« 情報不足?!脳卒中という病気とその後。② | トップページ | 百貨店、GMSとネットスーパー‥‥「カネの流れ」① »

情報不足?!脳卒中とその後。③‥障害者基礎年金

突然事故に見舞われたように襲ってくる脳卒中。

いきなり襲われるのは肉体だけではない。会社員や公務員ではない限り、経済的困窮にも襲われる。

無論、会社員であるからといって安穏とはしていられない。会社は、病に倒れた人材を、そんなに長くは待ってくれない。無事退院し、多少の後遺症を抱えつつ復帰しても、仕事の現場では同情など瞬く間に掻き消え、“不必要”“邪魔”といった空気が漂い始める。社内制度で保障される期間を過ぎれば、苦しい判断を迫られることになる。組織というものは、突然できた穴は、たとえそれが大きなものであっても、自然に埋め尽くし補正してしまうものだ。

懸命のリハビリで脳梗塞から復活!などというニュースや美談をよく耳や目にする。マスコミは、ハッピーエンドや奇跡や美談しか扱わない。が、その陰に隠れた多くの厳しい現実の方が、はるかに“現実”だ。

ダメージを受けた脳細胞の場所と量によって、脳卒中の症状は変わる。完全な社会復帰は、症状が軽い場合に限定される。多くの脳卒中患者は、後遺症に苦しみながら、病後の生活を送っている。そして、経済的な問題は、病後も形を変えて続くのである。

入・退院とリハビリ、そして、ままならない社会復帰と病後の暮らし‥‥。それを支えていくためには、いくらくらいの蓄えがあればいいのか‥‥。

脳卒中発症者とその家族の、暮らしの根幹に関わる情報は、世の中にはない。あまりにも“生っぽい”せいか、マスコミは取り上げない。ベストセラーになる種類のものではないので、不況にあえぐ出版社がノウハウ本を発行することもない。

僕自身、麻痺が残る左半身の、日常的にざわざわとする不快感や雨や寒さに影響されて起きる痛みよりも、その暮らしの根幹に関わる問題の方が気になり続けていた。

そして、脳内出血発症から2年と少々。靄が少し晴れてきた。なんとか暮らしていけそうな気がしてきた。

発症以前はもちろん、発症後も、その存在さえ知らなかった「障害者基礎年金」、「障害者手当」。友人の尽力のお陰で、その二つが支払われることになったのだ。

僕は、痛感した。病気とその後の生活に関わる費用について、いかに知識不足だったか。各種保険、社会保障制度にいかに無知だったか。

知っておくべき事柄である。知っておけば、精神的ストレスは間違いなく軽減される。そして何よりも、経済的に大いに救われる。

‥‥。このことについて、もう少し触れてみたい。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 情報不足?!脳卒中という病気とその後。② | トップページ | 百貨店、GMSとネットスーパー‥‥「カネの流れ」① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/25706614

この記事へのトラックバック一覧です: 情報不足?!脳卒中とその後。③‥障害者基礎年金:

» 脳卒中 [脳卒中]
脳卒中に関する基本的な情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 17時02分

« 情報不足?!脳卒中という病気とその後。② | トップページ | 百貨店、GMSとネットスーパー‥‥「カネの流れ」① »