« 介護される側の視点④ーボーダーラインの設定 | トップページ | 昭和30年代、貧しい時代だったのに‥‥。 »

1963年。秋の夕暮れ。

やや重い話からちょっと離れ、田舎の少年の話へ。

1963年。秋。伝統的に応援席をみんなで手作りすることに決まっていた体育祭。応援席の骨組みとなる孟宗竹を校庭まで運ぶのに手間取った上、応援席の巨大な背景画の製作も遅々として進まない日々。ふと、チャンスは、訪れた。連日の作業に汗をかいたあと、つるべ落としの秋の夕暮れを、自転車に乗って家路を急ぎ始めた、その時だった。校門を抜けた直後にかかっている小さな木橋の端に、自転車の両ハンドルを握って、彼女が一人佇んでいたのだ。表情までは読み取れなかったものの、誰かを待っている風情に、僕には見えた。いつも3~4人のグループでいることが多かった彼女のことだ。友達を待っているのだろう。咄嗟にそう判断しつつも、なぜかその時は「僕を待ってくれていたのかも‥」との想いがよぎった。胸が高鳴った。大きく息を吐きながら、僕は10メートルばかり行き過ぎてから自転車を降りた。胸の高鳴りは、極限に達してしまいそうだった。自転車を押して、我が家に向かって歩み始めたものの、後ろを振り向きたい、振り向いて一言でも話したいという思いに足はもつれんばかり。それに反して消え入りたい思いも浮かび上がってきて、もつれる足取りは、やがて地に着いているとは思えないほど心許ないものになっていった。僕は、足を止めた。彼女が、僕の横を通り抜け過ぎ去っていく光景をイメージしながら。しかし、彼女は、立ち止まった。背中で、僕は確信した。“僕を待ってくれていたんだ!”僕は、上気していくのがわかった。何か話しかけなくてはならない。背中で得た確信は、責任に変わった。喉が渇いた。言葉が浮かばず、後ろを振り向く勇気も湧いてこなかった。1~2秒後、僕はまた、歩み始めた。彼女も、僕の一歩一歩に歩調を合わせるように、歩を進めている。その歩みも確信できた。すると、急に喜びが前進を沁み通って行った。僕は立ち止まった。くるりと振り向いた。少しばかり驚きの表情を見せている彼女の眼を見た。初めて、正面から彼女を見たような気がした。「なに?」。彼女は、柔和に微笑み、話すきっかけを与えるように、小首を傾げてみせた。「今朝、雨降ってた?」。僕の口をついて出てきた言葉だった。「ううん。どうして?」「いや、傘忘れたかなって思って」。恥ずかしくてたまらなかった。なんて、会話だ。なんて、幼稚なんだ。なんて、なんて‥‥。僕は、くるりと踵を返した。今度は、早く帰りたい一心だった。歩みを速めた。彼女は、遅れずに付いてきた。分かれ道まで、100メートル。黙って歩いた。少しずつスピードを緩めながら。「じゃ、また」。分かれ道でもう一度振り返った。それが、中学3年間で、二人で過ごした最初で最後の10分間の終わりだった。

思い出は、美化されていく。しかし、事実は変わらない。過去を振り返ってはいけないなんてことは、ない。事実を見逃さないことだ。

  60sFACTORYプロデューサー KAKKY(柿本)

  60sFACTORY週間活動日記は、こちら

|

« 介護される側の視点④ーボーダーラインの設定 | トップページ | 昭和30年代、貧しい時代だったのに‥‥。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/6962256

この記事へのトラックバック一覧です: 1963年。秋の夕暮れ。:

« 介護される側の視点④ーボーダーラインの設定 | トップページ | 昭和30年代、貧しい時代だったのに‥‥。 »