« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

11年。ポール・スチュアートのトレーナー。

お気に入りになってしまったウェアが捨て難いのは当然だが、迷った末に買ったもののどこか気に入らないウェアもまた捨て難いものだ。

「いつか、着るかもしれない‥」。買い物を失敗購買に終わらせたくない“もったいない”意識も手伝って捨てに捨てきれず、単なる“箪笥在庫”に成り果てる‥。そんな洋服のために割いているスペースは、意外と多い。

それはまるで、大金を使って行った調査結果を無理矢理活用し失敗する経営者や、そこまでに要した時間が惜しくて後戻りできず駄作を作り上げてしまうクリエーターなどに似てなくもない。思い切って捨てる!‥“失敗を恐れないと”は、そういうことを意味するはずなのだが、なかなか思い切れない。

そんな“枯れ木も山の賑わい”状態の箪笥在庫の中で、8年間にわたって着用頻度TOP3を守っているのが、このトレーナー。

2_2

ポール・スチュアート。11年前購入。約¥11,000(だったらしい)。

僕の事務所の大切なスタッフだった日高一男の40歳の誕生日にKapparがプレゼント。3年後、彼が厄明け直前に急死した時、遺品として譲り受け僕のものとなった。それから8年、ずっと思い出深いトレーナーだ。

さすがに品質がよく、へたらない。¥1,000/年と、コスト・パフォーマンスも結果としていい。おかげで思い出を長く肌身近くいに置いておける。

「これでいいや」と妥協せず品質のいいものを購入し、愛着の品へと育てていく。

そんな当たり前のことを実感させてくれる、僕のお気に入りの一品だ。

ちなみに、本ブログで以前にも触れたと思うが、日高の急死はインフルエンザ・ウィルスが心筋に侵入したことが原因。心筋梗塞を起こし、それは克服したものの多臓器不全に陥り、この世を去った。わずか一日半の間の出来事だった。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝!健在!良き先達。野坂昭如、穂積和夫。

59歳を迎えた10月23日深夜。雨に少し痛む肩を時々いたわりながら、友人や知り合いのブログを読んでいたら、穂積和夫さんのブログにうれしい文章を見つけた。

野坂昭如氏が、毎日新聞に不定期コラムを連載されているとのこと。初台リハビリテーション病院や歯医者でお見かけする度に、今はどう過ごされているのだろうか、創作意欲は失せてしまわれたのだろうか、と、ファンであり同病の者として気になっていた。

婦人公論で私生活の一部が紹介されていて微笑ましく読んだが、作家としてあるいは毒舌の批評家としての横顔をお見掛けすることは、ついぞなかった。

まさか、新聞に不定期コラムをお持ちとは。新聞を読まなくなって最早20年以上にもなる僕には見つけようもないが、うれしいことである。しかも、穂積さんのブログに掲載されているコラムの抜粋を読む限り、その批評精神に衰えは見られず、好奇心も旺盛であることが窺える。

よかった、よかった。‥‥と、読み進んでいると、それに対する穂積さんのコメントも、いかにも穂積さんらしく、当を得ていて力みがなく、洒落ていて深みがある。野坂昭如氏と同様昨年喜寿を迎えられたその精神に翳りはなく、ますます味わい深い。

うれしいことだ。

心地よく、還暦に王手をかけることができた深夜だった。

宴会でお話しするのが、また一つ楽しみになった。

やっぱり、穂積和夫さんのようなジジイになろう!

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー、東西の戦い③…イオン・グループの戦略

一気に全国制覇を目指すダイエーに対して、「ドミナント戦略」によって特定エリアの圧倒的な支配を目指すイトーヨーカドーの戦いは、イトーヨーカドーに軍配が上がる。

それは、広い中国を大都市という“点”を手中に収めることで徐々に中国支配を拡大できていたかのように錯覚していた大日本帝国陸軍(関東軍)に、長征(大逃避行)の後農村部を着実に手中に収めた中国共産党軍(人民軍)が、やがて勝利を収めたのに似ていなくもない。

ジャスコもまた全国支配を目指して展開していったが、その戦略は異なっていた。異なる戦略を採らざるを得なかったとも言える。

ダイエー、イトーヨーカドーが共に“一党支配”を標榜していたのに対し、ジャスコの戦略は言わば“連立支配”。ダイエー、イトーヨーカドーに追い詰められたリージョナル型ストア等を傘下に収め、グループを形成することで対抗していった。

