« 使い切る!ということ | トップページ | 健康体と麻痺の狭間 »

侮るなかれ!通り雨。

京都という街は、緩やかに北から南へと下っている。19歳の頃、新聞配達を始めて自転車を持つことになった僕は、そのことを発見した。それで思い立ったのが、北大路で一蹴りして、そのまま一度もこぐことなく京都駅に到達できるかどうかやってみることだった。できるような気がしたが、問題は信号だった。遠くの信号の変化を読み取りつつ、微妙に速度調節しなくてはならない。人通りも少ないほうがいいだろう。歩道を通ったほうがいいと判断した時、人ごみに突っ込むと厄介だ。

というわけで、夏に決行することにした。真夏の京都の昼下がりは、街の人並みも暑さでまばらだからだ。

スタートは、洛北高校前。途中から川端通りに入り、そのまま南下するか、東大路に進路を変えるか、川端三条あたりで判断しようと考えた。下調べは、なしである。

真夏のある日、スタートを切った。出だしは、順調だった。ところが、川端通りに入ってしばらくすると、辺りが妙にざわつき始めた。振り向くと、通り雨だった。僕よりも若干速い程度のスピードで雨が近づいてくる。ジーンズにTシャツ、足元はゴム草履。濡れても構わない。少しうきうきしながら、緩やかな下りに自転車を任せていた。やがて、通り雨は追いつき、僕の前の乾いた道に雨の雫を落とし始めた。かと思うと、グレーの絨毯を敷き詰めていくかのように、順に遠く向こうまで、道路を黒く濡らしていった。そして、瞬く間に通り過ぎていった。濡れた道路は、雲間から改めて顔を出した夏の太陽に照り付けられ、すぐに乾いていったが、その間のにおいと光景は、懐かしささえ感じる真夏そのものだった。

その時から、僕は通り雨が好きになった。アジアに行きスコールに遇うのも好きだ。

しかし、7月12日の夕立は、尋常ではなかった。ミニ台風が通り過ぎたようだった。不覚にも、雨は降らないと踏んでいた僕は、窓を開け放したまま長い付き合いの人と会うために外出していたのだった。

帰宅し、ベランダに濡れて張り付いている洗濯物を見た時、汗の下からまた汗が噴き出すのを感じた。室内に入ると、被害の甚大さに立ち尽くした。部屋半分の床はびしょ濡れになっており、踏むとじっとりと水が滲みだすほど。愛用のノートパソコンもずぶ濡れ。ご丁寧なことに、開いた状態のまま、ときた。持ち上げると、水が滴り落ちる。気が遠くなりそうだった。いかんともし難いと、僕はふて寝を決め込んだ。

夜になってKapparの力で、部屋は復旧。しかし、ノートパソコンは‥‥。翌日になって、電源が入ることとデータの無事は確認できたが、キーボードはお馬鹿さんになったままだ。

‥‥。なかなかブログの更新ができなかった理由である。

中古のノートパソコンを購入するか、キーボードのみ(ノート用‥‥なかなかない)の購入にするか、思案中である。

ちなみに、北大路から京都駅までの坂道任せ自転車行は、なんとか成功した。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 使い切る!ということ | トップページ | 健康体と麻痺の狭間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/22631891

この記事へのトラックバック一覧です: 侮るなかれ!通り雨。:

« 使い切る!ということ | トップページ | 健康体と麻痺の狭間 »