« 丸裸にされる!?団塊世代 | トップページ | 1963年。記憶の年。 »

“新”大家族主義ー団塊世代の新しい生き方!?

「もったいない」という感覚や価値観は、日本人の生活文化の根底に流れていた、極めて貴重な美学・哲学である。しかし、消費文化に押され、「もったいない」という言葉さえ聞くことができなくなって久しい。かつて、小学校校庭脇の水道の蛇口に必ずと言っていいほどぶら下げられていた、みかんが入っていたオレンジのネットを利用した石鹸入れ。泡立ちもよく、最後まで使い切ることができる優れものだった。他にも、使い終わった割り箸はゴム鉄砲に変身し、割れた一升瓶の底は凸レンズとして新しい生命を得た。親が使っているものが壊れてくれないか、僕は虎視眈々と狙っていたほどだ。何か遊び道具を得るためである。そう、50年代、60年代、僕たち子供の周りにあるものは、廃品ばかりと言っても過言ではなかった。野球のグローブ、バットどころか、ボールまで、僕は作った記憶がある。こうして、「もったいない」のスピリットをしっかりと植え付けられた僕たちも、やがて「使い捨て文化」などという、単なる浪費の理屈に染められていった。

あの、時には発見さえある「もったいない」精神を、今更楽しむゆとりはない。そこに生活防衛意識がある限り、捨てない暮らしは、心を痩せさせる。それだけ、僕たちは「さっさと捨てる快感」が身に付いてしまったのだ。生活防衛のためだけに汲々としているかのような生き方は、決して楽しいものではないのだ。

しかし、団塊世代の暮らしの未来は、決して明るくはない。そこで、最大の「もったいない」は、何とかしようではないか。というのが、今回の主旨。核家族化がもたらした多くの無駄の中で、生活を圧迫しかねない最も大きな無駄。それは、住居費だ。一人当たりの空間が広くなっているとはいえ、その多くは無駄な空間。「起きて半畳、寝て一畳」とまでは言わないが、生活に必要な空間は決して広くはない。みんなで集まるリビングという空間が用意されていれば、心にゆとりも生まれる。もう一度、集まって暮らしたらどうだろう。ドアや襖で小さな自分空間を確保して、生活に必要なことを役割分担をしていく「家族社会」。僕の大雑把な試算では、最低2割の生活費削減が、同居するそれぞれの家族で可能になるのだが‥‥。

60sFACTORYプロデューサーKAKKY(柿本)

60sFACTORY活動日記は、こちら

|

« 丸裸にされる!?団塊世代 | トップページ | 1963年。記憶の年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/6157220

この記事へのトラックバック一覧です: “新”大家族主義ー団塊世代の新しい生き方!?:

« 丸裸にされる!?団塊世代 | トップページ | 1963年。記憶の年。 »