« 本物とは? | トップページ | 一切合財(いっさいがっさい)‥‥ »

音楽とスポーツ、そして恋心①

1960年代初頭、まだまだスポーツ後進国の日本で、しかも田舎となると、中学校の部活の種目も限定されてくる。何しろ、学校に施設がない。道具がない。指導者がいない。それ以前に、スポーツの種類を知らない。辛うじて知っているスポーツがあっても、雑誌や新聞を通じての知識のみ。プレイしているところを見たこともなければ、ルールも知らない。というわけで、スポーツを始めようと決めて入学した僕の選択肢は、極めて少なかった。僕の記憶では、野球、サッカー、バレーボール、卓球、陸上、以上5つ。他にはなかった。その中で、その頃日本が強かったと言えば、卓球。萩原伊知郎という名前を今でも覚えているが、この頃だったか。中国と世界のトップを競っていたはずだ。生来のミーハー、僕が選んだのは、卓球だった。しかし、ラケットなど見たこともない。ペンホルダーとシェークハンド、2種類の握り方があるというのは、おぼろげながら知っていたが、学校にあったラケットは、ペンホルダー用だけ。たまたま我が横田中学校始まって以来の好成績、島根県大会個人戦準優勝という3年生がいて、彼が「こう握るのが正しい!」と断言したので、世界の主流はペンホルダーだと、刷り込まれた。

夏休みが始まるまでの練習は、素振りと玉拾いとうさぎ跳びだけ。トイレでしゃがむと立ち上がれない朝もあった。夏休みに入ると、先輩のいない時間帯に台につきラリーの練習。手本は、玉拾いの時に見ていた先輩のフォーム。秋には試合もこなせるようになっていた。

2年生になると、学校の景色が変わって見えた。クラブには後輩が入ってきたし、初恋の人のことを、多くの同級生に知られてしまっていたからだ。小さな緊張感が心の片隅にあり、少し背筋を伸ばしていたように思う。そして、頭の中では、お気に入りのメロディがいつも流れていた。

60sFACTORYプロデューサーKAKKY(柿本)

|

« 本物とは? | トップページ | 一切合財(いっさいがっさい)‥‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/5888576

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽とスポーツ、そして恋心①:

« 本物とは? | トップページ | 一切合財(いっさいがっさい)‥‥ »