ジャスコ(以下、イオン・グループ)の戦略を示す好例は、現在はイオン・グループの一員となっているヤオハン。ヤオハンは、宗教的信念とダイエー中内総帥的志向性を持った和田一夫氏が短期間に大成功と大凋落を見せてくれたチェーンだが、核となる店舗の業績は最後まで悪くはなかった(はず)。店舗として成功したからこそ成長できたのであって、失敗の要因は、経営の判断ミスに尽きる。倒産後経営を引き継ぎ、不振店舗の閉鎖と業績安定店舗への注力を行えば、業績の回復は難しくはない。しかも既に存在し、周辺の生活者に定着している店舗の心機一転巻き返し作戦は、地元では歓迎される。

このように、業績のいい店舗を有しているにもかかわらず経営に行き詰まった小型のチェーンを傘下に収め売上実績を上げつつ拡大して行くという戦略は、資金調達もしやすく、しかも展開が速い。

かくして、共に自力で大型店展開を志向していたダイエー、イトーヨーカドーが息切れや行き詰まりを経験している間隙を縫って、イオン・グループはその勢力を拡大していった。それは、関東軍や人民軍に対して中国国民党が採った軍閥を束ねる戦略に似ているとも言える。(国民党の敗北要因は、イオンの持つ危険性に似ている?!)

ダイエーがつき、ヨーカドーがこねし天下餅、座りしままに食うはイオン……。

ちょっと、オーバーか……。まだ、イオンが天下餅を食ったとも言えないし……。

                             つづく

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変貌する小田急各駅と小田急OX

用地買収に手間取り遅れ遅れになっていた小田急線の複々線化が、徐々に進行している。わずかの時間短縮とはいえ、朝の通勤時には貴重な数分。混雑の緩和にもなる。豪徳寺から多摩川を渡るまでの区間は、駅も次々と改装され様相を一変、まるで新しい鉄道開通の風情。駅の構内設備も一新され、便利でかつ快適になった。

最も大きく変わってみせたのは、小田急OX。小田急系のスーパーだ。広くなった駅の敷地内に次々と新装オープン。MDも強化し、各駅の「エキナカ・スーパー」として、営業時間も深夜まで延長したとあって、乗降客の多くを誘引している。まさに、以前のイマイチ・スーパーから完全脱皮。同じ電鉄系の東急、京王なども大いに参考にすべき変貌を遂げた。

郊外の大型GMSよりも、日々通えるリージョナルストア、と、生活者の購買行動も大きく変化している現在、エキナカ立地は有利。DINKS、DEWKSの帰りにちょっと立ち寄るお買い物行動に最適だ。

成城学園前店をモデル店にしているように見受けられるが、オープンした時のスタンスを守っていけるかどうかが、これからの大きな問題。成城学園前店を観察し続けてみようと思う。

断続的に連載している「スーパー、東西の戦い」の中でも、今後関連する話題に触れていきたいと思っている。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリ、「初台方式」と「成城方式」……②

「手段の目的化」……。よく起きてしまうことである。

リハビリ「初台方式」の場合:目的は、手足が使えるようになること。特に、歩けるようになることを主目的としている、ように思う。生活の基本となる身体能力を再獲得し、それを基礎として社会生活への復帰も目指そうというものであり、介護や支援をする人の負担も、その結果として軽減しようというものである。…と、思う。

入院、休みなしのリハビリの日々は、その目的を達成するための手段だと言える。

初台リハビリテーション病院は、それを明確に意図して運営していると思われる。病院経営も、それを意図することによって成立しているものと考えられる。

当然、リハビリもその意図に従って行われているように感じた。

リハビリ「成城方式」の場合:目的は、安全な暮らしがつづけられること。歩き方で言えば、よりよくしていくという言うよりも、チェックと改善を主目的にしている、ように思う。

もちろん、入院している患者さんもいるわけだから、「歩ける」ようにしていくためのリハビリも一方ではしっかり行われているのだが、在宅患者や通院患者に対するリハビリは若干意識分けされているように感じる。

僕は、退院して1年以上は、「初台方式」のリハビリを通じて生まれた習慣と意識に支配されていた。つまり、「リハビリは、日々きっちりメニューをこなすものである」との思いに押されているような暮らしだったのである。

リハビリ漬けの日々によって歩行を獲得したことが、「同様な暮らしをつづければ、もっと上手に歩けるようになるはずだ」という希望を持たせ、「同様な暮らしをつづけないと、現状維持も覚束ない」という強迫観念も植え付けていたようなのだ。「毎日、鍛えなくては!」という思いは、散歩や手の運動を休んだ時の自責の念に変貌し、のんびり暮らした一日は、いけない一日になっていた。

