« 徹子の部屋で、野坂昭如夫人を観た。 | トップページ | 「しない」と「できない」の狭間 »

新しいことは、地方から-NHK、もっと頑張ってね~!

仕事に必要だからと、自宅のネット環境をCATVにして以来、とんと民放を観なくなった。観ると言えば、FOX、WOWOW、ミステリー・チャンネル、ヒストリー・チャンネルなど。しかも一週間分予約録画というスタイルなので、民放が流れているのは、さして観る意識もない“テレビ点けっ放し”の時だけ。予約録画のリストにも入らない。予約録画する地上波は、NHKのみとなっている。

ところが、予約しようと番組表を眺めていると、NHKの番組にはなかなかいいものが多いことに改めて気付いた。一斉同報的な民放各局のニュースや東京中心の単発情報ネタとは異なり、地に足の付いた、しっかりとした取材で構成されている番組が多い。スポンサーに気遣う必要はないのでニュートラルな視点を保つことができ、以前ほどではないが予算も必要な程度は確保されているので時間をかけることができる。なにしろ、全国に支局があるので、本質に肉薄する実感的な番組制作ができる。世界中に支局もあるので、世界情勢にも独自の取材態勢が組める。

視聴率(少ない標本、録画視聴はカウントせず、チャンネル権保有者分析もない、など問題が多い)に振り回され、話題になってから追いかけることで効率を追求。にもかかわらず、“おもしろさ”や“インパクト”を偏重するため、つまみ食い取材しかできない。

そんな民放キー局よりも、いい番組が作れるのも当然と言えば、当然か。

BBCのような高潔で粘り強い取材にも、政治的圧力に臆することなく、注力してもらいたいものだ。

先週、そんな“地方と海外に強いNHK”に、新しいことはやっぱり地方から起きているんだ!と改めて感じさせてもらった。

1.木内博一氏‥‥農業経営で注目されている人。経営者というよりも、志を一つにする仲間のリーダー。現場主義者でありながら、アイデアマン。決断が早く、行動力もある。スタートも早いが引き際の見極めもいい。先を見てリスクをいとわない。そのための準備も怠りない。

素晴らしいのは、彼を動かしているのが、功名心や自己の欲望ではないこと。農業への愛情と疑問、それに携わる家族や友人の労苦に報いてあげたいという強い想い。生産の現場を変えることができる人は、こういう人に違いない。注目と応援を忘れないようにしたい。

参考:http://www.farm-biz.co.jp/013manage_column/man020wagou/

2.益田ドライビングスクール‥‥僕の田舎、島根県益田市にある自動車教習所。若年人口が減少している上に免許取得を望まない層が増えているため、自動車運転教習所の倒産が相次いでいる中、年間卒業生数全国6位の実績を、人口5万人強の地方都市益田で残しているユニークな教習所。雇用確保を経営者の責務の第一義に挙げる社長の哲学とアイデアが、従業員と生徒双方のモチベーションにつながっている。

  参考:http://www.sanin-chuo.co.jp/tokushu/modules/news/article.php?storyid=158672151

徳川政権から薩長土肥政権に代わり、江戸・難波・京都の3極型から東京1極集中

型になって、約150年。地方から変わっていく予感が現実のものになるのは、い

つのことだろう。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 徹子の部屋で、野坂昭如夫人を観た。 | トップページ | 「しない」と「できない」の狭間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/30022876

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいことは、地方から-NHK、もっと頑張ってね~!:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
益田市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 08時52分

« 徹子の部屋で、野坂昭如夫人を観た。 | トップページ | 「しない」と「できない」の狭間 »