« 秋の宴会!VAN、IVY、家庭教師、リハビリ‥‥。 | トップページ | 情報不足?!脳卒中という病気とその後。① »

スーパー、東西の戦い。大将(経営者)の差異。

ダイエー、イトーヨーカドー、ジャスコ(イオン・グループ)を、競合するGMSチェーンとしてみるならば、その優勝劣敗は決着が付きつつあるように思えるが、それはそれぞれの出自、すなわち経営者の志向性に因るところが大きいと思われる。

またそれは、中内氏、伊藤氏、岡田氏、それぞれの性格と、いかにして巨大企業の経営者へと成長していったか、ということと決して無縁ではないように思われる。

一言で表現するならば、

中内氏は、安売り王を追及している間にスーパーという業態を学んでいった経営者。

伊藤氏は、スーパーという業態を学んでから、スーパーの効率経営に乗り出した経営者。

そして、岡田氏は、アメリカ型の金融資本主義型企業経営を学んでから、スーパーを核とした企業グループの運営に乗り出した経営者。

と言える。それぞれの性格と志向性の差異がはっきりと窺える。

中内氏は、言わば“たたき上げ”。伊藤氏は、“職人”。岡田氏は、“プロデューサー”といった表現で評することもできるかもしれない。

中内氏の上昇志向は、東京進出、デパート経営を最初の大きなゴールとしていたと思えるが、東京本社、銀座プランタンの二つがそのゴールであり、かつ崩壊のスタートでもあったのは、いかにも“たたき上げ”を象徴するかのような皮肉な結果である。京の都を手中に収めた時から滅亡のカウントダウンが始まる権力者に似ていなくもない。

伊藤氏は、単品管理という手法(当たり前の手法だが、その徹底振りには驚嘆せざるを得ない)によりスーパーの効率経営に成功するが、そのノウハウはむしろコンビニエンスストアの経営に適していたとも言える。その結果、子会社であったはずのセブン・イレブンの売り上げがイトーヨーカドーのそれを上回ることとなった。そして今や、出店が一巡したために近年売り上げが頭打ちだったセブン・イレブンは、セブン銀行の拠点、医薬部外品の販売開始、タバコと“気兼ねついで購入”といった追い風もあって、単品管理の弊害を克服できないまま低迷を続けるイトーヨーカドーに替わって、IYグループの主役になろうとしている。生活者にいかに近づいていくかが、流通の生き残り戦略の核となることを証明するかのような事態である。

岡田氏は、2代目。創業者ではなかったように記憶している。そのことが、安売りやスーパーという業態にのめり込まず、客観的に経営的見地から見つめるスタンスを作り上げたのだと思われる。スーパーの勃興期に、数々の栄枯盛衰を冷静に観察できたことも幸いした。おまけに、その一つひとつを取り込む判断もゆっくりとできた。経営するのではなく経営管理をする、という立場に徹していったのもイオン・グループの成長を促す大きな要因だったであろう。ただ、プロデューサーの真の手腕が問われるのは、むしろこれから。多くの外様大名を束ねつつ、グループに向かうべき確かな方向性を示し続けるのは、たやすいことではない。急激な成長を続けている時は、内在する問題は顕在化しないものである。次の成長に向けてひと息ついた時、“本能寺の変”は起きるものだからだ。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 秋の宴会!VAN、IVY、家庭教師、リハビリ‥‥。 | トップページ | 情報不足?!脳卒中という病気とその後。① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/25169603

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー、東西の戦い。大将(経営者)の差異。:

« 秋の宴会!VAN、IVY、家庭教師、リハビリ‥‥。 | トップページ | 情報不足?!脳卒中という病気とその後。① »