本来、リハビリは「Quality Of Life」獲得という目的を達成するための手段だったはずなのに、リハビリが目的の日々になっていることに気付きつつも、休むことはサボること、と囚われてしまった意識は、そこからなかなか抜け出せなかった。当初は生ぬるく感じた「成城方式」のリハビリを受け続けることと、意識が体内から外界へと踏み出し始めたことによって、やっと僕は、「初台方式」の呪縛から解放されたような気がする。一年半を必要とした。

歩ければよし。歩き方をもっとよくするために、意識、体力、そして何よりも多くの時間をとられる必要はない。そう思えるようになった時、散歩も、鍛えるための散歩ではなく、風や草木や花々や行き交う人々を楽しむ散歩へと、変わっていったように思う。

歩けるようになるために力を発揮した「初台方式」は、暮らしの中のリハビリとは異質なのかもしれない。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶏ガラスープ、カレー、そして…。

「○○○○したい~~!」と、したいことが湧きあがってきて火が点くことがある。それが最近は、どうも料理のようだ。

きっかけは、リハビリの帰りに立ち寄った小田急OXで見つけた「鶏ガラ」。浪人時代から大学入学にかけて、大阪千里丘の中華料理店に住み込みをしていた頃を思い出し、毎朝仕込んでいた大鍋のスープの匂いが鼻をつく勢い。かつては無料でもらっていた鶏ガラ1羽分に240円の値が付いていたのにはいささか驚きかつ抵抗があったが、レジに並んでいる時に「やっぱり買おう!ラーメンスープ作ろう!」と決意し、商品棚まで引き返して購入した。

コックの手元を観察していくつか中華料理は覚えたが、スープに関してはなかなか全ては任せてくれなかったので、うろ覚え。しかも、40年近く前のこと。自信はなかったが、240円を無駄にしてはならじ!と、熱湯を使ってしっかり血抜きをしてから記憶の手順でスープ作りを開始。灰汁取りもしっかり行い、きれいに澄んだスープになんとかこぎつけた。Kapparのブログに写真が掲載されているらしい。いつ撮ったのやら……。

で、その後はカレーを作り、今度は和風ドレッシングを作ろうと思っている。

「○○○○したい~~!」という強い思いが自然発生的に生まれてくるのは、とても久しぶりな感覚。そんな感覚に身を任せ、しばらく色々やってみようと思っている。今後の目標に行き当たるかもしれない……。ちょっと、その予感も、なくはないことだし……。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳卒中リハビリ、「初台方式」と……①

脳出血で運び込まれた救急病院で左半身不随から起き上がり普通食を取れるようになったら、担当医から初台リハビリテーション病院への転院を勧められた。Kapparが即インターネットで調べてくれたところによると、「30~40日で、歩けるようになる(する)!」とのこと。費用は、4~50万円/月。お金の心配をする僕に、「できることは、早めにやっておいた方がいいよ!お金のことは心配しないの!」と微笑み、「見学してくる~!」と言い残し、翌日には見学した際に撮った写真と資料を持って来てくれた。

寝たきりでは人に指図をする権利はない、ましてや収入が途絶えていく身……と思っていた僕は、感想を述べるだけだった。「いい所みたいだねえ。……」。ちょうど2年前のことだ。

1ヶ月でなんとか歩けるようになり、さらに1ヶ月をリハビリ漬けで過ごし初台リハビリテーション病院を退院。Kapparが調べておいてくれた成城リハビリテーションクリニックに通院することになった。左肩と手には常に痛みがあり、まるで動かせない状態だった。週3回の通院を開始したのは2006年暮れ。初台リハビリテーション病院をよく知っている立場からすると、成城リハビリテーションクリニックはどうしても小じんまりとして見えた。

しかし、短期間に歩けるようにしてしまう“集中合宿”型の、言わば「初台方式」で獲得したよちよち歩きの欠点に、成城リハビリテーションクリニックは気付かせてくれた。そしてそのことが、次第に僕のリハビリに対する認識を変えてくれることとなった。それは、退院後の暮らし方の前で若干戸惑い気味だった僕の心にも好影響を与えてくれたのだった。

暮らし再開の最低条件を整えるためのリハビリと、暮らしを続けて行くためのリハビリは、どうも異なるように思える。前者を「初台方式」と呼ぶなら、後者は「成城方式」。

この二つの違いを、僕なりの感想として述べてみたいと思う。……つづく

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »