« 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥① | トップページ | 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥③ »

脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥②

脳卒中の死亡者数は減少したが、生き残った人たちの問題が浮上してくる。

比較的高齢者が多いとはいえ、脳卒中発症者の5年以内の再発率30~40%、7年後の生存率は50%である(もちろん、脳卒中発症は生活習慣に起因していることがほとんどなのに、病後に生活習慣が戻ってしまう患者が多いのも大きな要因だが‥)。しかも、ほとんどの場合、なんらかの後遺症を抱えることになる。生活改善をしつつ、継続的に通院もしなくてはならない。となれば、支える家族の負担は大きい。

一方、現在寝たきり介護を受けている人約40万人の、寝たきりとなった原因の約30%が脳卒中。介護による家族の負担は、経済的にも肉体的にも計り知れないほど大きく、社会的な問題としても深刻さを増している。

介護保険は、国民皆保険を標榜してきた日本の保険制度が危機に瀕していることを意識しつつ、介護の負担を新たな保険制度で補っていこうとスタートしたものだと思われるが、介護の負担を軽減する近道は、“要介護”の人をできるだけ減らす、ということにもある。

そこで重視されることになったのが、“回復期リハビリテーション”なのだと、僕は思う。

そして、だからこそ、回復期リハビリテーション”においては、“歩けるようになること”が重視される。つまり、寝たきりからの脱却である。(‥もちろん、それでいいのだが‥)

しかし、多くの問題を内包したまま、回復期リハビリテーション重視の医療体制は組まれていったような気がしてならない。

前提条件として、回復期リハビリテーションは、地域医療の充実と両輪で行われるべきことである。なぜなら、歩けるようになることだけでは本質的な問題解決にはならず、患者本人は継続的な通院ないしは在宅リハビリテーションを必要とするケースがほとんどで、地域医療のお世話にならざるをえないからである。

地域医療が充実しているとは言いがたい状況下で、回復期リハビリテーションの重視と地域医療の充実という二つの大きな問題を同時進行で解決していこう、とする方針には、素人の僕でさえ大いなる無理を感じる。

さらに、リハビリテーションの現場(患者にとっては、これが最も重要なのだが‥)が、いかにも急ごしらえにならざるを得なかったことも、問題点として挙げられるだろう。

リハビリテーションを必要とする人は、脳卒中発症者のみではない。あらゆる診療科からやってくる。したがって、リハビリテーション科は、それらすべての人を受け止めざるを得ない。であるにもかかわらず、日本のリハビリテーション科の歴史は浅く、専門医の数も不足している。回復期リハビリテーション病棟の運営には、本来専門医の存在が不可欠だが、中には専門医不在の病棟もあると聞くくらいだ。

何しろ、2002年度で、全国に800名強。その後、急激に増えたとはいえ、現在約2000名のリハビリ医では、全国150万人(しかも、増え続けている)の脳卒中患者だけでも手に余るはず。しかも、リハビリ医の多くは、リハビリ医のニーズが高まってから試験を受け資格を取ったというもの。リハビリテーションの現場経験を積んできた医者とは言い難い。リハビリ・マインド(患者と向き合い、その生活ニーズにまで踏み込んでいこうとする意識)に富んだ人ばかりとは思えないのである。‥‥リハビリ医の中にも、そのことを問題視している人がいる。

入れ物(専門病棟)はできていくが、中身は覚束ない、ということになっていかざるをえない状況とも言えるのである。したがって、リハビリテーションの現場は、どうしても療法士にお任せになっていく。致し方のないことである。なにしろ、日本は“リハビリテーション創成期”である。

ところが、ここにも大きな問題が横たわっている。  ‥‥つづく

*リハビリ医になった医者の多くは、元々別の診療科の医者だったようだ。ということは、リハビリ医が増えた分だけ他の診療科の現場から医者が消えていることになる。

自分の時間がもてない、医療過誤問題で訴訟に巻き込まれることが増えている、人の命に関わり続けることのストレスが大きい、など、真面目な医者ほど厳しい環境におかれていることを考え合わせると、自由度が高く緊急性も低いリハビリテーション科に移りたいとする医者が多くなることは頷ける。しかし、それはそれで、患者の側も配慮を欠かさないようにしなければならない問題だ、と僕は思う。医者にも暮らしはあるのだから‥。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥① | トップページ | 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥③ »

コメント

記事を掲載させていただきました。よろしくお願いいたします。
恋人は甲状腺
http://blog.goo.ne.jp/kazeni56/

投稿: kajihara | 2009年8月28日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/31113687

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥②:

» 医療保険の価格や制度の紹介 [医療保険の価格や制度の紹介]
現在、医療保険にもいろいろな会社が出現し、情報の選りすぐりが難しくなってきています。会社や制度を勉強しておけば、いざという時に情報に惑わされることなく、自分に合った医療保険を選ぶことができるようになります。 [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 19時43分

» 脳梗塞の治療や後遺症の情報ブログ更新情報 [脳梗塞の治療や後遺症の情報ブログ更新情報 ]
こんにちは、今年で46歳になる男性サラリーマンです。中年になって、過去に胃がんの闘病で苦労されていた方々を思い出しました。父親、おば、職場の上司など、意外に身近なところで胃がんになり、手術を受けた人がいます。そのような背景から少なからず、胃がんの症状や術後の経過などを調べるようになってきました。本ブログは、胃がんに関するブログ記事の更新情報を掲載するようにしています。胃がんに関して情報を発信している方たちの生の声をタイムリーに見て取ることができると思います。どうぞ、ご利用くださいませ。 詳細プロフィ... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 02時39分

» 加圧リハビリテーション [加圧リハビリテーション]
加圧リハビリテーション加圧リハビリテーションってもうチェックされましたか?わたしの周りで話題になっている、かなり優れもののアイテムです。リハビリテーションとはもともと、脳卒中など神経疾患の後遺症、老年痴呆などで障害を持った人が生活していくために行われるものです。もともとは、戦傷者を対象として発祥しました。この加圧リハビリテーションを知らないのはとても勿体無いと思います。と言いつつ、わたしも最近知ったばかりなんですが・・・。加圧リハビリテーションってどんなものなんだろう、と軽い...... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 03時12分

» 介護保険と介護の情報 [介護保険と介護の情報]
介護とは?介護とは、日常生活に支障のある高齢者や病人、障害者等の、生活上の世話、支援をすることです。介護福祉士や、ケアワーカー、ケアマネージャー(介護支援専門員)ホームヘルパー等も、最近注目の職業・資格として、耳にすることも多くなりました。... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 03時26分

» 生活習慣病 [生活習慣病]
生活習慣病の原因、恐ろしさ、予防法などを紹介したブログです。生活習慣は成人病と呼ばれていましたが、確実に低年齢化が進んでいる怖い病気です。 [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 13時23分

« 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥① | トップページ | 脳卒中(脳出血、脳梗塞)患者は、いかにしてリハビリテーション病院を選ぶか?!‥‥厳しい選択‥③ »