« リハビリ、週1回が上限!? | トップページ | 「初めて」の時代、昭和。「もっと」の時代、平成。 »

日常の中のリハビリ

Kapparの「男一人くらい!食わしたる~!」から始まった“KapparのKoura(甲羅)”としての暮らし。それは、「してもらう」よりも「してあげる」の方が気持ちの座りがいいタイプの僕としては、背負われてるだけでは心苦しく、少しでも何か‥と思う日常の始まりだった。

だが、そう多くのことができるわけではない。いや、ほとんどのことはできるのだが、問題が多いと言うべきか。何しろ、のろい!しかも、一部できないことが混ざるため、中途半端にしかできないことが多い!もう一つ。危険なこともある!この三つの問題があるため、してあげようとすることが、かえって迷惑につながることさえある。甲羅としては、ご本体にかける迷惑を増やすようなことは、断じてあってはならないのに、だ。

初台リハビリテーション病院を退院して、まずお互いが困ったことも、そんなことだった。一体何に戸惑い、何が小さなストレスになっていくのか、しばらく経って考えてみると、最も大きな要因は、スピードの違いだった。時間の読みが狂うことは、人が行動する時の大きなストレス要因なのだなあ、と改めて実感した。おそらく、会社に復帰できた人にとっても、大きな阻害要因になっているのだろうなあ、と思った。早くできる、ということも能力の一つとして判定されるものだし、不幸にして脳卒中になってしまう人には、せっかちな気性の人が多いと思われるからである。発症以前は早く物事を片付けようとしていた人は、同じようにやりたいと思いがちであり、周りもそう期待しているはずだからこそ、後遺症によるスピードダウンは、それが小さなものであっても、大きな変化と捉えられるに違いない。。

で、ご本体と甲羅は、話し合った。何でものろくなってしまっていることを理解してもらい、慣れていただきたい、と甲羅はお願いした。Kapparの理解は早く、充分だった。

それから、できそうにないと思われること(蓋を開ける、缶詰を開ける、といったこと)をやっておいてもらい、それから後はゆるゆると自分でやる、といった方式にした(してもらった)。すると、多くのことが自分で最後までできるようになった。多少は、してあげること、しておいてあげることも増えた。‥‥ような気がする。

それで気付いた。日常の中でのリハビリは、日常生活にあえて手間をかけることで、ある程度できるかもしれない、と。能率を悪くして、それを「あれれ~~。ついでにやればいいのになあ。一つひとつやってちゃ駄目だよなあ」と楽しむようにすれば、手足を使う機会が増える。そう思ったのである。「こりゃいいや。さあ、リハビリだ。自主トレだと気合を込め、義務感や使命感で自分を追い立てることも減るだろう」と思った。

で、そうしている。ただ、そんなに意識する必要もなかったことにも気付いた。元々忘れ物や落し物が多いタイプなのだ、と自分を再認識しただけのようなものだったのだ。

失った人は、失ったものを取り戻そうとするあまり、できていた以上、あるいは持っていた以上を目指してしまいがちなものである。それは、無茶な話だ。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« リハビリ、週1回が上限!? | トップページ | 「初めて」の時代、昭和。「もっと」の時代、平成。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/11897548

この記事へのトラックバック一覧です: 日常の中のリハビリ:

« リハビリ、週1回が上限!? | トップページ | 「初めて」の時代、昭和。「もっと」の時代、平成。 »