« Kakkyの昭和おもしろ事件簿② | トップページ | リハビリ日和 »

脳卒中のその後

初台リハビリテーション病院仲間のFさんから一ヶ月ぶりの電話あり。NHKの特集を観て思い出してくれたようだ。「発症後3~6ヶ月で、リハビリ効果はストップ。その後は後遺症を抱えていかなくてはならない。という常識が覆るかもしれませんよ」とのことで、要するに、激励をしてくれたようだ。

(Kakkyの昭和おもしろ事件簿は、一つ前に②があります。)

CI療法という、最近話題の療法に関して、Fさんは熱く語り、ちょっとずつでも前進しましょう、と締めくくった。番組を録画したDVDを送ってくれるようだ。“同病相憐れむ”という言葉があるが、マイナスのものではない。少しでも経過良好な人間が、同病の人の支えや情報提供者になろうとする、というのが最も効果あることだと思う。大学の同窓生と飲み歩くことや、懐かしのアイドルのコンサートに結集することと大差はない。何かできないか。ずっと考えていることである。

経堂のピーコックの店内で数度見かけた、スーツ姿でリュックを背負い、杖をつきながら不安定な歩行で、買い物をするわけでもない同年代の男性。明らかに脳卒中発症者だった。最近見かけない。ホームレスには厳しいこの寒空である。どうされているのであろう。家族に見放されたのでなければ、いいが(よくあることのようだ)‥‥。

60sFACTORYプロデューサーKAKKY(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« Kakkyの昭和おもしろ事件簿② | トップページ | リハビリ日和 »

コメント

私は脳内出血で2006年12月から2007年2月迄、初台リハビリテーション病院にお世話になりました。退院してからは、同じような病状の人が書いている、ブログを探していました。こちらへは去年の夏頃から、お邪魔していました。特に脳卒中の事は分り易いし、初台での事など、思わず「そうそう、そうなのよ!」と・・・。
この3月からはSTが月1度に減りましたが、未だにPT.OP共に週2回の通院です。確かに、発症後、3ヶ月から6ヶ月でリハビリ効果はストップといわれていますが、退院してもうすぐ1年、でも効果はありますよ。あのテレビは私も見ましたが、松本市の病院、素晴らしいです。一人一人違うけれど、自分の右半身のザワザワ感が強く不快感や痺れなどを病院で同室だった仲間とメール交換などしています。寒いと身体も筋肉も固くなるのか、思うようにいかず、本当にイヤですが、暖かくなったら、患者の会?に入ってみようと思っています。もっと、もっと情報交換が出来るといいのですが。

投稿: オキロン | 2008年2月18日 (月) 22時46分

オキロンさん、初めまして。初台は、入れ違いくらいだったようですね。寒さは、困りものですよね。変温動物になったのだ~などと、冗談で言っていますが、天候に一喜一憂するようになるとまでは予想していませんでした。
長期戦覚悟のリハビリです。大事なのは、心が折れてしまわないことだと思っています。「アンチエイジングだって、リハビリだ~~」と気付くと、特別なことではないのかもしれません。籠ってしまう方が多いようですが、楽しいことに向かって動く機会がもっとあれば、心がくじけてしまうことも減るのではないかなあ、と思っています。
大切なのは、コミュニケーション。介護や支援をしている人同士のコミュニケーションも大切です。時々、僕の事務所を、リハビリする人、それを助けている人たちの「交感スペース」として提供したいなあ、と勝手に思っています。簡単な料理は、僕の相棒や仲間たちが用意してくれるようです。
まず会って、話し合って、何をなすべきか、考えていくなどというのは、どうでしょうか?
オキロンさん、いかがですか?
また、同病の方、リハビリに励んでいる方で、このブログを覗きに来られた方々、ご意見をお寄せください。
初夏の頃に、お食事会を開きたいと思っています。

投稿: Kakky | 2008年2月19日 (火) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/10494491

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中のその後:

» スーツ ポールスミス が激安 [スーツ ポールスミス が激安]
スーツ ポールスミス が激安,スーツ ポールスミス が激安,スーツ ポールスミス が激安 [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 13時37分

« Kakkyの昭和おもしろ事件簿② | トップページ | リハビリ日和 »