« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

CVS(コンビニエンスストア)物語―ビジネスモデルの変遷 ①

記憶に頼った話だが、仕事等を通じて知った範囲内で、CVS(コンビニエンスストア)のビジネスモデルの変遷を顧みてみよう。

CVS(コンビニエンスストア)の第一号店が、どこにいつ誕生したのか、はっきりとした記憶はない。1970年代前半であったように思う。

VANの販促にいた僕は、新しい業態が誕生したこと、完全なセルフ・セレクション型だということ、住宅街に誕生したことなどを知り、“嫌な話だなあ”と言ったことだけは覚えている。

しかし、翌々年VANが倒産する頃には、CVSのオーナーにならないか?といった告知を散見するようになっていた。フランチャイズ・ビジネスが注目され、フランチャイズ・チェーンの仕組みと種類、成功の秘訣といった類の書籍も数多く出版されていた時期だったように思う。

ぼんやりとフリーになっていた僕にも、どういう縁か、ドーナツのフランチャイズ・チェーンの企画やフランチャイズ契約書の原案制作という仕事が舞い込み、2~3日缶詰になった記憶がある。

その頃からしばらくの間は、7~11(この店舗名は、業態の性格とメリットを明確に表しており、評価が高かった。やがて名前もシステムもイトーヨーカドーが輸入したものと知り、納得がいった)のフランチャイジー資格は、厳格に定められていたと思う。

特に厳しかったのは、家族経営が基本で、従業員を雇用してはならない、という条件。朝7時から午後11時までの営業ということは、開店準備から後片付けまでを考慮すると、労働時間は、ほぼ5~25(20時間)。家族で分担するとはいえ、朝5時から深夜1時までの労働を365日続けるのは容易なことではない。

この条件に違反して解約、この条件がキツクて脱退、といった話を、やがてよく耳にするようになった。

では、当初なぜそのような条件設定があったのか。それに関しては、以下のように分析できるだろう。

CVSは、言葉を換えると「ほぼいつも開いている“万屋”」。取扱商品は日用品から食料品。大型スーパーが大店法規制により出店できない住宅地や市街地に立地(大手スーパーがCVS事業に進出していった大きな理由は、大手スーパーが郊外型になることによってできる“商売の空白地域”を埋めることにあった)。となると、限定された商圏、単価の低い商品と、売り上げを大きく期待できない条件下でのショップ経営、ということにならざるをえない。その中で、フランチャイズ展開成功の秘訣“スタート時の成功事例作り”の鉄則からすると、条件は定まっていく。

ショップ経営が可能な商圏は半径500m。したがって、本部は1商圏1店舗の原則を守り同一チェーンの競合によるカニバリかkky()ズムは回避する。ただ、フランチャイジーの側も経費の増大を回避するために、従業員の雇用はしないこと。

つまり、家族全員の総収入としては豊かなものを約束できる業態でありチェーンだが、それはあくまでも労働に対する対価と考えていただきたい。ショップ・オーナーは、マネージャーではなく、あくまでもプレイイング・マネージャーなのである。という考え方。

そんなに稼げるビジネスではありません、と正確に認識することからスタートしていたのである。

そしてそれは、当初うまくいっていたように思える。良き時代である。しかし、事態は変わっていく。‥‥つづく

60sFACTORYプロデューサー(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しない」と「できない」の狭間

脳卒中のリハビリの難しさは、「しない」と「できない」の狭間にあると思う。

セラピスト(療法士)の言葉で最も辛く、疑問だったのは「なぜ、できないかなあ」という台詞だった。

初台リハビリテーション病院の理学療法では、この台詞を数回耳にした。「お尻の筋肉に力を入れればいいんですよ。ここ!ここで!」「膝をこの状態で止められないかなあ」といった表現に、「それができればねえ」とか「それがうまくいかないんですよねえ」などと応えていたが、三度目の同様の言葉にはさすがに少々怒りを感じ、「おっしゃることができるんだったら、リハビリしてないいですよ」と、やや声を荒げてしまった。

現在主流の運動療法が正しいとは限らない、というのは通説になりつつある。脳細胞のダメージをいかに補填していくか、正解はまだない。

寝たきりになるのを避けることが主眼だった運動療法に対する疑問や反省を現場まで浸透させていくことが、運動療法も進化させていくことになると思うのだが‥‥。

そう言えば、「筋力強化で動くようになるんですかねえ、動かない筋肉の強化というのもねえ」と、口に出して様子を伺ってみた時、「他に方法ありますか?」と強い調子で問い返されたこともある。

そりゃないぜ!

