多い。

“後の祭り”を避けるためには、目の前の不満を解消する時にも、ビジョンを持つことだと思う。多くの人が関わることであれば尚更である。しっかりと情報を交換し、ビジョンを共有すべく語り合うべきだと思われる。利害の不一致を超えることができない場合であっても、語り合っておくことは大切だ。どんなビジョンにも影は付きまとう。それも語り合うのが、“ビジョン・コミュニケーション”だと思うのだ。

*バブルの時代、アンティーク家具が流行った。随分と高価なものが飛ぶように売れていた。その頃のことである。

まだ共産圏だった東欧諸国にアンティーク家具の仕入れに行く“商売人”たちがいた。彼らの手口は、こうだった。

彼らは、古い農家を次々と訪問する。めぼしいものを見つけた農家で、小脇にしていたIKEAのような北欧家具のカタログを開いてみせる。そして、こう問いかける。「全部、このカタログにあるような家具と交換しませんか?」。

ほとんどの場合、大歓迎される。そうして手に入れた古い家具を手直しして販売。“商売人”たちは荒稼ぎをする。“わらしべ長者”のような商売である。

お互いが喜ぶ、いい物々交換のようにも見えるが、北欧型の家具が東欧の農家の住環境に適さないことは、やがてそれを手にした人たちが痛感することになるのである。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑤ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥① »

コメント

実は先々週、初めて島根県へ行ってきました。
なんとそれが益田で、泊ったのが駅前のちょっと周りの景色とは不釣り合い?な立派なホテル「グリーンモーリス」!(^^ゞ
夜一人で周辺を散歩しながら、商店街はないけど、しっかり飲み屋街はあるなあ…と思っておりました。
これから訳あって、益田をちょくちょく訪問することになりそうなので、情報交換させてください!
続きは、週末の宴会にお邪魔した時に…(^_^)v

投稿: 青山の洋さん | 2009年10月20日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/31754740

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑥:

« 島根県益田市、故郷はどこへ?!‥⑤ | トップページ | 脳卒中それぞれ。リハビリそれぞれ。‥① »