« 蛍光灯、ランニング、カレーライス、あんぱん‥‥⑨ | トップページ | 脳卒中リハビリ仲間のその後ー② »

脳卒中リハビリ仲間のその後

蝉時雨が暑気を募らせ、身体全体を汗の皮膜がじっとりと覆っていると、それだけで気力が萎えてしまうくらいだ。そんな日々が続いたことも影響しているのだろうか、脳卒中リハビリ仲間から、相次いで「どうも思わしくなくて‥」電話が入った。

まずは、Nさん。40代後半の彼は、僕が転院していった時、病室内で小さなジャンプも取り混ぜて体操をしていた人で、僕はてっきり付き添いの人がなまった身体をほぐしているものだと思った。彼が脳梗塞患者だと知って驚いたが、リハビリの効果を目の当たりにしているようで勇気付けられた。すぐに親しくなり、病院内で快適にリハビリに専念するためのいくつかのコツを教わった。症状はそう重くはなかったとはいえ、右手の麻痺はまだかなり残っており、毎日文字を書く練習に励んでおられた。

昨年10月の終わり、僕より1ヵ月半早く退院した彼は、すぐに職場復帰。週に1度リハビリのために通院してきた時は、律儀に病室を訪ねてくれた。いつもたくさんの書類が入ったバッグを提げてスタスタと現れる彼は、僕の目には脳卒中の名残さえないかのように見えた。が、その言葉と表情は微妙に変化していった。旅行代理店の支店長としてトップセールスにも努力を重ねていた彼は、復職直後は、得意先との商談を引き継いだ結果が思わしくないことや以前のように活動できないことを嘆いていたが、やがて職務が全うできそうにないと、悲観的な将来を語るようになっていた。可愛がっていた小学生の男の子二人の将来と重ね合わせると、さらに不安が募るようだった。明るくてまじめな人だけに、何とかならないかと勝手に気をもんでいた。

そんな彼をさらに不幸が襲った。肝硬変による緊急入院である。「通院しているからこその早期発見。不幸中の幸いですねえ」と慰めてみたものの、彼の心中を思うと辛かった。結局、即入院したものの、年末の繁忙期と重なったため、毎日病院を抜け出て仕事場へ行くこととなり、勧告を受けて退院。週に1回のリハビリと肝硬変の治療をしつつ、仕事を続ける、という大変な事態となってしまった。

それから半年以上が経つ。時折電話で近況報告が入っていたが、ここ2~3ヶ月連絡が途絶えていたので少し心配していた矢先のことだった。懐かしい明るい声だった。リハビリも遅々として進まない僕を思い遣っての電話であろうと思った。しかし、そうではなかった。「今の仕事、続けられそうにない気がしてきました。辞める方向で上から言われているような気もしますしね。今は、鬱病にならないように気をつけている、という状況です」。意外ではなかったが、彼の退院時の健常者のような後姿からすると、やや不可思議な感じがした。そして、今更ながらに脳卒中患者の社会復帰の難しさを思った。回復期の鬱病の危険性は、僕の素人考えでは二度ある。二度目の方が深刻なはずだ。何とかNさんには回避して頑張ってもらいたい。一度慰労&激励会でも催すつもりだ。飲みましょう(少しね)!Nさん。僕たちは、復員兵のようなものなんだから‥‥。

  60sFACTORYプロデューサーKAKKY(柿本)

  60sFACTORY活動日記は、こちら。

|

« 蛍光灯、ランニング、カレーライス、あんぱん‥‥⑨ | トップページ | 脳卒中リハビリ仲間のその後ー② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/7698467

この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中リハビリ仲間のその後:

» 読売旅行 []
突然のトラックバック失礼します。初心者ですがブログ始めました。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 16時54分

« 蛍光灯、ランニング、カレーライス、あんぱん‥‥⑨ | トップページ | 脳卒中リハビリ仲間のその後ー② »