« 島根県益田市の憂鬱 | トップページ | 介護というコミュニケーション① »

百貨店よ、いずこへ?!

VANが倒産して2年後だったと思う。'80年代に突入し、やけに世の中が浮き立ち始めていた頃と記憶している。ステレオと電話を置いただけの事務所を構えて間もない僕に、石津謙介さんから電話が入った。「ちょっと遊びに来ないかい?」とのことだった。「柿本君」という、社長と社員だった頃の呼び方が「柿本さん」に変わっていた。関係値の変化を充分に意識しておられるのだと直感した。とても、会ってみたくなった。しばらく不義理をした父親に、大人の扱いを受けたような気分だった。

数日後、石津事務所を訪ねると、数名の来客があった。元気よくドアを開けた僕は、一瞬躊躇し、「失礼しました」と小声で頭を下げ、ドアを閉めようとした。「いいんだ、いいんだ。おいで、おいで。まあ、座ってください」。石津さんの声にドアを再び開け、招かれるままに石津さんの左隣に腰を据えた。数名の来客はすべて、西武百貨店の取締役の方々だった。紹介を受け、僕の腰は少し浮いた。倒産直後、「広報をやってくれ」と命じられ、取材を受けている間に、口が滑ったことがあったからだった。

倒産の原因は?と何度も尋ねられ、通り一遍の返答をし続けている間に、一度だけ本音を言ってしまったことがあった。強気の生産計画、在庫過多、商社の戦略に翻弄されたあげくのこと、経営のプロの不在、ブームの終焉、‥‥。病気が進行すると出てくる様々な症状をあげつらうように、いろいろな原因を指摘してくる取材記者に、基本的には相手の分析と論理に同調するように応えていたものの、心の底では、大きな要因は二つだ、と僕は思っていた。経営委譲計画の失敗と大手取引先との取引条件の悪化だった。そんな思いが、ある日口に出た。「1に三越、2に丸井、3・4がなくて、5に西武」。倒産の原因を、一度だけそう語ってしまった。倒産は他人のせいにしてはいけない話なのだが、取引条件に対する抑えていた怒りが出てしまったのだった。幸い、広報担当の失言が記事になることはなかったが、そんな発言が西武百貨店の方々の耳に届いていないとも限らない。

突然、質問が飛んできた。僕の狼狽は、杞憂だった。「百貨店は、これからどうなっていくと思われますか?」。「え!?」と、僕は石津さんの方を見た。「柿本さんの考えを自由に言ってみて」と、笑顔が返ってきた。その笑顔に、よし!と思った。すると、また喋り過ぎの悪癖が出てきた。

「20年後には、巨大なショーウィンドーかギフトショップになっていると思います」。象徴的な言い方を選んで口にしたつもりだったが、「ショーウィンドーでは利益を生めない」とか「ギフトでのビジネスのあり方は?」と、根拠や展望を求められ、苦しくなっていったのを思い出す。石津さんは多くを語らず、まるで西武百貨店社内の会議の様相を呈した1時間強が過ぎ去った頃、一人の取締役の方が長嘆息を洩らした。「堤社長から、お前たちは大変だなあ、大きな泥舟に乗っちゃって、と言われるんですよ」。その言葉に、他の人たちは苦笑し、僕は自分の門外漢の発言の数々を恥じ入った。

それから、28年。百貨店は、巨大なショーウィンドーにもギフトショップにもなっていないが、ターミナル型大型ショッピングセンターのみが生き残っていけるかのような状況だ。堤清二さんは、充分に百貨店の限界を予知していたのだろう。ミレニアム・リテーリングの人たちの思いは、どうなのだろうか。

その2~3ヶ月後、石津さんから三越の呉服売り場を何とかする企画を頼まれ、「座売り」の復活と和小物のエスカレーター周りでの展開を30枚程度のボードにして提案した。残念ながら、実現はしなかった。

                                    ‥‥つづく

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 島根県益田市の憂鬱 | トップページ | 介護というコミュニケーション① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/21310850

この記事へのトラックバック一覧です: 百貨店よ、いずこへ?!:

« 島根県益田市の憂鬱 | トップページ | 介護というコミュニケーション① »