« 働き者Kapparと“一期一会カレーうどん” | トップページ | 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” »

障害者のための社会インフラ整備は‥‥

春!!やっと訪れてくれた、待ちに待った季節!!

「春なんだよね。もうきっと、春なんだよね。そう思っていいんだよね」。暖かくなると、“油断するなよ、まだ春じゃないんだぞ~~”と言われているような戻り冬がやってくる、を繰り返していた日々に、朝からの陽射しにも疑いの目を向けてしまう‥‥。

3月17日。快晴。国立西洋美術館に出かけよう、と決めていた。「ルーブル展」が開催中なのだ。

新年会以降500メートルが限界になっている膝の痛みも、少しは良化しているような気がする。痛いのはむしろ、観覧料大人1人1500円。‥‥と思っていたら、ネットで確認して見ると、心身障害者と付き添い者1名は無料と判明。これは行かずばなるまい、と気合が入った。

連日“仕事漬け”だったKapparも、エアポケットの一日。付き添えるということになったので、二人合わせて3000円のお得!目の保養に懐の保養まで加わって、心に春が届いた気分。バス・電車を乗り継ぐ上野までの1時間半の行程も、のんびりのどかに楽しんだ。

上野到着が、お昼。平日とあって中・高年が目立ったが、杖を片手の障害者も散見される。中には、車椅子の人も‥。春、ルーブル&無料の三点セットにモチベーションされた人が多いのだろう。どうしても澱みがちになりやすい障害者の暮らしには、うれしい三点セットに違いない。

観覧を始めると、展示がB1~B3の三層に分類されていることがわかった。「大丈夫?車椅子借りようか?貸し出しサービスがあるみたいだよ」と言うKapparに「大丈夫だよ」と微笑んでみせたものの、ユニバーサル・デザイン化が著しく遅れているJRの構内で、階段の上り下りに繰り返し利用した膝は、レッドゾーン手前。階段はちょっとなあ、という状態だった。

車椅子でも階段は無理だから、と膝に言い聞かせ観覧をスタート。と、係員がつつっと近付いてくる。丁寧にエレベーターに誘導される。健常者(この言葉、以前から好きではないが‥)は利用不可にしてあるようだ。

降りるとまた誘導を受ける。そしてまた‥‥。ショートカットさせてくれた場所さえあった。

助かった。帰りの上野駅で危うく転ぶところだったが、それ以外は快適に過ごし楽しむことができた。

帰りの電車の中で僕は思った。社会の設備や配慮の充実は、顕在化していることに向けられるものなんだなあ、と。

JRの遅れは、障害者が大量の乗降客に紛れて見えないからに違いない。声の大きなクレーマーは、その声によって顕在化してみせるが、障害者は、全般的に静かだ。何もできない人間は強い自己主張をすべきではない、という思いがあるからだ。

“陰徳”という言葉が死後同然になってしまった現在、silentではあるがmajorityでもあるんだ、という形で存在を顕在化させていくべきなのだろう。

暖かくなってきた。杖を突き、車椅子を操縦し、楽しむために街に出る。

それが、障害者のためのインフラ整備を前進させる近道だ。‥‥そう、思いながら痛む膝をひきずりながら、コタツっ子に戻ったのだった。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 働き者Kapparと“一期一会カレーうどん” | トップページ | 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” »

コメント

お久し振りでーす。

国立西洋美術館の「ルーブル展」、いいですねぇ~。
上野ですよね、色々と周りの地図を頭の中で思い出しながら、行けるかなぁ、と自問してみました。

うーん、やっぱり、まだ無理!

膝の痛みをかかえながらの、Kakkyさんは、すごい!!
優しい、Kapparさんが、いればこそですね。

暖かくなったら、色々と出掛けたいです。
でも、今日のお天気は下り坂ですね.....部屋でゆっくりします。
okironでした。

投稿: okiron | 2009年3月22日 (日) 08時24分

okironさん

国立西洋美術館は、上野駅の一番近い出口からだと、100メートルくらいです。
車椅子で来ている方も二人見かけました。
無理はなさらない方がいいでしょうが、また暖かくなった時に、身体の調子をみながらお出かけになれば、気持ちいい時間が過ごせるかもしれませんよ。

膝痛は、天候とも関係があるようで、桜の開花宣言があった前後は、少し良くなっていました。

早く、きちんとした春になって欲しいですね。

投稿: Kakky | 2009年3月25日 (水) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/28676571

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者のための社会インフラ整備は‥‥:

« 働き者Kapparと“一期一会カレーうどん” | トップページ | 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” »