« アイビーの奥深さ&テレビが家にやってくる② | トップページ | そして、VANのスピリットが残った »

VANの底力。&63年、テレビのある生活に。

VANの底力

年末商戦の販売応援で、売り場に度々流れるVanMacCoyの「ハッスル」を聴きながら、僕はVANに誇りを感じ始めていた。隣接する「J.Press」に負けるわけがない!と、確信していた。なぜなら、売れてしまわざるを得ない仕組みにVANはなっていたからだ。VANの販売員は、派遣の正社員だった。僕の同期の8割近くは、都内の百貨店、月販店(丸井)の売り場に立っていた。そのすべてが、豊富な商品知識を持っていた。そればかりか、一つひとつのアイテムを巡るストーリーから、オーセンティックなコーディネイトノウハウまで身に付けていた。彼らは、お客様にアドバイスする力を持っていた。そして、売ることは商品の解説や推奨をすることではなく、お客様の商品への興味を強く喚起することだ、と知っていた。

それは、奇跡に近いことだと僕は思った。研修や勉強会で培われたものではなかったからだ。何しろ、僕でさえVAN販売員の端くれにはなれたほどだ。そこに、VANの底力があったのだと言わざるを得ない。VANは、すべての社員がVANという会社の分身のようだった。VANは、企画・生産した人が自ら接客・販売しているかのような仕組みに、システム構築を意識することなく成り得ていたのだ。それは、伝道師の集団をも連想させた。

石津謙介という偶像崇拝があったわけではない。それも不可思議なことではあった。彼はむしろ、最良にして最高の伝道師。敬愛されていたが、彼の語ることを実現するために結集しているわけではなく、彼の語る概念や哲学を、活動のコアに据えているだけだった。したがって、それぞれの解釈は、微妙に異なっていた。しかし、そのコアにあるものは共有していると思っていた。しかも、それを、多くの社員は広く伝えたいと思っていた。そして、それこそ、VANの底力だった。

しかし、時代は微妙な、それでいて着実な変化を見せ始めていた。それはまるで、売り場の音楽がメロディアスなものからディスコ・ミュージックへと替わっていったかのようだった。不安を内包しつつ、VANは、浮き足立っていた。

1963年、テレビのある暮らし

テレビがやってきて、僕の暮らしは一変した。「三馬鹿大将」の無声映画的なスラップスティックは、すぐ遊びに反映されたし、チャック・コナーズの「ライフルマン」は、日活映画が模範だった西部劇ごっこをすっかり変えてしまった。三々五々、友人たちの家にもテレビがやってきて、夜の電柱の下に人影を見ることもなくなったが、その分、学校の休み時間に小さな人の塊があちこちにできた。そこでは、僕が意外と気に入っていた「ちろりん村とくるみの木」の登場人物のモノマネなどは少数派で、「スターリング、ビック・モロー、エエ~~ンド、リック・ジェイスン」という「コンバット」のプロローグのモノマネを音楽、砲弾音まで交えながらやってみせる奴が多かった。不思議なことに、みんなうまかった。

毎日一時間机に向かい、することもないので日記を書くことにし、書くこともないので、読者の両親を意識して、取るに足らないことを大仰に反省してみせたりしていた。問題は、その一時間をどこで工面するかだった。夕飯までは遊ばなくてはならない。夕飯後は、連日おもしろい番組が目白押しだ。空いてる時間など、ない。かといって、深夜というわけにもいかない。チェックを 受けなくてはならないからだ。僕は、新聞のラテ欄と首っ引きで悩んだ。答えは一向に出なかった。しかし、約束だから、と机に向かわされた。すると、観たい番組を観逃してしまう、という最悪の事態を招くことさえ起きるようになった。僕は、観念した。そして、週間スケジュール表を作ることにした。表向きは、約束を果たすための顔付きをしていたが、仰々しく机の前に貼ったものと同じものの裏版には、テレビ番組のスケジュールがみっちりと書き込まれていた。

                                    60sFACTORY プロデューサー Kakky(カッキー)

|

« アイビーの奥深さ&テレビが家にやってくる② | トップページ | そして、VANのスピリットが残った »

コメント

「コンバット」は好きでよく観ていました。
小学生のころ、友達と田舎の裏山で「コンバットごっこ」をよくやったものである。だいたい誰がサンダース軍曹をやるかで、よく揉めていたね。「リトルジョン!迂回して援護しろ!」がサンダースの常套句。味方がやられると「衛生兵!こっちだ!」なんてよく真似したものだ。
当時、機関銃は木で作り、手榴弾は松ぼっくり、そして銃弾は口だった。「ダダダダダッ!」と口で言うのだ。だから、敵と味方で「ダダダダ」と言い合っている、ただうるさいだけの遊びだった。今の子供が見たら「バッカじゃねーの」と一蹴されるだろう。でも当の本人達はいたって真面目に戦闘を繰り広げていた。「オレが先に、ダダダダ撃ってんのに、なんで死なないんだよ!」と誰かが敵に対して気色ばむと、「いや、当ってない。こっちにそれた」などとやっていた。相手もそれ以上追及することもなく、「っんだよ!したば、もう一回」ってな具合である。しかし、中には「やられ役」が得意なヤツもいた。そいつは撃たれると、「グエッ」とか言って、立ち上がり、おもむろに土手を夢中病者のごとくグラつきながら登っていく。そこへ、容赦のないダダダダである。無数の銃弾を被弾した彼は、「ゲフッ ゴフッ」と大袈裟に飛び跳ねると、まるでマリオネットのように手足をつっぱらかって土手の上までいき、そこでバッタリ倒れ、やおら土手をゴロゴロと転げ落ちるのである。そして下まで転げ落ちると、一度、首おこし、それからガックリとつっぷし絶命するのである。見事な死にっぷりだった。服も頭も砂と草でデロデロである。今、思い出しても田舎ならではの楽しかった思い出だね。

想えば、サンダース軍曹役のビッグ・モローや「逃亡者」のリチャード・キンブル役のデビッド・ジャンセンなどは、そのキャラクターのイメージが強すぎて、他の映画に出てもパッとしなかったのは残念だったが、まあ、しょうがないっちゃあ、しょうがないのかも知れないね。

投稿: KEN | 2007年2月25日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207308/5462547

この記事へのトラックバック一覧です: VANの底力。&63年、テレビのある生活に。:

« アイビーの奥深さ&テレビが家にやってくる② | トップページ | そして、VANのスピリットが残った »