« 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” | トップページ | 春爛漫、終わりが近付くリハビリと日常‥‥① »

島根県益田市からの訃報‥①

日曜日、田舎で母親の面倒を見ながら暮らす従姉妹から、電話が入った。声を聞くのは、親父の葬式以来。約7年ぶりだ。懐かしい声からは、訃報が告げられた。

叔母がなくなった。島根県益田市で川瀬クリニックという病院を営んでいる従兄弟の母親。肝臓癌によるものだった。

奇しくも、親父と同じC型肝炎に起因する肝臓癌だったとのこと。僕の母方の叔母で、親父も僕も血のつながりはないというのに、不思議な因縁だ。

従兄弟に電話でお悔やみを言い、僕の病気のことを初めて告げる。医者らしい冷静な対応だった。4月末、親父の命日に帰省する旨を告げ、再開を約束した。7年前、深夜まで飲んで以来の再会となる。

電話を切って、時の流れを痛感した。届く知らせに訃報が多くなっている。それぞれの人との思い出を手繰っていると、やがては、己の生き様への自問に行き着く。

巧みに生きるのではなく、よく生きよう。楽しむのではなく、楽しませよう。欲望を満たすではなく、制御しよう。‥‥。などと思い続けていたはずだが、手繰り寄せた思い出は、恥ずかしさに赤く染まっていることが多い。

脳出血とその後遺症によって失ったものは多く、そのほとんどは、得てさえいなかったものだと気付いた今、もう一度“そぎ落とす努力”をしようと、改めて思う。

“晩年を生きる”ということは、 “自己と向き合う生き方”のようだ。年齢とは無縁かもしれない。

4月末、従兄弟(澄川学ちゃん)と酒を酌み交わす時、穏やかに叔母の死を語り合えるといいのだが‥。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” | トップページ | 春爛漫、終わりが近付くリハビリと日常‥‥① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/28891170

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県益田市からの訃報‥①:

« 地方発ビジネスの成功例②‥‥“ゆうき丸” | トップページ | 春爛漫、終わりが近付くリハビリと日常‥‥① »