« “ゆとり”のある人、ない人?! | トップページ | 親子三代、因縁の京都?! »

脳卒中、リハビリの限界と今後‥‥。

脳内出血を発症して、あとわずかで2年。右の視床の直径約4センチの出血で陥った左半身不随からは立ち直ったものの、左半身の股関節、膝、足首、肩、肘、手首、指関節のコントロールは、未だままならない。身体の運動機能は、多くの不随意筋を巧みにコントロールしていてくれる脳の働きがあってこそもたらされているものだと実感する。自分の身体とはいえ、意のままにならないことばかりである。

しかし、脳細胞が再生することはない。運動(と言うより、日常行動)の改善を図るためのリハビリも、したがって、コントロール機能の回復はありえないことを前提に行われることになる。当然、発症前への回帰は諦めなくてはならない。せめてもう少し、を繰り返しつつ、自分の身体の機能との折り合いをつけていく。そのためのリハビリだと解釈すべきであろう。ただそれにしても、確かな方法は確立されていないようだ。

初台リハビリテーション病院は、指令が届いていない筋肉をなんとか動かしつづけ、末梢神経の方から指令系統を刺激して、脳細胞にバイパスを形成しようという手法、のように感じた。「そういうことなんだろうなあ」と推測しつつ、指導を受けたとおりの動きをしようと、入院中は努力をした。何しろ、自分のことだ。しかも、初めての経験。専門に学んだ人の指示に従った方がいいに決まっている。しかし、動かせない筋肉を使い、できない動きを何とかしようということの繰り返しには、疑問も感じた。他の筋肉・部位で行ってしまう代償行為で動かしているにしかすぎないような気もしてくる。それでは意味がないはずなのだが‥‥。では他に何か方法でもあるのか‥‥。自分の知識、経験、考えでは遠く及びもしないことを、ぼんやり考える日々もあったが、そんなことはもう止めた。無理はしているが、できなくはない‥‥。そんなことで積み重ねられていく日常でいいじゃないか。退院して1年も経つと、そう思えるようになってきた。

ただ、微かな他力本願の希望は、なくはない。「万能細胞」(だった?)の発見である。再生しない脳細胞だって、作れるのであれば問題ないではないか。我が後輩たちには、大いに頑張ってもらいたいものだ。

急いで~~~。1年と少しで還暦!老い先は、長くはないんだぞ~~~~~!

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« “ゆとり”のある人、ない人?! | トップページ | 親子三代、因縁の京都?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/23134784

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中、リハビリの限界と今後‥‥。:

« “ゆとり”のある人、ない人?! | トップページ | 親子三代、因縁の京都?! »