« 初めて新幹線に乗った日 | トップページ | 脳卒中のリハビリ、困る誤解!? »

脳卒中から1年7ヶ月。めでたく、身障者手帳取得へ。

2006年9月6日午後1時頃、僕はパソコンに向かっていた。朝まで酒を飲み仮眠を取った後だったこともあり、頭の芯がふわふわとしていた。メールチェックをし、秋のキャンペーンの企画を進行するために、資料探しのネットサーフィンを始めた。その時だった。両耳から上がふわりと軽くなり虚空に浮かんでいくような感じを覚えた。まだ酔ってるな、と思った。脳がストライキだ~、と判断した。すぐに横になった。

気付くと2時間近く眠っていた。目覚めて半身を起こすと、耐え切れないほどの空腹が襲ってきた。そう言えば、前夜から固形物はほとんど口にしていない。アルコールと紫煙のみだ。起き上がり、インスタントラーメンを作った。はふはふと口に運んだ。まずい!不思議なほど、まずい!箸を置き、改めて一眠りすることにした。今は、身体が睡眠を求めている。そう判断したのだ。しかし、もう眠れなかった。

午後6時半頃、Kapparが取材から帰ってきた。「お土産あるよ~」と、何か作り始めた。「大丈夫?」「インスタントラーメン食べようとしたんだけど、まずくてねえ。さすがにまだ酔ってるみたい。酔いがぶり返したのかも」と、横になったまま一言二言。

「ちょっと、顔を見せて」と、突然Kapparが覗き込む。「救急車呼ぼう!普通じゃない!」「え!何が?大丈夫。酔ってるだけだから」「駄目。言うこと聞いて!」‥‥。

といった訳で、後は緊急入院、初台リハビリテーション病院への転院・退院、成城リハビリテーションクリニックへの通院、と、まさに目まぐるしい1年と7ヶ月となった。日々の時間はゆるゆるとしているのに、曜日の感覚が乏しくなっているせいか、のっぺりとした一枚板のように、日々は間断なく過ぎ去っていく。

そして、一週間後には、身障者手帳が届く。2級である。きちんと押印されたようで、それなりにすっきりとした気分だ。

先週、親父の七回忌法要のために、全日空の超割を利用して島根県益田市に帰ってきた。既に実家はないが、思い出とお墓がある。今でも、僕の故郷だ。住職と二人の法要もいいものだった。

小さな生まれ変わりのタイミングを迎えているのだろうか。心の片隅に新しい空気が入ってきているような気がしなくもない。いい季節を迎えているからかもしれない。心の小さな晴れ間に、梅雨の雨が降り続けることのないようにしなくてはならない。

悔やまないこと。頑張りすぎないこと。焦らないこと。そして、ささやかな喜びを分かち合える人との時間を大切にすること‥‥。夢は、また舞い降りてくるに違いない。

002_2 

親父の墓のある医光寺の庭園である。画聖雪舟が造園したことで名高い。4月には、枝垂桜が満開になり、枯山水に彩をもたらす。親父と育てのお袋の結婚式は、この寺の本堂で行われた。僕が小学校二年生の春だった。三々九度のお酒を飲んで、僕は本堂の中を駆け回っていたそうだ。縁あって、高校に入ると、近くに引っ越してきた。それから三年間、時折訪れ、この庭園を眺めて時間を潰した。

2008年4月。春の日差しの中、雪舟庭園は何も変わることなく、静かな佇まいを見せていた。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 初めて新幹線に乗った日 | トップページ | 脳卒中のリハビリ、困る誤解!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/20560579

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中から1年7ヶ月。めでたく、身障者手帳取得へ。:

« 初めて新幹線に乗った日 | トップページ | 脳卒中のリハビリ、困る誤解!? »