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいことは、地方から-NHK、もっと頑張ってね~!

仕事に必要だからと、自宅のネット環境をCATVにして以来、とんと民放を観なくなった。観ると言えば、FOX、WOWOW、ミステリー・チャンネル、ヒストリー・チャンネルなど。しかも一週間分予約録画というスタイルなので、民放が流れているのは、さして観る意識もない“テレビ点けっ放し”の時だけ。予約録画のリストにも入らない。予約録画する地上波は、NHKのみとなっている。

ところが、予約しようと番組表を眺めていると、NHKの番組にはなかなかいいものが多いことに改めて気付いた。一斉同報的な民放各局のニュースや東京中心の単発情報ネタとは異なり、地に足の付いた、しっかりとした取材で構成されている番組が多い。スポンサーに気遣う必要はないのでニュートラルな視点を保つことができ、以前ほどではないが予算も必要な程度は確保されているので時間をかけることができる。なにしろ、全国に支局があるので、本質に肉薄する実感的な番組制作ができる。世界中に支局もあるので、世界情勢にも独自の取材態勢が組める。

視聴率(少ない標本、録画視聴はカウントせず、チャンネル権保有者分析もない、など問題が多い)に振り回され、話題になってから追いかけることで効率を追求。にもかかわらず、“おもしろさ”や“インパクト”を偏重するため、つまみ食い取材しかできない。

そんな民放キー局よりも、いい番組が作れるのも当然と言えば、当然か。

BBCのような高潔で粘り強い取材にも、政治的圧力に臆することなく、注力してもらいたいものだ。

先週、そんな“地方と海外に強いNHK”に、新しいことはやっぱり地方から起きているんだ!と改めて感じさせてもらった。

1.木内博一氏‥‥農業経営で注目されている人。経営者というよりも、志を一つにする仲間のリーダー。現場主義者でありながら、アイデアマン。決断が早く、行動力もある。スタートも早いが引き際の見極めもいい。先を見てリスクをいとわない。そのための準備も怠りない。

素晴らしいのは、彼を動かしているのが、功名心や自己の欲望ではないこと。農業への愛情と疑問、それに携わる家族や友人の労苦に報いてあげたいという強い想い。生産の現場を変えることができる人は、こういう人に違いない。注目と応援を忘れないようにしたい。

参考:http://www.farm-biz.co.jp/013manage_column/man020wagou/

2.益田ドライビングスクール‥‥僕の田舎、島根県益田市にある自動車教習所。若年人口が減少している上に免許取得を望まない層が増えているため、自動車運転教習所の倒産が相次いでいる中、年間卒業生数全国6位の実績を、人口5万人強の地方都市益田で残しているユニークな教習所。雇用確保を経営者の責務の第一義に挙げる社長の哲学とアイデアが、従業員と生徒双方のモチベーションにつながっている。

  参考:http://www.sanin-chuo.co.jp/tokushu/modules/news/article.php?storyid=158672151

徳川政権から薩長土肥政権に代わり、江戸・難波・京都の3極型から東京1極集中

型になって、約150年。地方から変わっていく予感が現実のものになるのは、い

つのことだろう。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

徹子の部屋で、野坂昭如夫人を観た。

初台リハビリテーション病院には著名人の方々が多い。と聞いていたが、長嶋茂雄さんと野坂昭如さんをお見かけした時は、リハビリのためにお越しになっているのに、不謹慎ながらちょっとうれしかった。

