« 脳出血。失ったもの、得たもの。 | トップページ | 脳卒中リハビリ、「初台方式」と……① »

スーパー、東西の戦い② ……ジャスコ参戦

共にチェーン展開で全国制覇を狙うダイエーとイトーヨーカドーには、大きな戦略の違いがあった。ダイエーは“拠点攻略型”、イトーヨーカドーは“エリア攻略型とでも言うべき”戦略。ダイエーがここぞと決めた人口集積地域の中心部を集中爆撃。既存市場の“攻略”を図っていったのに対し、イトーヨーカドーはここぞと決めたエリアを絨毯爆撃。エリア市場を“制覇”しつつ、 順に勢力を不動のものにしていくことを目指した。

先行し、優位に立っていたダイエーに対抗するためには、イトーヨーカドーの“郊外幹線道路沿い大型店”主義による、直接対決を避けた出店戦略と、そのメリット(出店が容易)を活用した早期市場制覇作戦は、正しい選択だったと思われる。

それは、統制された組織力があってこそ展開しうる作戦であり、イトーヨーカドーが、中内功という強烈な個性に依存しているダイエーとは異なる路線を目指していることを示すものだった。

イトーヨーカドーの戦略は、功を奏した。全国制覇には時間のかかる戦略だが、エリアを着実に手中に収めることには見事に成功した。そしてそのたびに、企業としての体質を強固なものにしていった。エリア単位での運営・管理はダイエーの大阪一極集中管理より効率がよく、エリア単位に責任者を配することで個店経営と企業(チェーン)経営の整合性を維持することも容易だった。なぜなら、マニュアルの完備した組織的な作戦展開により制覇・獲得した市場は、その作戦に携わった責任者たちに管理させることでスムーズに征服から経営に戦略移行できるからである。

かつて、総合商社の特徴を表わす時“人の丸紅/組織の三菱”という言い方があったが、関西には個性が現れ、関東の組織と対抗するという伝統があるようだ。個性が組織まで手に入れると、組織力を誇る勢力ともしばらくは拮抗できるが、多くの場合、強すぎる個性は組織を作っても突き破ってしまうことが多く、個性の力に陰りが見えてくると同時に組織のほころびも目立ち始め、遂には敗れ去って行く。ダイエーもまたしかり、だった。

エリア毎に着実に実績を上げながら進めて行くイトーヨーカドーの拡大戦略は、借入金の負担が徒に増大する危険性を回避することにつながるが、競合が存在する場所への強気な出店・攻略というダイエーの戦略は、多大なコストを必要とする一方で実績が上がるまで時間を要し、金利負担が大きい。やがて、イトーヨーカドーは、金利負担の大きさに次第に体力を奪われていくダイエーが倒れていくのを、ただ眺めているだけでいい状態になっていった。

組織も人材も育てることなく、“巨大な個人商店”中内功ダイエーは、消えて行った。そして、スーパーの戦いは次の局面へと展開しつつあった。

東西の狭間、中部地方から次第に勢力を伸ばしてきていたジャスコ、今のイオン・グループの勃興だった。

     ダイエーが銀座にプランタンをオープンした時に、“これで終わりだなあ”と思ったのを思い出す。関西の財界人が東京進出を派手に敢行したり、ステイタスの高い(スーパーの経営者にとっての百貨店)ステージへ踏み出したりした時は、劣等感が作り出す過剰な自負心が判断を狂わせがちで、えてして、したり顔でアドバイザー風を吹かす輩にも騙されやすい。かくして、一花を咲かせるつもりが、最後のアダ花となってしまうことが多くなるのである。

(*     あくまでも、すべて僕の解釈です。)      ……つづく

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 脳出血。失ったもの、得たもの。 | トップページ | 脳卒中リハビリ、「初台方式」と……① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/24154559

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー、東西の戦い② ……ジャスコ参戦:

« 脳出血。失ったもの、得たもの。 | トップページ | 脳卒中リハビリ、「初台方式」と……① »