長嶋茂雄さんは、小学校低学年の時からの僕のアイドル。野坂昭如さんは、好きな作家の一人で学生時代にはよく読んだ。

野坂さんは、無頼を装いつつシャイでお茶目。正義感の強い、真っ当な価値観と価値基準を持った人だと、僕は思っている。

リハビリ生活の一端を女性誌で読み、微笑ましく思っていたので、徹子の部屋を観てしまった(お昼の時間帯なのに‥)。

やはり、微笑ましかったが、一点気になった。

「病院から、一日100回“立ち上がり”をしなさい、と言われている。筋肉をつけないとねえ‥」とおっしゃっていた点だ。

それはまさに、脳卒中発症者のリハビリで誤解されかねないことだからである。

初台リハビリテーション病院では、筋肉の鍛錬が多い。それは、早く“歩けるようになる”ためには大切なことだが、脳からの指令が途絶えているために思うように動かせない筋肉は如何ともし難い。僕は毎日運動していたのに、二ヵ月後の退院時、麻痺していた左側の腹筋の筋力は20%くらい落ちていた。

筋トレが解決してくれるとは限らないのである。

心配なのは、“もっと頑張らなくては!”と思う気持ちがストレスになることであり、真面目にやり過ぎてオーバーユースになることだ。

野坂さんがそれだけ頑張ってるんだから、私も‥‥。と思った方々がもし、この一文に出会われたら、お伝えしたいのは、次のことである。

野坂さんは、“立ち上がり”の数を誤魔化しながら楽しんでもいらっしゃるようだ、ということと、とにかく頑張り過ぎないこと。

リハビリも、楽しみましょう!と、声を大にして言いたい!

ただ鍛えるために歩くよりも、楽しいことに向かって歩いていった方が、僕はいいと思いますが‥‥。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと出た!セブンイレブンジャパンへの排除命令

日々廃棄処分されているコンビニ弁当。その年間総額は、2000億円は下らない言われている。

ところが、コンビニ弁当、賞味期限直前の値引き販売は行われていない。“どうせ捨てるんだったら、賞味期限前に値引きして売ってしまえばいいのに!”と思うのが普通だが、それは一切行われず、賞味期限の一時間前には店頭からバックヤードへ移され、廃棄処分となる。バックヤードに移された弁当は、バイトの店員が食べたり持ち帰ったりすることも、原則として禁じられているようだ。

値引き販売が行われていないのは、フランチャイザーがフランチャイジーを厳しく規制しているから。

フランチャイザー(セブンイレブンジャパン‥‥本部)の言い分は、値引きしたものしか売れなくなる、“食品事故が起きてはいけないから、値引き合戦が始まりかねない、値引きしている時間帯に売り上げが集中しかねない、‥‥‥”といったものだが、実はもう一つ大きな理由がある。フランチャイジー(セブンイレブン各店)から支払われるロイヤリティは、廃棄処分にした方がフランチャイザーにとって“お得”になるような計算方式になっているのである。

それは、フランチャイジーの損失と裏腹の関係にあるため、フランチャイジーからの“見切り販売をさせてほしい!”という声は随分以前から上がってきていた。廃棄処分している弁当に関連するロイヤリティでセブンイレブンジャパンが得ている、年間200~300億円位と思われる利益は不当であり、フランチャイジーに返還すべきものである、との訴訟は6~7年前に行われ、確かセブンイレブンジャパンが敗訴しているはず。地方での出来事だからか、巨大な広告主だからか、ほとんど報道もされていないが、それほど古くて根深い問題なのだ。

*参考ブログ http://pub.ne.jp/bbgmgt/?entry_id=2136229

             http://www.dreamgate.gr.jp/fastnavi/legal/column/20090301/ 

フェアトレードよりも利益が優先されるようになってしまい、客が多く利益を多く出していることが優れた経営であるとの考えが定着してしまったかのような昨今。消費者の利益や満足を優先し、社員とその家族、さらには関連企業の幸せにまで配慮する、“徳のある経営”はもう望むべくもないのだろうか。

近代経営、アメリカ型経営、グローバリズム、新たなビジネスモデル‥‥‥。そんなことには、とっくに辟易としているのだが‥‥。

静かに、ささやかに、“正しかるべきこと”をやっていくしかないのであろう。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »